以前走ったブルべコースで伊勢参り

久々に週末の天気予報は晴れ。
ここで走りに行っておかないと貴重な秋のベストシーズンを逃してしまいますな。
ちゅうことでこの日は自転車を満喫すべく以前走ったブルベコースを使って伊勢までいってみよう。

コースは奈良を抜けて加茂、和束から御斉峠で伊賀、コリドールロードで名張を抜け368号線で美杉から伊勢へ。
ルートラボで調べてみたら、走行距離はちょうど200kmと良い感じです。

IMG_0222_R.jpg
当日朝5時起床、5時半出発。まだ暗いけど夜明け間近って感じですな。
つーか寒っ!たまらずウインドブレーカーを着るけれど、それでも寒いわ。
25号線で王寺を抜け、法隆寺手前で農道を走っていると田んぼに霧がかかってる。IMG_0227_R.jpg
地霧というものらしく、湿度が高くて地面が冷えているときに発生す云々。
まあとにかく物珍しいと言うかビューチホーな光景でございました。

あとはいつもの通り木津川から加茂に至り県道55号線を和束川沿いに走ってローソン和束店で朝ごはんを食べ8時過ぎ再出発。
DSC_0553_R.jpg
こないだ来たルートでダラダラ登ってやって来ました御斉峠。(一ヶ月ぶり本年2度目)
ここで取り出したコンデジでシャッターを・・・

「バッテリーを交換して下さい」

    _(:3」∠)_


しもた、充電し忘れてた。
そんなわけで以下スマホ画像となります。

気を取り直して一気に御斉峠を下ってコリドールロードin
田んぼの中を一直線に伸びるコースは向かい風の影響もろ受けます。
この日の風は西向きで、西に向かう僕にはずーっと向かい風。全然スピード出ません。(´;ω;`)
20101011.jpg

伊賀を抜け名張街道を右折したらピュー―っと下って桔梗が丘。
駅近くのガード下をくぐって369号線に入り、ダラダラーっと登っていくと比奈知ダム。
DSC_0554_R.jpg
ダム湖沿いを走るのは気持ち良いけど、あいにくずっと向かい風。・
そういえばブルベでここ走った時も「DHバー付けてきて良かったー」と思いながら走ったよなあ。

DSC_0561_R.jpg
ダム湖上流の川沿いは良い雰囲気。
すれ違う自転車乗りも多いですな。
DSC_0566_R.jpg
さて、時間は12時、そろそろお腹が減ってきた。「ハラヘッター」と繰り返しつぶやきながら辿り着いた道の駅みつえ。
食事処を探すと、どうも温泉施設の入り口から入らなきゃ駄目っぽく「めんどくさいなあ」と思っていたら、交差点の向かいの店先のテーブルで自転車乗りが何か食べている。どうやらパン屋らしい。
ここで手軽にパンでも食べようと思い、近づいてみると「パンも売ってるけど食事も出来るよ!」的なお店のようなので入店して戴くことにした。
DSC_0567_R.jpg
で、頼んだのは豚角煮丼!・・丼?
ご飯が団子状に固まっている部分があるけど大丈夫か・・?と思いつついただく。
・・・あ、良かった美味しいわ。

しかしボリューム的にイマイチ足りなかったので出掛けにベーグルとキノコパンを追加で購入。店先できのこパンを食べ、ベーグルは補給食として持っておく。
DSC_0568_R.jpg

368号線を走っていると右手に駅と集落が見えてきた。
そういえば美杉にノスタルジックな宿場跡集落があると聞いたことがあるので立ち寄ってみる。
DSC_0574_R.jpg
DSC_0572_R.jpg
それなりに情緒的ではありました。
カメラの充電をし忘れたことが残念ですなあ。

この宿場跡を出てダラダラ登っていくと仁柿峠とうちゃこ。
ここで仁柿峠がどんなものか、動画でお楽しみ下さい。

ご覧のように極狭で見通しも悪いのに相互通行というアホみたいな峠で、なおかつそこそこの交通量があると言うね・・・
車は離合が難しいので、速く走り抜けようと思っているのか飛ばして来くる猛者がいます。
自転車の事を考えていないのか、道の真中を減速せずにツッコんでくる京都ナンバーのvitsに轢かれそうになりましたわ(´・ω・`)
できればもう通りたくないコースやね。

仁柿峠を下りきると166号線へ突き当たるので左折しますが、道幅狭くて交通量多いので櫛田川を渡り対岸をのんびりと走ります。
368号線に合流したら42号線経由で宮川沿いの県道709号線へ。

度会町まで来たら宮川を渡って伊勢自動車道沿いを走るルートで御木本通りとうちゃこ。
ここから内宮まで走ってゴール。
DSC_0579_R.jpg
しかし予想していたより走行距離が短く、ここまでの走行距離192km。
なんだか200km越えておかないと気持ちわるいので「鳥羽まで夕日を見に行こう!」と思って途中まで走ったトコで
「鳥羽って東向きの港なので夕日は見えないんじゃ・・・」と気づく。
DSC_0581_R.jpg
まあいいわ。おかげで200km越えたし、鳥羽に何があるわけでもないしなー。
DSC_0586_R.jpg
DSC_0588_R.jpg

そんなわけで近鉄宇治山田まで走って輪行帰宅。
200km走って2000m登って満足満足。
スポンサーサイト

SJ4000を使ってみて

さてさて、SJ4000で録画した動画、時間にして4時間弱32GB分。
このままHDDに録画しておいても見直すことはないやろし、試しに編集して10分程度にしてみたけど、めっさ手間がかかる割に

「誰が得すんねん。」

という、どうでも良い動画にしかならんですね_(:3」∠)_

画質は予想以上にキレイで、カメラの位置が低いせいか動画では想像以上にスピードが出ているように感じる。
まあ、こういう動画って画質に特別こだわる類のものじゃないですやろし。
この価格で「画質が―」とか言うのってマクドのハンバーガーかじりながら味やサービスの文句言うようなもんです( ˘ω˘)

ちゅうわけで思ったより画質は良いので今後走行中の動画をキャプチャーしてブログに貼り付けられるな。

問題は「音」、風切音がうるさすぎる(;´Д`)
まあ編集でボリューム絞ればいいんだけどね。

マイク部付近にスポンジを貼り付けたりジャマーを付けたりハウジングに入れて音がこもらないよう後部に穴を空けたりと、工作してる人もいるようなので、参考にして取り込んでいこう。
あと、ネイキッドケースにおさめていたカメラが落ちてしまう問題は輪ゴムで固定することで解消しそうですな。

ウェアブルカメラを付けて走ります。

雨の心配が無さそげな月曜日、SJ4000を買ったので試しに走りに行くべく、金剛トンネルパトロールへ出発。

撮影の為一旦リビエルまで行き、ここからスタート。
ガタガタ橋を渡りクランクから川岸に降りる左右の雑草がにょきにょき伸びまくってる。
201610102_R.jpg
加えて先日来の雨で泥たまりや水たまりが出来てて、皆それを避けようとするので走りづらくてしょうがない。
でもこれ、勝手に草刈りとかしたら怒られるんだよね。
そしてCR終点付近にある野球場も今日は人が一杯で大渋滞。
まぁ歩行者からすると自転車が邪魔なのかもしれんけどね。
201610103_R.jpg

だから僕は石川CRが嫌いで出来る限り走りたくないコースなのです(´・ω・`)

石川沿いに河内長野まで来たら310号線に入りまして、しばらく走っていたら路面が荒れている所があり、そこを通過した際
SJ4000がホルダーから落ちた。
予想以上にネイキッドケースの保持力は低いようで、これ以降今日はスピードは控えめに行く事に決定。
カメラ本体が軽いのでUSBケーブルにつながれて地面に落ちなかったのはラッキーやったね。
IMG_0210_R.jpg
気を取り直してヘコヘコと登って観心寺到着したら写真だけ撮ったらそそくさと出発。
途中、鳩原から小深のあたりが僕の大好きなルート。ここを走っているとまた一週間頑張ろうって気になります。
のんびりと走ってトンネル前のつづら折れ区間へ。
相変わらず工事で片側交互通行をやっておりましたので、当然工事区間は一人ヒルクラスプリント大会となります。
IMG_0215_R.jpg
大会を終わらせてトンネル到着。超えたところで記念撮影をすませ、とりあえずヤムヤムへ。
店先のテラス席は自転車乗りパーティーのような賑わいで大入り満員。でも店内は席が空いていたのでここで頂きます。
IMG_0218_R.jpg
今日の昼ごはんはキノコシチューパンとチーズの入ったパンです。

ここで、今まで録画していた動画をチェックしていると、カメラを落としてからレンズに膜が張り付いたようにぼやけてる。
2016101004_R.jpg

使いだして2時間で壊れたか・・・と思ったらレンズに何かくっついてる。

いや、くっついているんじゃなくレンズの保護シールがめくれてた。
ペリッとめくるときれいな画像に戻って一安心したけれど、ここまで走ってきた動画は全て駄目ですね_(:3」∠)_

食べ終わってまったりしていると、サイクルジャージの方が入って来られまして

「お、こんにちわ!」と。自慢じゃないけれど、人の名前と顔を覚えるのが大の苦手でして思わず「ど、どちらさんでしたっけ」と。
「MR井です」_(:3」∠)_  2年くらい前、伊勢に向かう途中お会いしたさいも今回同様「どちらでしたっけ?」と聞いてしまった僕って本当にダメ太郎。
スンマセン、僕アホなんでヘルメット被ってバイク乗った状態でないとイマイチ誰なのか分からんのです。

それはそうとして何故にMR井さんがこげなトコにいるかと言うと、FABU主催の奈良7峠なるものがあるそうで、それの下調べに来ているそうで、既に芋峠、吉野山、樺の木峠、多武峰をこなしてきて、これから金剛トンネル、水越、葛城山を登りに行くところだそうです。

変態ですね。


なんのかんのと談笑して、13時過ぎにお店を出る。
僕は石川CRを走りたくないので裏金剛ではなく山麓線沿いに帰る事にしたら、MR井さんも「付き合いますよ」と言う事でご一緒いただける事になりました。
IMG_0220_R.jpg

山麓線沿いにピューッと走ったら水越峠を登ります。
僕は山麓線の水越峠から当麻の区間って路肩が狭くて交通量が多く、自転車側も車側もストレス溜まるので、なるべく走らないようにしているのです。

で、上りになった途端MR井さんはピューッと行ってしまいました(´・ω・`)

ちなみにMR井さんはノーマルクランクで、普段インナーは家の前にある20%の坂を登る時しか使わないらしく、当然水越はアウターです。元気すぎます。
2016101005_R.jpg
水越峠頂上に到着すると、MR井さんは葛城山を登りに行くと来た道を下って行きはりました。本当に坂好きですなあ。
僕は309号線から上河内経由でグリーンロードに至り、そこから国分を抜けて25号線で帰着。
80kmほどしか走ってなかったけどまあ満足。

帰って動画見返すと録画時間4時間弱で32GB程度。画質は予想以上に良かった。

動画についてはまた別の機会に書きます。

至福

この三連休、週の初めから土曜は雨と聞いていたので仕事を入れたけれど結局降らず。
腹いせに夜は奥さんと奈良でお食事。
P1030036_R.jpg
焼き鳥屋さんで飲んで食った後LampBARへ。
P1030045_R.jpg
こちらのバー、去年もちいど商店街に移転した際に訪ねて行ったら、マスターの金子さんが南アフリカで開催されるカクテルの世界コンクール日本代表に選出され、準備の為にお休みされていたのです。
で、見事そのコンクールで優勝されたということで世界一を取ったカクテルを頂きに行ってまいりました。
8時半頃訪問すると満席で、1時間後の予約をして入店。
おかげさまでカウンターの中央席、金子さんの前にご案内。
P1030047_R.jpg
「メニューはございませんので好みの傾向、苦手なものを言っていただければ」と。
しかしここは初志貫徹。
世界を穫ったカクテルThe・Beginningを頂きます。
P1030049_R.jpg
目の前でとにかく様々なモノが様々に加工されつつシェイカーに封入されシェイクされる。
そして運ばれてきた卵型のカップの下に引いてあるシナモンを目の前でバーナーで炙り、香りを立たせてくれるのです。
そうして口に含んだこのカクテルの感想ですが、陳腐過ぎて恥ずかしいけれど「こんな美味い酒飲んだこと無い」ですわ。

奥さんは暖かいモノが欲しいと言う事でショコラショーを頂いておりましたが、これも美味い、美味すぎる。
静かな落ち着きのある空間で目の前で金子さんの所作を拝見しつつ極上の酒を頂ける。

至福。もうこの一言に尽きる上質な時間を存分に味わう。

もう一杯はおまかせで「ウイスキーベースでさっぱり柑橘系」とお願い。
ミントがすっきりしてて(゚д゚)ウマー
奥さんは金子さんオリジナルのThe・ジャッジをオーダー。
P1030058_R.jpg

これも美味い。ビギニング並に美味い(*‘ω‘ *)

満足しまくったら終電で帰宅。
移転前はフードメニューがあったりシガーも揃えたりしてましたが、世界中飛び回ってお店もこれだけ盛況だとそこまで手が回らないんでしょうね。

SJ-4000を買ってみる

以前から興味があったウェアブルカメラ。
こういうのって何を撮るでもないものを撮るアイテムやと思うんですよぼかぁ。
この「特になんでもないものを撮るアイテム」に金出すのもなぁ・・とか思っていたらGOPROのパチもんの域を越えたSJ4000なるモノがある模様。
これくらいの値段なら駄目でもネタにできると思い購入してみた。
IMG_0192_R.jpg
届いた商品を見ていくと、不安になるくらい軽い本体とやたら多いアタッチメントの数々、日本語表記のない取説etcが出て来た。
IMG_0193_R.jpg

下調べでは「メモリカードはMAX32GB」と書いていたけど64GBを買っといた。
1080p時の録画時間が32GBで約4時間って事なので64GBなら約8時間録画が可能なわけだ。
多分128GBでも大丈夫だと思うけど、使えなかった時の事を考えると躊躇してしまったのですよ。
IMG_0195_R.jpg
まぁ8時間録画ができるなら、普通のお出かけ程度なら撮りっぱなしでも大丈夫やろ。

バッテリーの保ちは約1時間で、内蔵しているバッテリー容量は約1180mhaらしい。
Sj4000はUSBで給電しながら使用できると言う事で10,000mhaのモバイルブースターに繋いでやれば8時間程録画し続けられる模様。
ちょうど64GBメモリーカードの録画可能時間と同じになる計算ですな。

取説には日本語表記がなかったけれど、本体のボタンを適当にいじってたらメニュー画面が表示され、その中にlanguageの項目があったので日本語を選択。
IMG_0197_R.jpg
これで操作出来るわ( ´Д`)=3

動画サイズは色々あるけれど、とりあえず1080pの30FPSに設定して早速取り付けてみよう。
IMG_0199_R.jpg

んむむ・・・・まぁそれなりに・・・って感じかな
付属の自転車用アタッチメントって、取ってつけたような感じになっちゃうので、自転車は見た目優先な僕はこんなものを購入。
IMG_0201_R.jpg

ステムボルトを利用して取り付けるカメラアタッチメントでガーミン用のサイコン取り付け口がついているというスグレモノ。byアリババ
これでスマートに取り付け出来る!
IMG_0202_R.jpg
と、思ったらvibeのように4点ボルトじゃないステムには付かない模様(´;ω;`)

しょうがないのでアンカーにつけてみる。
IMG_0205_R.jpg
お、イイカンジ。
カメラを付けない時はサイコンホルダー&ライトアダプターとして使おう。
IMG_0203_R.jpg
通常はハウジングケースに収まっているカメラも、給電しながら走る時はこのようにUSBのコネクタ部分が塞がれるハウジングを取らなければならない。

そうなると雨が降りそうな時はこのままだと不安やね。ハウジングにUSBケーブル通す穴を工作するか。
IMG_0207_R.jpg
で、今週末に試しに走りに行こうと思ったら雨ですかそーですか。
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【5件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)