今年も締めはアワイチで

去年の締めにアワイチ行ったんだけど、折り返し地点の福良手前まで来たところで雨が降り出し、ブルブル寒っちょで濡れながら帰ってきた思い出を上書きすべく、再度締めのアワイチへ。
7時リビエル集合で岩ちゃんカーに車載したらサクッと淡路島まで。
IMGP8066 (2)_R
岩屋のジェノバライン近くの駐車場にデポしたら8時45分にスタート。
今回お付き合いいただけたのは、お馴染みの岩ちゃんと初アワイチというkogakiさん。
まずは追い風に乗ってピューっと淡路平和大観音まで。
IMGP8075 (2)_R
別に立ち止まって見物する程のもんでもないんですけど、なんとなく名物的モニュメントですやん?
ここで思ってたより暑くなってきたので各自ウェアの調節をして再スタート。
IMGP8098 (2)_R
洲本までは追い風に乗ってルンルン気分で走り、10時過ぎ洲本港のウッドデッキに到着。
IMGP8082 (2)_R
のんびり時間をつぶし、付近を散策。
ウッドデッキ前の建物が競艇の場外券売場とは知らなんだ。

さて、洲本を過ぎ由良からはいよいよ峠の始まりです。
ここは皆自分のペースでまったり越しましょう。
めっちゃ気にはなるけど、行ってみたいかと問われると「いや、別に・・・・」というポジションの謎のパラダイスをいつものようにスルーして峠の頂上へ。
IMGP8115 (2)_R
岩ちゃん、まだ行程の半分来てないんやからヘンに頑張らんでええんやで(*´ω`)
ここから一気に下ってアワイチのメインディッシュである水仙郷突入。
IMGP8129 (2)_R
IMGP8131 (2)_R
IMGP8136 (2)_R
いつもながら水仙郷最高かよ!

しかし、何か・・・何かおかしい・・・風が・・・向かい風がキツくて快適に走れない。
IMGP8147 (2)_R
kogakiさんと先頭交代しつつ水仙郷ラインから土生坂を無事越え、阿万に向かう道中は向かい風の吹きすさぶ中、田園地帯の県道76号線を走り続ける修行ライド。
IMGP8153 (2)_R
そんな中、やっとこ福良との交差点まで辿りつく。
このまま真っ直ぐ31号線で五色が浜へ向かっても良かったんだけど、何か美味しいものを食べようって事で福良へ。

IMGP8165 (2)_R
当初は某うどん屋さんに行こうと思ってたんだけど、トイレ休憩に立ち寄った道の駅福良に海鮮丼やら何やらののぼりが立ってる店があったので、ここでお昼をいただくことにする。
同じようなお店が3件並んでるうち、真ん中のお店が一番のぼりが立ってて客入りも良かったのでこちらに入店。
IMGP8161 (2)_R
お店はの名前は 三沢商店 丼物などのメニューのほか、店先にある海産物や揚げ物を炭火で温めてくれるスタイル。
IMGP8162 (2)_R
ここで三人揃ってオーダーしたのは 焼きアナゴ丼ですドーン。
大盛をオーダーしたら、しっかり大盛にしてくれました(∩´∀`)∩ワーイ
IMGP8159 (2)_R
これにkogakiさんが追加で焼きガキと鱧天をオーダーしてくれたものを分けていただいて、リッチなお昼ご飯となりました。
アナゴ丼はちゃんと炭火の香りがして美味しかったですよ。

さて、おなかも膨れて後は帰るだけですが、ここからは延々と向かい風の中同じような景色を見ながら、それなりに交通量のあるサンセットラインを走り続ける修行ライド。
しかも五色が浜のあたりで雨が降り出す始末(´;ω;`)
去年の惨劇が頭をよぎりますが、幸い雨は鳥飼のあたりで止んで助かった。

途中何度か休憩をはさみ、見えてきました明石海峡大橋。
IMGP8173 (2)_R
時間はまだ17時過ぎですが、あたりはもう真っ暗です。
IMGP8186 (2)_R
当初道の駅で淡路牛バーガー食べる予定でしたが、到着した時点で既に閉店してまして、アホみたい寒いので速攻で帰阪。
19時半リビエルで解散と相成りました。

お二人ともお付き合いいただきまして本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

3650km

ワシも昔は毎日トレーニングやってなぁ、葡萄坂15分台出した事もあったんじゃぁ・・。

って、自転車でなくとも過去の自慢話をする年寄りってのが嫌いではあるんですが、一時期葡萄坂TTにハマりまくってた時期がありまして。

毎日ローラーやって週末はTTを繰り返し、4ヶ月くらいで目標としてた15分台に突入はしたんですけど、周りには14分やら13分台の方々が多数おりまして、心が折れたというか「この辺でいいや」と落ち着いてしまった。
あの練習+TTを続けていれば、まだ速くなったかもしれませんが、口の中血の味がする思いを繰り返して自転車乗るのは僕の求めているものと違う気がして。

でも自転車乗ってりゃ、そりゃ坂はありますんでどうしても越えて行かないといけない。
避けられないのなら楽に越えて行きたい。
楽に超えれると、走れる距離が伸びていく。
坂を楽に超えると言う事は行動範囲が広がるって事なんですな。
だから「困らぬ程度に登れるように」一応ローラーだけはこなしてます。

DSCF5709_R.jpg1日10km×365日のノルマで年3650km。
去年は夏から秋にかけて腰痛でこなせなかったけど、今年は無事ノルマ終了しました(*´ω`)

デジイチ背負ってウロウロと

先日CANYONいじったのでチト様子見に近場を周ってみる。
まあ様子見となると必然的に葡萄坂になるわけで久方ぶりに登ってみる。
28Hなんて使ってるとインナーに入れるタイミング逃して結局アウター縛りで変電所まで。
先日の暴風雨で路面に落ち葉が散乱してて晩秋感満載ですな。
IMGP7967 (2)_R
さて、この1年アンカーもCANYONも80mmステムでやってきたけど、坂を登るにはステムは短いほうが踏めるような気がする。
でもCANYONの80mm羊羹ステムはそれ以上にカッコワルイんだよなあ。   *個人の感想です
IMGP7969_result_R.jpg
次はウエイト貼ったホイールの様子見てみようと思いのどか村からフラワーロードへ。
IMGP7995_result_R.jpg
を、ええやんええやん今年の紅葉はイマイチと思ってたけど、それなりに秋を感じれてええやん。
IMGP8001 (2)_R
途中近鉄平群駅方面へ行く交差点の所で見晴らしが良かったので足を止める。
んむ?向かいの山の上の方に建物と道っぽいものが見えるぞ?
20151212.jpg
気になったのでグーグル先生で調べてみると平群のあたりから山の中通って法隆寺の裏に出るルートがあるっぽいので行ってみる。
平群までダーッと下ったら168号線の裏側を通って小学校手前の交差点を左折して峠に入っていく。
IMGP8010 (2)_R
そう広くない道幅の峠をユルユルと登っていく。
交通量が少なく日もあまり当たらないのか、途中大量の濡れ落ち葉でズルズル滑るトコがあったりする。
こりゃ下りは要注意やな。
IMGP8019 (2)_R
下りきると奈良自転車道に合流して法隆寺の裏側、南大門前へ。
普段通らないんだよねここ。
IMGP8027 (2)_R
法隆寺からは竜田川沿いに走って円山公園前を通るルート。
ここでやっと紅葉らしい紅葉を見る。
IMGP8041 (2)_R
201512122.jpg

そうそう、紅葉ってコレ、もみじだよね(・∀・)
結局この日は50㎞ほどうろついて帰宅。

パッとしない一日

久しぶりにチャリ乗ろうと思ったけど、近辺走る気にならないので輪行して紅葉狩りにでも行こうと思い立つ。
輪行袋担いで駅に着いたら目の前で乗ろうと思ってた電車が出て行った・・・。
どうも知らない間にダイヤ改正されてた様で、到着予定から30分程遅れてJR加茂に到着。
パッキングを解いてさあ行こ・・・・・お?
DSC_0039_R.jpg
サイコン忘れた   _(:3」∠)_

しょうがない、今日はもう距離もスピードも考えずにプラプラ行くとしましょう。
んで、いつものように和束川に沿って信楽方面に向かっている途中、後輪から「ガラガラガラ」という音が。
見てみるとチェーンステーに付けてたテールランプが無い_(:3」∠)_

落としたライトを探すべく、しばらく付近をウロウロしていると何かやたらと猿が集まってきた。
IMGP7892_result_R.jpg
なにこれ、この辺の集落の人口よりきっと多いぞ(;'∀')
どんどん増えてくる猿とそれを追い払うよう爆竹とエアガンで完全武装し、殺気立った住民とのバトルの中、落ちたライトを探す僕。
「ちゃうねんで?猿を撮影しようと思って立ち止まってるんちゃうねんで?」と、心の中で言い訳しながら探すこと30分ほど。
ライトを回収したら即退散である。
IMGP7896_result_R.jpg
今日は北東へ吹く風がやたらと強いようであっという間に信楽到着。
さすがに狸も見飽きたのでスルーです。はい。
IMGP7904_result_R.jpg
ここから伊賀に向かうのは久しぶりに山のたまごの前を通る422号線で行ってみる。
久しぶりに訪れた山のたまごは卵の自販機のみ営業中。
買ったところでチャリでのお持ち帰りは無理ゲーやなあ。
IMGP7906_result_R.jpg
で、422号線を下って伊賀へ。
IMGP7913_result_R.jpg
伊賀の町中をウロウロとしていると時間は14時、さすがにおなかも減ってきたのでお目当ての店に向かいますねん。
DSC_0040_R.jpg
ドーンとレストランITOのヒレステーキ丼です(∩´∀`)∩ワーイ
空腹も手伝ってあっという間に完食したらお店を出ます。ごちそうさまでした。
大盛り頼めばよかったと後悔しつつ、コリドールロード方面へ。
IMGP7945_result_R.jpg
ブルべで通った時、牧歌的っつーか北海道っぽい雰囲気で気に入ってたんですけどね。
今回来てみたら、ただ一直線に伸びる広い農道やね(´・_・`)
4度目となると感動もなくなるもんっすかね。
IMGP7959_result_R.jpg
しかしまあ噂には聞いてたけど今年の紅葉はイマイチというか紅じゃなくてなんだかどこの山も茶色なのね。
IMGP7957_result_R.jpg
なんだか気分がションボリしちゃったので帰ることにする。

グーグル先生曰く、このまま南下して近鉄桔梗が丘から16時発の急行乗れば乗り換えなしで河内国分まで行けるとの事で急行の来る20分前に駅に到着。
のんびりとパッキングして改札に向かうけど、いざ改札を通ろうとしたら財布が・・・・ない。

・・・・・( ゚д゚)ハッ!・・・・・・・パッキングしたチャリのフロントバッグの中だ!!

頑張って肩ひもの取り出し口から手を突っ込んで取リだそうとしたけど無理なので、結局輪行袋を開けて財布を取り出す。
ああ、こりゃ諦めて次の電車待とうか・・・と思ったら次の急行1時間後やんけ。

1時間も待ってられないので急いで再度パッケージしてたらファスナーがこわれたあああああ!⊂⌒~⊃。Д。)⊃
もうしょうがないので肩紐で輪行袋がはだけないよう縛ってギリギリ電車に飛び乗って国分まで。

なんだか終始パッとしないサイクリングやったな。

CANYONイジリ

最近すっかり失念してしまっていたけど、PLANET-Xホイールはタイヤを装着すると
バルブ+エクステンダーの重みが片方に偏ってホイールバランスが無茶苦茶になる。
以前はリムの裏側にウエイトをねじ込んではみたものの、ウエイトがニップルの穴の中で千切れてしまい、ちぎれたウエイトをリムの内側から取るのに一苦労してからウエイト無しで使ってた。

そんな中、しっかりとホイールバランスをとると、今までと比べてウソのように高速巡航が楽になった、乗り心地が向上した、諦めかけていた毛根が復活した等々、効果がある旨書かれているblogに感化され、久しぶりにホイールバランスを取ることにした。
アホなことにホイール関係の画像データを全消去してしまったので途中経過の画像一切なしです_(:3」∠)_

まずは近くのゴルフショップでウエイトバランスシートを購入。
以前バランスを取った時、反対側に貼ったウェイトは19gだったので、同量のウエイトをリムにペタペタと貼り付けたけど、やはり鉛むき出しはアカンやろって事で翌日ダイソーでカーボンシートを買ってきた。
DSC_0038_R.jpg
これをリムに貼り付けたウエイトの上から更に貼り付ける。
DSC_0037_R.jpg
んーむ、ギリギリセーフな感じ。遠目からは分からんやろ。

次!かねてからの懸案事項だったモッサリ短小80mmステムの件。

CANYONは1”1/4ステムというマイナーな規格を採用してまして、扱っているメーカーが限られておりますねん。
その限られたメーカの内、CANYONの純正はGIANTのOEMで羊羹ステムと言われている通りズングリしててお気に召さない。
つーか今のステムの見た目が気に入らないから変えるわけで選択肢に入らない。
で、リッチーは唯一の1/4ステムWCS 4-axisが生産終了したのか扱っていたCANYONのWEBサイトからも無くなってしまった_(:3」∠)_。
カーボンの4-axisは2諭吉、FSAのステムもカーボン製で3諭吉くらいと、貧乏人の僕にはステムにそこまで出せません____ _(:3」∠)____

もう諦めかけていた私の前に颯爽と登場したのがお財布に優しいシマノプロVIBE。
9月に予約していたモノがやっと届いたので早速取り付け。
DSCF5684_R.jpg
CANYONのAcros I-Lockヘッドセットはステムのコラムボルトを外すだけでステムを取り外しができるので簡単に交換できます。
DSCF5688_R.jpg

ステム付属のグリス的なものをぬりぬりしてハンドルを装着。
前から見た時、ハンドルの白い部分とステムのシルバーのV字の組み合わせがイマイチなので、この部分を隠すようにガーミンさんもセット。
DSCF5698_R.jpg

DSCF5700_R.jpg

あ・・・・あれ?あんまりかっこ良くなったように見えないぞ?
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)