FC2ブログ

乗鞍クラクラBパート 自転車乗りしか見れない世界

明けて月曜、窓をあけると良い天気になりそうな雰囲気です。
皆それぞれに準備と片付けをして6時前に出発。
P1020977_R.jpg
昨夜食べ過ぎたせいか僕の朝ごはんは小さめの菓子パン1個だけ。
これと無糖紅茶を飲みつつ昨日に引き続いてやって来ました朴の木平。
雲一つない無い最高のコンディションやで。
IMGP9699_R.jpg
「昨日登ったトコを再度走んのかー(´・ω・`)」とか思いつつ先ずはスカイライン入り口まで。
昨日登ったトコと同じ道のハズなのに見える景色が違いすぎる。
青い空と木々の緑が映えて、ただ走っているだけで嬉しくなってきます。
IMGP9702_R.jpg
浮かれ気分でスカイライン入り口とうちゃこ。
昨日とは打って変わったこの天候に係員さんも「ここ最近では珍しいくらい絶好の天気ですね」と上機嫌。
IMGP9712_R.jpg
「土曜日にスカイライン7km地点で熊が出たから自転車乗りのみなさんは気をつけてネ。」っていう案内板があったけど、見なかったことにして、ウキウキワクワクしながらスカイラインに突入する我ら一行であった。

IMGP9724_R.jpg
このスカイライン、延々と登り続けで休む所が無くシンドイけれど、気温も低く予想以上に快適(*´ω`*)
何よりこの眺望の良さ。つづら折りを越える度に違う風景が広がる感じ。

途中、夫婦松駐車場に立ち寄ってみると、この景色。
IMGP9730_R.jpg
山々に雲海、眼下に高山、んーむ素晴らしい。
自転車乗ってて良かったと本気で思ったですよ。
IMGP9750_R.jpg
色々あって今日はサイコン無しで来ているんだけど、逆にサイコンが無い事で今の速度とか、残り距離とか、高度とか一切考えず、この景色を、この瞬間を存分に満喫させて頂いております(*˘︶˘*)

更に高度が上がっていくにつれ、周りの山々が見渡せるようになってきた。
IMGP9743_R.jpg
この乗鞍スカイラインはバスとタクシーと自転車しか走ることが出来ないわけですが、バスとタクシーは原則的に途中で下車出来ません。
こうやってスカイランに立ち止まることは自転車乗りにのみ許された特権なのですよ。


そうやってルンルン気分で登っていると、急に脚に力が入らなくなり腹が減りだす。
走っていても「腹減った」しか頭に浮かんでこない。
ああ・・・これが噂のハンガーノックってやつか・・
帰ってから朝食べたパンを調べてみたら400kcalしかないやん。そらハンガーノックにもなりますわ。
IMGP9752_R.jpg
そうして遅れた僕をメンバーが待っていてくれた。
たけさんから「速攻で効くヨ!」とゼリーを、あまえびさんからは補給食としてとっておいたというアンパンを差し出してくれました。
みんなの優しさが身にしみましたよ・・・(´;ω;`)
IMGP9756_R.jpg
おかげで空腹感から開放されて登りだすと、いよいよ森林限界を突破。
僕の求めていた乗鞍っぽい風景が広がりだします。
IMGP9764_R.jpg
補給を受けたと言ってもスグに脚が回るようにもならないので途中途中で足を止めてはパシャパシャとシャッターを切りながら登って行くことしばし・・・・。
写真を撮ろうと左足を着いた瞬間ふくらはぎが吊って悶絶::. _(´ཀ`」 ∠)_::
IMGP9769_R.jpg
なんとか立てるようになったので頑張って先に進み、つづら折れを抜けると目の前の山肌一面にグリーンのカーペットを敷き詰めたように高山植物が広がる。
なんやここ天国か?
IMGP9777_R.jpg
もうテンション上がりっぱなしで走っていると目の前に池が現れた。
ゴールの畳平駐車場やー(;゚∀゚)=3ムッハー
IMGP9786_R.jpg
自転車を止めメンバーと合流し、ここからはパシャパシャと写真を撮りまくります。
ここでは見えるもの全てが絶景なんですけど、こんな写真じゃあ伝わらんのが残念です(´・ω・`)
IMGP9785_R.jpg
IMGP9779_R.jpg
IMGP9802_R.jpg
乗鞍に来た満足感を充分噛み締めたら名残惜しいですが帰路につきます。
IMGP9809_R.jpg
IMGP9814_R.jpg
この景色って自転車乗りしか味わうことができないんですよね。
IMGP9819_R.jpg
そんな特別感を味わいながらデポ地まで20kmの距離をピューッと下ります。
来る時2時間かかった距離も帰りは30分程で戻ってきました。
IMGP9822_R.jpg
最後に朴の木平駐車場前にある温泉で汗を流します。
この温泉は露天風呂があって空と山々を眺めながら入ることが出来るのです。

欠点はスキー場側から丸見えって事ぐらいです(///)
DSC_0465_R.jpg
13時には乗鞍を出発し、渋滞に巻き込まれたり道間違ったりしつつ7時過ぎには香芝SAまで戻り解散。
こうして夢の様な二日間は終わりました。
お付き合い頂きました皆様、本当にありがとうございました。

この思い出は一生モンですね。
関連記事
スポンサーサイト
△ページトップへ戻る

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

乗鞍お疲れ様でした!
自転車でしか行けない見れない景色って心がざわつきますよね。
2日目はお天気もよろしかったみたいで・・・キレイな写真、眼福でございます。
カメラクラスタとしては「森林限界」の写真は一度とってみたいなぁ

No title

さいちゃんさん

ありがとうございます
おかげさまで二日目はすこぶる晴天でシャッター切る手が止まりませんでした。( ^ω^ )

おかげで同じような写真ばっかりになってしまいましたが_(:3」∠)_

日本で最も高い位置にある自転車しか行けない道路、是非さいちゃんも行ってみてください。
スタート地点まで遠いし坂はキツイですが、それでも行く価値はありまくりです。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【1件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【8件】
2017年 09月 【5件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)