スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗鞍クラクラBパート 自転車乗りしか見れない世界

明けて月曜、窓をあけると良い天気になりそうな雰囲気です。
皆それぞれに準備と片付けをして6時前に出発。
P1020977_R.jpg
昨夜食べ過ぎたせいか僕の朝ごはんは小さめの菓子パン1個だけ。
これと無糖紅茶を飲みつつ昨日に引き続いてやって来ました朴の木平。
雲一つない無い最高のコンディションやで。
IMGP9699_R.jpg
「昨日登ったトコを再度走んのかー(´・ω・`)」とか思いつつ先ずはスカイライン入り口まで。
昨日登ったトコと同じ道のハズなのに見える景色が違いすぎる。
青い空と木々の緑が映えて、ただ走っているだけで嬉しくなってきます。
IMGP9702_R.jpg
浮かれ気分でスカイライン入り口とうちゃこ。
昨日とは打って変わったこの天候に係員さんも「ここ最近では珍しいくらい絶好の天気ですね」と上機嫌。
IMGP9712_R.jpg
「土曜日にスカイライン7km地点で熊が出たから自転車乗りのみなさんは気をつけてネ。」っていう案内板があったけど、見なかったことにして、ウキウキワクワクしながらスカイラインに突入する我ら一行であった。

IMGP9724_R.jpg
このスカイライン、延々と登り続けで休む所が無くシンドイけれど、気温も低く予想以上に快適(*´ω`*)
何よりこの眺望の良さ。つづら折りを越える度に違う風景が広がる感じ。

途中、夫婦松駐車場に立ち寄ってみると、この景色。
IMGP9730_R.jpg
山々に雲海、眼下に高山、んーむ素晴らしい。
自転車乗ってて良かったと本気で思ったですよ。
IMGP9750_R.jpg
色々あって今日はサイコン無しで来ているんだけど、逆にサイコンが無い事で今の速度とか、残り距離とか、高度とか一切考えず、この景色を、この瞬間を存分に満喫させて頂いております(*˘︶˘*)

更に高度が上がっていくにつれ、周りの山々が見渡せるようになってきた。
IMGP9743_R.jpg
この乗鞍スカイラインはバスとタクシーと自転車しか走ることが出来ないわけですが、バスとタクシーは原則的に途中で下車出来ません。
こうやってスカイランに立ち止まることは自転車乗りにのみ許された特権なのですよ。


そうやってルンルン気分で登っていると、急に脚に力が入らなくなり腹が減りだす。
走っていても「腹減った」しか頭に浮かんでこない。
ああ・・・これが噂のハンガーノックってやつか・・
帰ってから朝食べたパンを調べてみたら400kcalしかないやん。そらハンガーノックにもなりますわ。
IMGP9752_R.jpg
そうして遅れた僕をメンバーが待っていてくれた。
たけさんから「速攻で効くヨ!」とゼリーを、あまえびさんからは補給食としてとっておいたというアンパンを差し出してくれました。
みんなの優しさが身にしみましたよ・・・(´;ω;`)
IMGP9756_R.jpg
おかげで空腹感から開放されて登りだすと、いよいよ森林限界を突破。
僕の求めていた乗鞍っぽい風景が広がりだします。
IMGP9764_R.jpg
補給を受けたと言ってもスグに脚が回るようにもならないので途中途中で足を止めてはパシャパシャとシャッターを切りながら登って行くことしばし・・・・。
写真を撮ろうと左足を着いた瞬間ふくらはぎが吊って悶絶::. _(´ཀ`」 ∠)_::
IMGP9769_R.jpg
なんとか立てるようになったので頑張って先に進み、つづら折れを抜けると目の前の山肌一面にグリーンのカーペットを敷き詰めたように高山植物が広がる。
なんやここ天国か?
IMGP9777_R.jpg
もうテンション上がりっぱなしで走っていると目の前に池が現れた。
ゴールの畳平駐車場やー(;゚∀゚)=3ムッハー
IMGP9786_R.jpg
自転車を止めメンバーと合流し、ここからはパシャパシャと写真を撮りまくります。
ここでは見えるもの全てが絶景なんですけど、こんな写真じゃあ伝わらんのが残念です(´・ω・`)
IMGP9785_R.jpg
IMGP9779_R.jpg
IMGP9802_R.jpg
乗鞍に来た満足感を充分噛み締めたら名残惜しいですが帰路につきます。
IMGP9809_R.jpg
IMGP9814_R.jpg
この景色って自転車乗りしか味わうことができないんですよね。
IMGP9819_R.jpg
そんな特別感を味わいながらデポ地まで20kmの距離をピューッと下ります。
来る時2時間かかった距離も帰りは30分程で戻ってきました。
IMGP9822_R.jpg
最後に朴の木平駐車場前にある温泉で汗を流します。
この温泉は露天風呂があって空と山々を眺めながら入ることが出来るのです。

欠点はスキー場側から丸見えって事ぐらいです(///)
DSC_0465_R.jpg
13時には乗鞍を出発し、渋滞に巻き込まれたり道間違ったりしつつ7時過ぎには香芝SAまで戻り解散。
こうして夢の様な二日間は終わりました。
お付き合い頂きました皆様、本当にありがとうございました。

この思い出は一生モンですね。
スポンサーサイト
△ページトップへ戻る

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

乗鞍クラクラAパート とにかく行ってみましょう。

去年、7月の三連休を使って乗鞍に登ろうと予定するも、事前の天気予報で雨により流れてしまった。
「今年こそは乗鞍行くぞい」とツイートしたらアカン人達がいっぱい参集してまいりました(笑)

しかし事前の天気予報でこの三連休は雨。
土曜と月曜の降水確率は快方に向かおうが、僕達が当初乗鞍を登る予定であった日曜の雨マークは頑として動かず雨。
金曜時点で高山の降水確率80%、一方乗鞍付近の降水確率は40%とか言ってるしでよう分からん。
どうしようか悩んだ結果「行かずに後悔するより行って後悔しよう(笑)」って事で決行することになりました。

そんな行程にお付き合いしてくれるアカン人達と朝6時JR久宝寺に集合し、車2台に分乗したら一路乗鞍へ。
DSC_0433_R.jpg

ところどころ渋滞に巻き込まれつつ、北陸道を北上しているとポツポツと降りだした雨が岐阜に入る頃にはフツーに雨。
P1020918_R.jpg
めっさ雨。
1時過ぎデポ地である朴の木平スキー場に到着しましたがこんな感じ。
DSC_0437_R.jpg
DSC_0438_R.jpg
雨は止んでるけどちょっぴり路面が濡れてます。でもまあここまで来たら登るしか無いっすよね(๑•̀ㅂ•́)و✧

デポ地をスタートしてからは延々と登りで、この2週間ママチャリしか乗ってない僕には初めからクライマックス状態です_(:3」∠)_
158号線から乗鞍スカイラインに向かう県道5号線に入ると斜度はグッと増す。
IMGP9684_R.jpg
前日納車したばかりのraguさんはまだポジションやら何やらあってないそうで苦労している模様。
僕はそんなの関係なく苦労している模様_(:3」∠)_

登っていると道路脇に白樺とかが見え出して高度上がってきたな―。とか思っているとスカイライン入口前の交差点に到着。
IMGP9686_R.jpg
IMGP9691_R.jpg
到着したけど何も見えん。ホンマ数十メートル先が完全に見えん状態
大丈夫やろか・・・・とスカイライン入り口に向かうと係員さんがやってきて、自転車は入れないとのこと。

DSC_0440_R.jpg
そりゃそうか。
こんな状況でも畳平までのシャトルバスは運行しておりまして、そこに自転車が乗り入れたりしたらお互い危なくてしょうがないですわな。

とにかく登れないのはしょうがないのでスカイライン入り口で写真だけ撮って撤退しましょう。
IMGP9695_R.jpg
って事でスタートから小一時間でデポ地に帰着、この日の走行距離は16km(´・ω・`)
まだ時間は15時前だけどササッと撤収して今回お楽しみの下呂温泉にあるメガネさんの別荘へ
DSC_0442_R.jpg

ゴージャスやぁ・・・部屋にあるものは一級品ばっかしで、露天風呂まであってホテルのスイート並ですやん(*´ω`*)
今日着たジャージは明日に備えてあまえびさんが手洗してくれはるし(*´ω`*)
わしゃ果報者やで・・・。

一通りまったりしたら晩ごはんを探しに下呂の街へ。
P1020943_R.jpg
目当てにしていた焼き肉はあいにくの満席ということで宿近くのお食事処へ。

何をトチ狂ったのか、ここでたけさんとあまえびさんが飛騨牛ステーキをオーダー。
DSC_0443_R.jpg

それを頬張る二人の横で僕は慎ましく飛騨牛トマト丼なるものと、下呂名物という鶏ちゃんをもぐもぐ。
やはりこちらの法の味付けは濃いんだね。
腹一杯になったら部屋飲み用のアテと酒を買い込み宿で宴。

寝る前にたけさんに肩を診てもらってモミモミと揉まれる(*ノェノ)
明日晴れること祈りながら11時過ぎには皆就寝して翌日に続く。 △ページトップへ戻る

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

GVR307Vヘルメット

目が悪い人がアイウェアと言うかサングラスをする時のパターンとして

①コンタクト+サングラスで
②度付きサングラスやクリップオンシステムのサングラスで

の2択だと思うのです。

僕も最初は①だったんだけど、ブルベなんかで夜になるとサングラスは外さなきゃならない。
もしくはクリアレンズなんかに交換しなきゃならない。
そうするとレンズを替えるのも面倒になって最初からピンク・イエロー・透明といったレンズを使い出し・・・・

あれ?透明とかのレンズなら最初からメガネでええやん。

って事で今は普通のメガネで走ることに落ち着きはしたんですが、やっぱり日中は眩しいし、風を巻き込んで目が乾いたりする。
何よりコミュ症の僕は走ってるロード乗りの方に挨拶する時、メガネだと視線合わせるのが恥ずかしい(笑)

そこで考えたのが度付き調光サングラスだけど、オークリーとかZerorh+とかで作るとアルテのコンポ一式とか買えちゃうお値段。
oaklet_R.jpg
お小遣い亭主の僕にはアイウェアにそこまで出せません。つーかそんな金あったらクロモリオーダーフレーム買う足しにするわ。

そんな中、目についたのがエアロヘルメット。
メット自体にシールドが付いているし、最近のエアロメットって見た目普通のヘルメットとあまり変わらなくなって来てるのね。
そう思ってKASK・GIROなんかのエアロヘルメットを見てみると通気悪くて頭が蒸れそう。しかもそれなりの値段やし。
20140708-1_R.jpg
そんな中目に止まったのがGVR-307V
一瞬「桁が1個足りないんじゃないの?」と思うようなお値段。
あやしいバッタモンかと思って調べてみると、JCF推奨マークが付いていて、JCF公認レ―スにも使えるという本格派。
メーカーは台湾らしく、ネット上の評判も悪く無い。
失敗しても大した金額でもないし・・・

P1020847_R_R.jpg
って事で買ってしもた。

標準の付属シールドはクリアだけど、スモークシールドも一緒にお買い上げ。つーか僕にはスモークだけ有れば良し。
箱も取説も丁寧に日本語表記の安心設計(*´ω`*)

で、実物を見て正直な第一印象は「テカリがきつくてオモチャっぽい。」です。
今度上から艶消しスプレー吹いたろ。
P1020845_R_R.jpg
アジャストホルダーも樹脂製で、ここもお値段なりのクオリティだけど僕にはこれで十分です

kodoku.jpg
ワンサイズしかないので頭にフィットするかと思ったらちゃんとフィットしました。
あご紐部分や、ベルトの縫製もしっかりしてる。

で、肝心のシールド。
シールド部分にマグネットが付いてて、メットの先端部分に「バチコーン」とひっつきます。
結構しっかりくっついてくれているので、自転車で受ける風圧くらいじゃ外れないでしょ。
んで暗くなったらシールドを反対に付ければそのままメガネで走れる。と。

あと、シールドタイプは風を巻き込まないので目が乾かないんじゃないかと期待しております(*´ω`*)

肩が痛い(;´Д`)

2週間ほど前、左肩全体がシクシクと痛み出したので接骨院へ行く。

昔立ちゴケして左肩を傷めた事が有るんですが、その時の後遺症のようなもので靭帯が伸びてきてるらしく、梅雨の時期になると痛み出すらしい。
あれ?って事は今後毎年梅雨時になるとシクシク痛み出すって事か?
ともあれ、揉んで電気流して温めてもらったら治った(*´ω`*)スゴイぜ接骨院。

しかし週が開け水曜日あたりからシクシクじゃなく、ズキズキと痛み出す。
左の首筋、鎖骨の裏側、肩甲骨、そして左肩。おまけに上腕の裏側が痺れてる。
接骨院に行って揉んでもらったが収まらず、金曜日には首と肩が痛くて自転車乗れず、会社からは自転車を押して帰ってきた次第。

そんなわけで土日は静養して週明け月曜日に整形外科を予約。
日曜、車を小一時間程運転したんだけれど、それだけで左肩が痛み出す。
これはアカン。ほんまアカン。

月曜、会社帰りに予約していた整形外科行こうと思っていたけれど、肩の痛みに我慢できず早退して総合病院へ。
10時過ぎに受付を済ませ、待つこと2時間半(;´Д`)
問診触診の後、レントゲン撮影して写真を見ながら説明を受ける。

骨や骨盤はキレイでズレや歪みはない。脊椎もキレイでヘルニアのような症状は見受けられない。
脊髄から左腕のほうに繋がる神経が何かに圧迫されて痛みが生じていると思われるけれど、詳細はMRIで診てみないと分からない。
おそらく神経近くの関節や筋肉が炎症を起こして腫れてて、動かすとその部分が神経に当たって痛いのだろうと思うので炎症ドメの薬飲んで安静にしててー。
とのこと。
CmfxLXvVUAE4bnp_R.jpg
その日から薬は飲んでいるんだけれど、痛み止めが効いてない_(:3」∠)_
眠くなる成分だけが効いて仕事中眠いったらありゃしない。

んで帰りに再度接骨院へ。
症状と先日病院での診察内容を話すと、肩甲骨周りの関節が固まってるんじゃないだろうかって事で、肩甲骨周りを中心に揉んで電気流して温めてもらったら痛かった首が動くようになった。ほんとスゴイぜ接骨院(*´ω`*)
原因はハッキリと分からんけれど、接骨院の施術が効いたことは事実なので当分通うことにします。
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。