俺氏葡萄坂で驚愕のタイムを叩き出す。

自転車って、乗らないと乗れなくなって乗らなくなる乗り物。
特に登りにおいては、登れないと楽しくなくて自転車から遠ざかってしまう。

だからある程度は登れるようになっておくべく、体に登りの負荷を覚えこませておかなきゃアカンのですな。
そんなわけでやって来ました葡萄坂。
IMGP8731 (2)_R
ここからフラワーロード経由で十三峠まで往復すると約40kmで1000m登れるという、近くて便利なコンビニ錬コース。
今日もデジイチ背負って「ガチじゃないからね」オーラを漂わせながらレッツスタート。
とりあえずはヘコヘコ登って変電所到着。IMGP8747 (2)_R

到着した際ナニゲにラップタイムを見ると 20分18秒 と出た。

                    マジカ?

どこの地点からのラップタイムかは定かじゃないんだけど20分てマジカ?

家を出てから5分も経ってなくウォームアップもナシのデジイチ背負ってダラダラ登りではあったけど

                    20分ってマジカ?
IMGP8740 (2)_R
と、軽いショックを受けつつのどか村からフラワーロードを経て、数年ぶりにやって来ました十三峠。
しばらくボケーッと大阪平野を眺めたら下ります。
244_R.jpg
麓まで下ってきたらTTスタート地点近くに噂のモンテローザさん発見。
モンテローザって某飲食店の系列かと思ったら違うのね。
メニューはジェラートと飲み物、あとはトーストって内容。
今度機会があったら寄ってみよう。

さて、登りますが、この十三峠って登り途中で一息つけるポイントがないので苦手なんですよ・・・。
とにかく無理せず自分のペースでーとか考えてヒョコヒョコ登ってたんだけど、ふとサイコンを見たら時速7km/h。
まあ今回はこれで良いわ。記録が悪いほうが次回のハードル下がるし(笑)

で、タイムは28分18秒。
ヨッシャ30分切った(笑)いやいや、こりゃ葡萄坂20分ってのも計測ミスではなさそうだ。
さすがにちょっと真面目に練習をしようと思いつつ、来た道を帰ります。

IMGP8750 (2)_R
葡萄坂の麓には桜っぽい花も咲き始めました。
ああ、春やのう・・・
IMGP8752 (2)_R
スポンサーサイト

ちょこっと小旅行。

何か美味しいもの食べに行こうと奥さんと小旅行。行先は滋賀方面です。
つーても琵琶湖沿いはしょっちゅう来てるので今回は堅田から鯖街道で北上しますが、この日はめっさ雨。ホンマ一日中雨(´・ω・`)
IMGP8631_result_R.jpg
そんな雨の中、向かった先は鯖カフェ。
是非とも奥さんに鯖サンドを食って頂きたくやってきたのです。

・・・来たのです。

来たんですけど・・・。
sdgedgsg.jpg

冬期は休業なんて聞いてないよ   _(:3 」∠)_
これまで奥さんと鯖カフェ目指して来ること3度。
1度たりとも鯖サンドを食すこと叶わずでございます。
DSCF5726_R.jpg
しょーがねーとあきらめて琵琶湖方面に向かう途中で立ち寄ったのは蕎麦屋さん。
DSC_0124 1_R
サバがソバに変わりました。
何気に立ち寄った割にはここのお蕎麦美味しかったです(*´ω`)
DSCF5730_R.jpg
思った以上に美味しかった蕎麦を食べて満足しつつ湖岸を走ります。
ああ・・この辺は晴れてると自転車で走るのに本当に良いコースなんだけどなあ・・・。
DSC_0129 1_R
この日はそのまま彦根の宿にチェックインして、お目当ての居酒屋彦一さんで晩御飯。
これまた予想以上に美味しくて大満足で就寝。あ、ホンマにこの出し巻きは旨いっすよ。
IMGP8637 (2)_R
翌日は晴れたのでチェックアウトしたら彦根城近くにデポして僕のESCAPEと奥さんのマークローザで彦根ポタでございます。
IMGP8704_result_R.jpg
まずは彦根城。目的は

じゃんっ
IMGP8643_result_R.jpg

ヒコニャ━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━ン!!

IMGP8646 (2)_R
ひこにゃん先生オンステージ(笑)
30分ゆる~いステージっぽいものが繰り広げられますが、10分も見ていれば十分だったのでささっと他を見物に行きます(笑)
IMGP8685 (2)_R
お城付近をウロウロ回り、ちょっと湖岸を見に行ってみようということになったんだけど、この日は 爆風 強烈な風のおかげで湖面も白浪立ってしぶきが飛んできます(;´Д`)
IMGP8711 (2)_R
この写真撮った直後、風で盛大にチャリはコケました(´・ω・`)
そんな暴風&寒さのおかげで奥さんの顔も曇ってきたので早めに今日のランチに行きましょう。
IMGP8720_result_R.jpg
やって来たのは千成亭伽羅。ここで近江牛を頂こうってわけですよ。
02224466_R.jpg
いやいや、美味しゅうございました(*´ω`)
食べた後はちょっと寄り道して 侍サイクルさん
IMGP8729 (2)_R
店頭にロングライダースのポスターがドーンとね。
入り口に手書きの立て看が置いてあるんだけど、店長さんの今期イチオシはグリムガルだそうです(笑)
グリムガルいいっすよね。鬱展開ですけど。

店内はソファーやカウンターが置いてあってめっさ居心地よさ気な雰囲気です。
が、お目当ては自転車パーツやアクセサリーではなく
IMGP8726 (2)_R
ロングラーダースのステッカーです( ´∀`)
RFX8のシートチューブにロゴもない状態なのでステッカーが欲しいと思ってたんだけど800円そこそこのステッカーに送料払うのもアホらしいので、こういう機会に買っておこうと思いましてん。
IMGP8727_result_R.jpg
店内にはロングライダース既刊やら自転車関係の同人誌やらグッズまでちょっとしたスペースが出来ております。
ウチの近くにこんな店あったら良いんですけどね・・・。

あとは湖岸沿いをドライブしつつタラタラと流して帰阪。
この爆風の中ビワイチ途中なのか湖岸沿いを走っている猛者が結構いたのが印象的。
ああ、今週末は真面目に走りに行こう。

温泉ライドをしたくなったので

3月の3連休にむけて温泉ライドなんぞを考えてるわけですよ。
今のところ考えてるのは3つ。

【うどんと温泉と金毘羅さんコース】
7時12分新今宮発の特急サザンで和歌山港→フェリーで徳島港へ10時半到着。
これにはスキップ2000が使えます。
subject.jpg
なんばから和歌山港までの電車代+徳島港まで2,000円というスグレモノ

んで11時前に基本吉野川右岸を遡上して32号線、阿波別街道で峠を越えて金毘羅温泉まで約100km。

一泊したら翌日は金毘羅参り&うどん屋巡りをして善通寺あたりから高速バスでなんばOCATまで輪行。
CIMG2695_R.jpg
CIMG2694_R.jpg

ご予算  交通費7,000円+宿代他。

【いつもの城崎温泉コース】
7時頃久宝寺集合、車載にて福知山まで。
9時半頃福知山駅前駐車場にデポ、10時過ぎスタートで426号線で出石経由城崎まで約100キロ。
この辺は過去記事参照って事でよろしくメカドック

城崎温泉一泊旅行

一泊したら翌日は輪行。福知山まで戻っても良し、天橋立あたりから舞鶴経由で福知山まで走っても良し。
交通費4,000円くらい+宿代他。

【ブルべチック白浜温泉コース】
同じく7時56分天王寺発の電車に乗って湯浅まで。
湯浅から424号線・311号線で山の中を走ります。
DSCN3840_R.jpg
んで100km程で白浜着。
DSCF2327_R.jpg
DSCF2332_R.jpg

一泊したら翌日42号線で北上しつつ、適当なところから輪行。
これをベースに 一緒に行ってやってもええでーって方々のメンツに合わせてルートを調整って感じですな。

吉野山までポタポタ走ろう

この日はもはや恒例となった、年始めまったり吉野山ツーの日。
10時に五條運動公園をスタートして約50km程をのんびりまったり走って吉野神宮に参拝し葛うどんを食べるという一年のルーティーンを行うわけです。

まったりのんびりも良いのですが、週末前ツイッターから流れてくる自転車乗りのTLを眺めていると、50kmじゃあ満足できなくなってしまい、当初車載してもらう予定だった岩ちゃんに連絡して自走に変更、当日は7時半過ぎに家を出る。
石川CRから310号線に入り、小深のあたりまで来ると気温は氷点下。プルプルサムッチョです。
IMGP8555_result_R.jpg

最近雪でも降ったのかこの辺りから路面は濡れてるけどキニシナイ。
そうこうしていると後ろからkogakiさんが車でやってきた。
ご挨拶をして、乗って行きますかと声を掛けて頂きましたけど、元気有り余ってるので、このまま行かせてもらう事にする。

製材所の斜度10%看板を過ぎ、つづら折れをこなしていくと、どんどん路面が白くなってくる。
IMGP8564_result_R.jpg

あ、これアカンやつや。

路面は雪が残って白くなってる部分、シャーベット状になってる部分、完全に固まってる部分が殆どで、アスファルトが見える部分が少ない(;´Д`)
後輪がズルズル滑りながら恐る恐る登っている後ろから車の来る音が聞こえると

タイヤ滑る→コケる→車通過→ミンチ の妄想に襲われます。

そんな中、聞き覚えのある走行音と共に岩ちゃんカーがやって来た。
「ウェーイww」「頑張ってー」との窓を開けてのご声援ありがとうございます。

それより並走やめて、怖いから(;´Д`)

そんなこんなでトンネル到着。
トンネルを抜けた先の路面を見て不安感しか沸かない僕がいた。
DSC_0110 1
何にしても下りて行くしか無いわけで、ゆっくり下っていく。
どうしてもヤバそうなら岩ちゃんに電話して助けに来てもらおう(笑)
って事で歩くぐらいのスピードでダウンヒル。
幸い本当にヤバそうなパートはあっさり終わり、ヘリポートの辺りで路面に白いものは無くなった。
こうなるとスピードもそれなりに出せるわけで、快調にダウンヒル開始。
あっという間に京奈和道路入口のローソンに到着したらみんな揃ってたのでとりあえずの挨拶をしたら集合場所の運動公園までピューッと先行させてもらいます。

五條運動公園でshallowさんと相方さんも合流、時間は10時過ぎ。さて、予定通りのスタートです。
IMGP8567_result_R.jpg

まずは吉野川を渡ったらすぐ左折。こちょこちょと街なかを走ったら再度吉野川を渡って県道39号線に合流。
モンベルを過ぎた先にある丘にある分岐を 「緑の広場」 と書かれている方へ入っていきます。
IMGP8569_result_R.jpg
IMGP8576_result_R.jpg

このルートは車も通らないような道ですので、結構道は荒れてます。
今回はこの荒れた道をユルユルと吉野川沿いを走っていくのです。
IMGP8581_result_R.jpg

39号線に復帰したらコレまたのんびりと走り、いつものように湧き水ポイントで一休み。
IMGP8585_result_R.jpg
IMGP8586_result_R.jpg

ここからは登りパート。脳天大神からヌルヌルと登っていくのですが・・・
IMGP8588_result_R.jpg

アキ姉さんがずーっと先頭です。強くなりましたね( ;∀;)
つーか男子はもっとキッチリ引くように(笑)

んでshallowさんの相方さんを見ると結構キツそうなので良く見ると・・・

こ、この人アウターで登ってるううう!(笑)

僕「アウターですよー。」
shallowさん「前のギア落としてー」
相方さん(ガチョリ)「ええー!?重なった!」
shallowさん「それ、リアの変速」
僕「左側のレバーを内側に倒してー」
相方さん「ああっ!軽くなった!」
一同(笑)

そんなこんなでバス通に合流したら吉野神宮はすぐ。さて、皆で参拝です。
IMGP8601_result_R.jpg
IMGP8600_result_R.jpg

参拝終えたら吉野山界隈まで再度上るわけですが、まずは さこや旅館前の坂を登らにゃなりません。
厳しいかと思いましたがアキ姉もお時さんも無事登坂完了。

この坂を超て眺めの良いトコで小休止。
この先、山門付近の坂はキツイので女性陣は押す事を推奨してレッツゴー。
IMGP8608_result_R.jpg
金剛峯寺で集合したら記念撮影して昼食ポイントを探します。

例年だと静亭なのですが、岩ちゃん曰く「今日は女将さんは留守」&座敷だとシューズカバーとか一式脱ぎ履きしなきゃならんので今回は春風堂さんのテーブル席で。
IMGP8618_result_R.jpg

みんな揃って葛うどんと柿の葉寿司を頬張り談笑タイム。
食べ終わったら吉野駅で岩ちゃんが陀羅尼助丸を買うということで立ち寄ったけど買わんのかーい!(笑)
しょうがないので
吉野水珈琲とおやきを頂きます。
スンマセン、ちゃんと陀羅尼助丸買ってはったんですね・・・_(:3」∠)_


食べたら後は来た道戻るだけです。ピューッ🚲=3
IMGP8621_result_R.jpg

五條に帰り着いたら15時。
時間もあるし、帰りにヤムって行きましょうって事に

さて、帰りどうしようかと思いましたが、スタートからここまで90km。
キリの良いように100kmまで残り10km走ってヤムヤムから岩ちゃんに帰り乗っけて貰うことにします(。╹ω╹。)
って事で適当にうろつきながらサイコンがちょうど100kmになるよう走ってヤムヤムin。
DSC_0120 1

おみやげにパイ2つとフランスパンにクリーム塗ったやつを頂きます。

あとは岩ちゃんにリビエルまで送っていただいてここで解散。
皆様お付き合い頂きましてありがとうございました。 (._.)ペコリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【5件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)