スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろシューズにカイロを入れる季節やね。

長年冬場はユ○クロのヒートテ○クで乗り切ってまいりましたが、去年のブルベでDNFして以来、冬用のアンダーウェアには気を付けることにしております。
って言ってもジオラインとかはそれなりのお値段がするので、アマゾンで なんぞを買っていましたが、ある日ミズノのブレサーモシャツなるものがお値段の割に吸汗速乾性と保温性に優れていると聞きまして、買ってみたのです。
DSCF5725_R.jpg
んで早速着てみたんですけど、袖は8部袖やし丈も短くて全然暖かくないぞ・・・(;´・ω・)

これでホンマに大丈夫かいなと思い、試しに走りに行ってみることにした。
幸いと言ってはなんですが、この日は大寒波が襲来して最高気温は4。、出掛けの気温は氷点下というナイスなコンディション。
行き先は家から5分の葡萄坂です。
DSC_0090 1_R
ここに来る僅か5分の間に、モンベルのグローブ+アンダーグローブをしている小指と薬指がかじかんでしもた(;´Д`)
やはりこのグローブの防寒性は0°程度までの模様。

さて、それはともかく今日ものんびりと登りますかいな。
それなりに風の吹く最初のつづら折れパートをヘコヘコと登っていると、柏原ぶどうの看板あたりから側溝に雪が残っているのが目につく。
この日のいでたちはdhpのビブに上半身はプレサーモシャツ+半袖ジャージ+冬ジャージ。
指先はまだ冷えるんだけど、体はホカホカ。
ホカホカというよりアッツイレベルなので冬ジャージのジッパー下げて登ります。
IMGP8412_result_R.jpg
最後のつづら折れの先にある竹藪パートのあたりからは、路面の水たまりに氷が貼ってたりと、下りには注意が必要やね。
そんなこんなでハアハア言いながらゴール。
IMGP8395_result_R.jpg
変電所前にはガッツリ雪が残ってたり
IMGP8406_result_R.jpg

結構分厚い氷が張ってたりと。
IMGP8401_result_R.jpg
いやー、冬本番やね。

今日は時間もないのでここで撤収。
IMGP8427_result_R.jpg

午後からは奥さんとママチャリデートです。
向かい風で奥さんの表情が険しい(笑)

ブレスサーモは思った以上に発熱と保温性能はあるようだけど、吸汗性と気になる汗冷えはこの短時間では分からんね。
グローブは厳寒用に買い足そうかな。
スポンサーサイト

冬用グローブ

今まで使ってきた冬用グローブはタッチパネルに対応していないタイプだったので、あたらしいグローブを買ってきたよ!
DSCF5722_R.jpg

montbelウィンドストッパーインシュレーテッド サイクルグローブ。
見た感じから分かるようにかなり分厚くて暖かそうである。
サイズはXLを選択。

で、感想。
確かに風は通らず、今まで使ってたdhpのウインドブレイクグローブより保温性は高い(ように思える)。
でも風が通らないだけでやっぱし冷えるよね。冷蔵庫だって風吹いて無いけど冷えるもん。
そこでこのパールイズミのインナーグローブ。
DSCF5724_R.jpg

吸湿発熱、吸汗速乾、そして保温。

これを追加するために大きめサイズにしておいたのですよ。
試しに片方だけインナーつけて金剛山トンネル下ってみたら、やはりインナーの無い方は汗冷えするね。
気温5度程度でこの冷え方するとなると厳寒時期はインナー必須やな。

あとグローブ内の汗や湿気は手首のあたりから排出されているのか、ジャージの手首の辺りがベトベトになりますね(´・ω・`)
これで4500円なら、まあ値段相応ってトコじゃないでしょうかね。

裏金剛地獄坂を登りに行く

おニューのグローブを買ったので試しに行こうと思いながらも寒かったので昼までゴロゴロ。
気が付くと徹子の部屋をボケーっと見てる僕がいた。
こりゃイカンと思い家を出ようとしたらガーミンの充電を忘れててガックリ。

石川CRから河内長野方面に向かう。
今日はそれほど向かい風も強くないので助かったは。
金剛大橋を超え、彼方の公園横には噂のセブン-イレブンが出店準備中。
自転車乗りの溜り場になる事確定、タイヤチューブとか置いておくと案外売れそうやな。
DSC_0067 1_R
河内長野からはそのまま310号線を登っていくんだけど、アヅイ(;´Д`)
この日のウェアはdhpのビブにTESLAのコンプレッションシャツの上から半袖ジャージ。
その上にsaitoimportのウインドブレイクジャケット。
観心寺前の気温計は10度。山の上は寒かろうと思い着込んできたのでしゃーないですな。
DSC_0068 1_R
ここでポケットから充電していたガーミンを取り出してセット。
これは充電しながらガーミンが使えるUSBケーブル(自作)なので、ログを取りつつ充電できるのです。
DSC_0069 1
サイコン付けたらトンネルに向かう。
何度も走ってるけど、観心寺から小深、行者湧水を超えるあたりのルートは良いねえ。
製材所を過ぎたあたりからの登りは道路規制ダッシュに備えてアウターのまま、うんたんうんたん言いながらまったり登坂してたけど、今日は相互通行解除中ということでそのままゴール。
DSC_0071 1_R
写真だけ撮ったらすぁーっと五條に下り、やって来ましたyamyamさん。
今年も宜しくお願い致します。
今日は僕の好きなミルクフランスとブルーベリーパイ、お持ち帰り用にきのこのホワイトソースパンも買って店内でモグモグ。
ああ・・美味いわー。
DSC_0074 1_R
まったり優雅なひとときを過ごし、時間は15時半。
そろそろ帰らないと日が暮れちゃいます。

さて、ここで今日の本題。
金剛トンネルを奈良側に下ってる時、大きなヘアピンカーブがありますよね。
そこから見える一直線に下っていくルートをご存知だろうか。
なんでもこの坂がめっさエグイらしい。
んじゃちょっと僕も行ってみようと思ったわけだ。
詳しくはこちらのblogを参照してくだされ。 → ある初心者ロード乗りの日記

DSC_0076 1_R
グーグル先生によると山岳線沿いにあるこの分岐を進んでいくとヘアピンの所に出る模様。
DSC_0077 1_R
で、最初はのどかな集落をまったりまったり登っていくけど、板金屋さんのあたりでグッと斜度が上がる。
この時点でアウターは諦めた。
DSC_0082 1_R
しばらく上がっていくと神社が見えてくるが、この神社からが本番らしい。
そして現れた最後の激坂。
一直線に伸びるコンクリ坂はこれから登ろうとする自転車乗りの心を折るのに充分すぎる(;´Д`)
ギアをインナーローにセットし、うんたんダンシングに備えて腰を上げ・・いざ突入!

した途端前輪が浮いたwwww

ダンシングは中止してシッティング・・・じゃあキッツイ
道幅は狭くて斜行なんて出来ない。
かといってダンシングでハンドルを引くとマジで後ろに倒れそうになるので、気をつけてヨロヨロと立ち漕ぎで登っていくしかないのです。
踏むことも出来ないまま体力ゲージだけが減っていく。
んむーヤバイ、このままではジリ貧だ(;´Д`)

ラスト数メートルの所まで来た時、我慢できずにハンドル引いて踏んでみたらマジでひっくり返りそうになった。
やはりこのままゆっくりと行くしかなさそうです。
最後に来て無駄な体力使っちゃったなぁおい。

そんなわけで死にそうになりながら何とか登坂完了。
310号線のヘアピンに出た時は安堵感しかなかったでホンマ。

DSC_0086 1_R
激坂をクリアした後トンネルまでのルートはもはや斜度を感じないレベル。
すぁーっとトンネル超えてすぁーっと石川CRを走って17時半帰宅。

富田林まで珈琲豆を買いに行く

あけましておめでとうござまース。
あっという間に年末年始も終わってしまいました。

この年末年始にあったことはおいといて、連休最終日ちょこっと時間がとれたので富田林まで珈琲豆を買いに行ってきますた。
めっさ逆風の石川CRをディープリムのCANYONで横風に吹かれつつ家から10㎞ちょい。

やってきました富田林は寺内町
IMGP8315 (2)_R
始めてきましたが、風情のある街並みですな。
IMGP8332 (2)_R
その寺内町にある珈琲屋さん 平蔵
とりあえずコクのあるブレンドという平蔵ブレンドを深煎りで200gオーダー。
このお店はオーダーしてから焙煎してくれるので、待ってる間本日のストレート珈琲を頂きながら待ちます。
IMGP8329 (2)_R
飲み終わったところでちょうど焙煎も終わりましたので撤収。

帰りにサイクル橋で記念撮影。
IMGP8335 (2)_R
帰りは追い風にのってバビューンとね。
さらに途中でスーパーに立ち寄って買い物して帰宅。
IMGP8346 (2)_R
帰ったらローラー用サイコンリセットの儀。
今年もノルマをこなしていきます。

そんなこんなで今年もどぞよろしゅう。
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。