FC2ブログ

敦賀まで行ってみるナリ

最近色々と事情があって自転車に乗っていなかったんだけど、夏至も近づくこの季節、せっかくなので遠くまで行きたいなあ・・とロング仕様にしたアンカーでお出かけ。
しかし目が覚めたのは7時過ぎ。そう遠くまで行くこともできなさそうだけど、とりあえず出発。
走って10分経たない内に小雨がポツポツパラパラ・・。
DSC_0378_R.jpg
その内止むやろと奈良方向に向かって走り、歌姫峠を下ってきたところでサイコンを見ると走行距離の表示が0kmのまま。
どうやらスタートボタンを押さずにここまで来てしまった模様_。
僕は長距離走る時、サイコンに表示されてる走行距離を見て自己満足に浸るタイプなので、この40km程のロストはガックリじゃよ。
DSC_0379_R.jpg
そんなこんなで木津サイから山城大橋を渡り、ダンプがガーガー走る307号線から宇治田原を抜け、猿丸神社経由で瀬田まで下り、今回は瀬田川の右岸から琵琶湖大橋を渡って琵琶湖in。
DSC_0381_R.jpg
ここからは自転車道でのんびりまったりと北上して琵琶湖大橋の麓のローソンにピットイン。
ここまで100km程度ノンストップで来たので良い感じにお腹が減った。
DSC_0382_R.jpg
ここで折り返せば距離的には200km、キリはい良いけどあまりにもつまらないのでこのまま北上して敦賀まで行こうと思い立つ。
敦賀に行くなら時計回りでマキノから162号線のほうが早いので今回は湖西ルートですな。
琵琶湖大橋を渡って蓬莱駅の手前から湖岸沿いの自転車道をまたーりと走り、いつもの様に白鬚神社。
DSC_0383_R.jpg
IMGP9543_R.jpg
別に止まる必要性無いんだけど、せっかくデジイチ担いで来てるので撮っておこう。
IMGP9549_R.jpg
ここからマキノまではいつものごとく湖岸沿いの同じような景色が続く平坦を淡々と漕ぎ続ける作業。
この作業にも飽きたので、一息つこうと道の駅風車村に立ち寄ってみると残念ながら閉鎖されてた。
DSC_0384_R.jpg
採算取れないから閉鎖したのかと思ったらリ二年後ニューアルオープンするためだそうです。

退屈だった湖周道路も高島のあたりに来ると一気に雰囲気が良くなり、ウロウロと散策。
IMGP9574_R.jpg
IMGP9572_R.jpg
DSC_0385_R.jpg
マキノの湖岸でボケーっと過ごしたら162号線へ。
IMGP9577_R.jpg
303号線と交差する分岐付近まではこんな感じでユルくて道幅もある走りやすい登りが続き、その先は道幅が狭くて5%前後の斜度が続きますが、9号線と比べるとトラックや交通量は少ないイメージですね。
ダラダラと登り切ったら、こんにちわ福井県
DSC_0386_R.jpg
ここから敦賀まで延々とダウンヒルをして、市街地を更に北へ。
途中に立派な鳥居が見えたので、思わず立ち寄ってみたら気比神社という神社で、この鳥居、後で調べると日本三大鳥居だそうな。
DSC_0387_R.jpg
IMGP9585_R.jpg
この気比神社の先にあるのが敦賀港。
DSC_0389_R.jpg
日本海とうちゃこである。
ここで海をぼーっと眺めていたら15時半。今日のライドを終了するには中途半端な時間です。
で、某ブログで「敦賀から東尋坊までは日本海を眺めながら走る快走路」って書いてあったのを思い出し、「よっしゃ!東尋坊まで行ったろ!」とか思いつく。
グーグルマップで調べてみると東尋坊まで75km、3時間もあれば着くやろ。
IMGP9597_R.jpg
8号線に出るため金ケ崎トンネルをくぐると住金のコンビナート。コンビナートって非日常感があって良いですなぁ。

コンビナートを抜けて8号線に合流、日本海を見ながら走っていると天候も回復してきた。
DSC_0390_R.jpg
しかし、海岸線なので当然ながらアップダウンが始まります。
IMGP9602_R.jpg
アップダウンは良しとして、この8号線、道幅の無い道路が狭い割に交通量が多く、走っているすぐ脇を車がビュンビュン走ってく。特に大型のトラック・ダンプがひっきりなしに通る(;´Д`)
そうなると大型車は僕を抜くに抜けないわ、僕が回避できる所に避けて大型車に先に行って貰おうとしても大型車は登りだと加速しづらいわで迷惑この上ない。
このペースで残り70kmかぁ・・・と思ったらものっそ萎えた。
*尚、この先5kmガマンすれば快走路であるしおかぜラインに入れた事を後で知って打ちひしがれる_(:3」∠)_
おまけに今度はリアディレイラーが動かなくなる。
Cjhvy-KUkAAreXI.jpg
フロントは変速するので、またリアのジャンクションが外れたな・・・・と、ブラケットをべろ~んとまくり、STI基部にグリグリとジャンクションを押し込んで・・・・    動かない   _(:3」∠)_

バーテープ解いてキッチリとジャンクション繋ぎなおせば戻るかもしれんけど、これで諦めも付いた。   帰ろう。

リア25h固定のまま、のろのろと敦賀駅まで帰り着き、サクッとパッキング。
電車が来るまで駅でご飯&ビールを頂く。
あ、僕の家は駅のホームから徒歩5分なので帰り輪行は飲酒OKな人なんですよ。
16時46分敦賀始発の快速に乗っていざ帰宅。
IMGP9611_R.jpg
車内は空いていて、敦賀から京都まで立ち席客はナシ。
京都から奈良線に乗り換えて奈良経由で帰る際も京都から次の東福寺まで駆け込み乗車の方以外はみんなシートに座れるくらい車内は空いてた。この辺は今までの経験通りやね。

で、なにげにスマホで阪神巨人戦を見だしたのが大失敗。
木津駅で乗り換える際、スマホに気を取られ急いで輪行袋を担いで乗り換える。
次に来た王寺行きに乗り換え、更に王寺で乗り換え、三郷まで来た時に

「あれ?カバンどこやっけ?」

以下長いだけで自転車とあまり関係ないので続きはコチラ
京都から奈良に向かう車内ではカバンがあった事を覚えているので、木津か王寺で乗り換えた時車内に置き忘れたのだろう。
柏原駅で駅員さんにその旨伝えると、「奈良行きの電車も王寺行きの電車もそのまま折り返さずに車庫に入り清掃作業に入るので
その際発見されれば、落し物センターに連絡が入りますので、明日電話で問い合わせて下さい」と連絡先の案内書を貰って帰宅。
誰も乗っていない車両で終着駅の置き忘れだからスグ見つかるやろ・・・と思いその日は就寝。
翌朝、問合せセンターの開始時間に合わせて電話をしてみたら「関西エリアで該当のバッグの届け出はございません」 ::_('ε';」∠)_::
見つかりましたら連絡しますとのことで電話は終了。
さて、どうしよう。

カバンの中にはデジイチと財布があり、クレカ3枚と免許・健康保険証が入っている。
クレカの使用停止届けと警察に落し物の届けを出しに行き、午後からはネットで新しいデジイチの物色と厄落としスポットを検索しまくる(笑)
そのままドヨーンとした気分で出社した月曜日、ケータイに「無くされたカバンを奈良駅で預かっています」との連絡がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

仕事が終わった後奈良駅まで行ってカバンを無事回収。
今後輪行の時、忘れ物しないよう何か対策せねば。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2018年 11月 【2件】
2018年 10月 【4件】
2018年 09月 【1件】
2018年 02月 【2件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【2件】
2017年 11月 【4件】
2017年 10月 【8件】
2017年 09月 【5件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)