モンベルフロントバッグを装備するのだ

デジイチ持って走りに行くために購入したモンベルフロントバッグだが
①上ハン部分にピッチリ締め付けなければならないので上ハンがイマイチ使えない。
②同じく電アルのサテライトスイッチも使えない。
③走っているとベルトが緩んできて前輪に干渉する
④ブレーキアーチの右側にあるケーブル部分に当たって、取り付けると歪んで見た目が悪い。
等々、問題が出まくりで、しっかりと見た目よく取り付ける為には色々と改良が必要な模様。

まず良くあるのはRIXEN KAULのアダプターを取り付ける方法。
見た目スッキリで取り外しもワンタッチなスグレモノ。
p1.jpg
けどハンドル側のクランプがぶっとくてアンカーの電アルのサテライトスイッチに干渉しそう。

そこで購入したのがこれ。
IMGP7584_result_R.jpg
元々ライトやらサイコンをつけるアダプターですな。
これに自作の20mm×20cmの鉄丸パイプを付けてフロントバッグのベルトを締めてみると、上ハンとのクリアランスはばっちしだ。

しかし、この2本のベルトだけでバッグを支えるのは心もとないのでステーを取り付ける事にする。
テキトーな2mm厚の鉄板に6mmの穴を開け、L字に曲げたモノをブフロントレーキ基部に挟んで固定。
DSCF5655_R.jpg
フロントブレーキ部分に細工をするのは不安もあるけど、ここは自己責任って事で。
これで走行中にバッグがタイヤに干渉することは無くなった。
で、ステーにも6mmの穴を開けてますが、ここに6mmのタップ穴を開けたスペーシアパイプをボルトで固定して、ライトステーになるようにした。
DSCF5664_R.jpg

さて、これでバッチリだと思っていたけど、何度やってもすぐにサイコンアダプターを締めるベルトが緩んでくる。
DSCF5661_R.jpg

そこで、余っていた猫目ライトの取付アダプターを2つ用意してベルトと交換。
DSCF5663_R.jpg
これできっちり固定された。
片方をサイコンのハンドル固定ベルトと交換して 予備のサイコン付けておくのもいいかも。

バッグにはカメラを入れる前提なので、100均の滑り止めマットを2枚重ね、折り畳んで入れているんだけど、これが輪行時、フレームガードにもなるスグレモノですわ(。╹ω╹。)オタメシアレ

前回軽量ストラップにしてデジイチ落っことしちゃった反省から、ストラップはNinjaストラップに戻し、この状態でバッグに入れてみる。
DSCF5658_R.jpg
やはりキットレンズだと入らないので、レンズキャップレンズとしてオールドレンズを付けとく。
DSCF5660_R.jpg
もうこの際だから、以前買ってたどこでもボトルケージにカンザキで買った小さいツール缶も付けてみた。
DSCF5665_R.jpg
これならバックパック背負わずに2泊3日程度の旅行も行けそう。
あとボトルケージに収まる輪行袋があれば完璧やな。
スポンサーサイト

週末ウロウロ

この週末に十津川経由で潮岬行きを目論んでいたものの、前日仕事でワチャワチャとなりまして、就寝したのが午前二時。
で、目が覚めると既に9時。
時間的にも精神的にも遠乗りする気にもなれず、かといってめっさ天気良いので鬱憤を発散させようと近場をくるっと周って来る事にした。
今回はデジイチは持たずコンデジです。
そんなわけでノープランで家を出たら何となく石川CRを遡上してサイクル橋を渡る。
ここまで来たらいつものコース。310号線で金剛トンネルに向かいますねん。
DSCF5627.jpg
ヘコヘコと登っていると、トンネル手前2kmあたりのポイントで 工事中につき片側通行の案内アリ。
交通のおジャマにならないよう、オトコの子ならここは一気に駆け抜けてしまいましょう。
って事で全力スプリントをブチかます。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
・・
・・・アレ?
・・・・長くない?(;´Д`)


お、誘導員のオッチャンやんけ、ゴールやんけ。

うおおおおおおおおおおお・・・・

・・フェイントやんけ、まだ続いとるやんけ。


・・結局工事区間は300mくらいあって、ここで今日の脚は完売いたしました。
DSCF5632.jpg
ヘロヘロになりながらもトンネル手前ですれ違う自転車乗りさんには何事も何事もなかったかのような体でご挨拶して奈良側へ下り、これも定番のyamyam到着。
DSCF5635.jpg

久しぶりに来たけど、バケット系とデニッシュ系が減ってピザとベーグルが増えてるね。

パン2つと珈琲頂いて優雅に過ごし、12時頃店を出る。
DSCF5638.jpg
ふらふらーっと吉野川沿いを走り、吉野神宮を超えた先の橋を渡ったら路地を縫って芋ヶ峠へ。
DSCF5642.jpg
頂上には何やらブキミなギャラリーがお出迎え。
DSCF5643.jpg
いや、こぇぇよ。
これ夜に峠越えてる時に見ると怖いやろな。
んで相変わらず路面凸凹だわコケだわ落石落木ゴロゴロだわの飛鳥側をゆっくりゆっくり下って明日香村in。
DSCF5647.jpg
こないだ来たトコだし、一人で立ち寄るトコもないのでスルーして帰路につく。
いつもなら165号線と平行している旧道で当麻→バイパス→穴虫峠のパターンだけど、たまには違うルートで帰ってみようと思い立ち、飛鳥自転車道使って王寺から帰ってみる。

しかしまあこの自転車道。

*注:自転車道です。DSCF5650.jpg

*注:自転車道です。
DSCF5653.jpg

たまーにとんでもない区間ぶち込んできますな。
そんなこんなで110km走って16時前帰宅。

翌日は奥さんが新しい自転車が欲しいということで東淀川区にあるカンザキまで。
お目当てはブリジストンのマークローザスタッガード。
body5.jpg

外装7段で26インチのオサレ風ママチャリ。
大阪で実車を置いているのがどうもこのお店だけっぽい。
CSIz-vRUsAAcJ11.jpg

奥さん、実物を見て他のクロスにも興味を示すも初志貫徹してマ―クローザを購入する事を決めたけど、お目当ての色がないので取り寄せとなりました。

つまり再度コチラまで引き取りに来なくちゃだわね・・・・。
その後、僕が大阪に出てきて最初に住んだ上新庄界隈、その後転居した天六界隈をうろついて帰宅。
良い週末でしたわ。

モンベルフロントバッグ

ロードでデジイチを持って走る際Ninnjaストラップを使ってたんだけど、今回遠乗りデジイチ持参用にモンベルのフロントバッグを購入してみた。

んで早速canyonに付けてみようとしたらブレーキ・シフトワイヤーががっつり干渉して付けられない。
IMGP7349_result_R.jpg

そんなわけでアンカーに装着しようとすると、ウイングハンドルのおかげでイマイチしっかり装着できない。
加えてハンドル元に付けてる電アルのサテライトスイッチが干渉する
IMGP7350_result_R.jpg

むりやりスイッチ位置ずらして取り付けはしたけど不安なのでこのバッグ付属のベルトでハンドルに固定した。
DSCF5624_R.jpg

これで安定はしたけど、どうもバッグが傾いてる。
DSCF5625_R.jpg

見るとブレーキアーチのワイヤー結合部分がバッグに干渉して傾いちゃってるけど、とりあえずこれで良しとしよう。

バッグの開口部は今の構成であるオールドレンズとの組み合わせであれば、楽に取り出しができるんだけど、Ninjaストラップが邪魔になるのでストラップを軽いものに変えてみた。
バッグの中には輪行で使うすべり止めクッションシートを敷き詰めて振動を軽減、中でガタガタ動かないようにしときました。

これで撮るときはストラップで背負ってた時と変わらない頻度でカメラを構えられるようになりました。
背中も蒸れないし、やはり走るときは体に何もつけないのがいいっすね。

が、走っていると気づかないうちにハンドルについてるベルトが緩んでバッグの位置が下がり、タイヤに当たっちゃう。
一回使うとこんな感じ(´・ω・`)
DSCF5623_R.jpg

で、カメラを取り出すときストラップの取り外しフックが外れて落下(;´Д`)
こんなになりました。
DSC_0528_R.jpg

これはストラップが悪いってんじゃなく、こうなる事を予測できなかった自分が悪いんなや。
まあ基本的にコンデジの延長っつーことで、扱い荒くてもよいようにオクで買ったものなんで良いけどさ(´;ω;`)ウゥゥ

ちゅうわけでこのバッグを使うならもうちょい工作が必要やね。

城崎から竹野海岸へ

明けて日曜日。
7時過ぎに目が覚めたけど、素泊まりでは朝食もございませんので別段やることもございません。
って事で早めにお出かけ。
宿を出ると路面がちょっと濡れてた。
どうも夜半に小雨が降ったようで、空もどんより曇り空。
この時点で今回も早めに輪行で帰ることに決定。
でもまあ、すぐに帰るのももったいないので竹野海岸でも見に行きましょう。

まずは朝の温泉街を抜けまして・・・
IMGP7506_R.jpg
しばらくすると鋳物師戻峠が始まります。
IMGP7511_R.jpg
城崎側からはヌルヌルと登る緩めの峠を4㎞程登るとトンネルが有りまして、そこから峠を下れば竹野海岸到着です。
以前来た時は晴天で本当に美しい海岸だったんだけど、この日はドンより曇り空。
波もやや高めでドドーンって感じ。
IMGP7520_R.jpg
それでもやっぱし日本海は美しいです。

さて、竹野海岸から城崎に向かうにはキツ目なアップダウンをこなしていかにゃならんわけで・・・
IMGP7524_R.jpg
そりゃあ眺めは良いんだけど、こんな感じで上がっては下ってを繰り返しながら進んでいくのです。
IMGP7551_R.jpg
海岸線らしく道は結構キツ目にクネクネと曲がってますので、下りでスピードは出せないのがツライっすね。
IMGP7564_R.jpg
スタートから20㎞程走って城崎まで戻ってきたら、輪行前に地蔵の湯で汗を流して風呂上りにコーヒー牛乳を頂きます。
CQ_4EQUUAAAqFzp_R.jpg
後は城崎から10時38分発の特急で一番後ろの座席を指定してパッキングしたら乗車。
dwada_R.jpg

したら指定した座席の後ろに既に他の乗客のトランクが二つぶち込まれてるやん(´・ω・`)
しょうがないのでデッキにチャリ置いて京都まで。
ここから京都線でのんびりと帰宅。

今回のルートは京丹波から福知山までの9号線が失敗だったなー。
福知山行くなら日生から27号線使って綾部経由で行くべきやね。

城崎温泉一泊旅行

去年の舞鶴から城崎温泉一泊ライドが忘れられず、今年も行ってみることにしたわけですよ。
今回は嵐山からスタート、日生から福知山を経て出石で蕎麦を食って城崎に至るルートで行ってみようって算段ですわ。
って事で6時に家を出てJR・阪急を乗り継ぎ、8時過ぎ嵐電嵐山駅到着。
駅前でパッキングを解いてセッティングをする。
IMGP7351_R.jpg
今回は最初から一泊する予定なので着替えやらデジイチやら荷物もたっぷり、バッグもいっぱいでございます。
IMGP7352_R.jpg
駅前のミニストップで朝飯食ったり、あれやこれやと準備をしたらスタート。
IMGP7368_R.jpg
まずは六丁峠に向かうんだけど、途中嵯峨野界隈で写真なんぞをパシャパシャと撮ったり、通りすがりのカメラ趣味のおっちゃんとお話なんかしてると、峠に突入した時点で既に9時半。
スタートから1時間くらい経っているのに10㎞も進んでいない(笑)
IMGP7377_R.jpg
この六丁峠で亀山に至るルートって眺めが良く、つい足を止めてデジカメ構えてしまう。
まぁ後で見返したら何てことのない「なんでこんな写真撮ったんやろ?」ってのばっかしですが(笑)
IMGP7383_R.jpg
その後下り基調になり、ペースアップ。
このあたりは一直線の田園地帯で走っていると気持ちよかったー。
IMGP7387_R.jpg
って事であっという間に日生ダム到着。
ナニゲにチャリで日生ダムに来た事がなかったのでブラブラと付近を散策したらこの先にあるJR日生駅のあたりで左折して県道80号線、444号線を経由、ローソン京丹波和田店でチト休憩。ここまで50㎞程。
アイスコーヒーとパンを口にしたらそそくさと出発。

前日作成したルートによると、173号線を途中で離脱して9号線で福知山に向かうようになっている。
しかしこの9号線って道幅狭いわ、大型車がバンバン通るわ、おかげで路面がボコボコ波打ってて走りづらいのなんのって( ´Д`)=3

そんなわけでテキトーに交通量の少なそうな側道を選んで入っていく。
IMGP7400_R.jpg
そうして道に迷ってワケワカランとこをウロウロと彷徨いながら時間を潰しつつ福知山到着。
この福知山、古い町並みとかがあって僕好みの町だけど、写真は割愛。

福知山から出石に至るルートも9号線を回避するためにテキトーに路地とか農道走って迷いつつ、426号線に合流したらダラダラとした峠を登っていく。
IMGP7406_R.jpg
スタートからちょうど100㎞くらいで登尾峠の頂上登尾トンネル到着。
このトンネル全長1700mあり、トンネル途中まで登り基調+交通量多めなので今回は向かって右側にある歩道を行きます。
IMGP7408_R.jpg
トンネル抜けてしばらくすると兵庫県入り。
ここから出石川沿いに走る426号線は道幅もあり、路面も綺麗で今まで走ってきた道と比べて格段に走りやすい。
IMGP7412_R.jpg
トンネルから40分ほどで出石町に到着。
この町、あっちもこっちも出石蕎麦屋だらけです。
時間は15時前、腹が減ってしょうがなかったので、目についた蕎麦屋に入店。
イマイチ出石蕎麦の分量ってのが分からないので、店員さんが言う「平均的男性の大盛りサイズ=10枚」から2枚減らして8枚でオーダーしてみた。
DSC_0526_R.jpg
薬味にネギ・わさび・大根おろし・とろろ・玉子があって、ツユを好みに味付けして頂くようです。
あ、ちゃんと蕎麦の香りもして美味しいわここ。
8枚をさっくり頂いて3枚追加で頂きました。
食べた後は出石の街を散策
IMGP7424.jpg
・・と言ってもチャリがあるので街なかをうろつくだけやけどね。
IMGP7438_R.jpg
IMGP7421_R.jpg
出石からは、一直線に伸びる農道を走ったり、円山川の右岸を走ったりして城崎まで。
IMGP7443_R.jpg
17時過ぎ城崎温泉に到着したら駅前の宿泊相談所に直行。
三連休なので心配したけれど、あっさりと地蔵の湯の裏に空き部屋が見つかって一安心。
お宿にチェックインしたら「おみやげ1000円割引券」なるものを頂く。
付近の提携している飲食店でこれを使うと会計から1,000円割り引いてくれるものらしい。
んじゃ、早速晩飯でこれを使おうと思い、夕暮れの城崎にお出かけする。
IMGP7456_R.jpg
まずは城崎7外湯の内、今まで入った事のなかった最後の外湯、柳の湯に入湯し、城崎7温泉コンプリートしておく。
IMGP7488_R.jpg
ここのお湯、噂に聞いていた通り熱くて僕好みでした。 
IMGP7471_R.jpg
風呂から出たら片手にデジイチ、片手に割引券使えるお店MAPを持ってアチコチウロウロ。

しかし、この券が使えるようなお店は殆ど閉まっちゃってる・・・_(:3」∠)_
ので、宿の前にある中華を頂く。CQ8pHlqVEAAZaGa_R.jpg
って、城崎まできて中華かよ!(笑)
IMGP7491_R.jpg
その後また街なかウロウロしたら城崎ビールを買って宿に戻り、一人晩酌しつつ気がついたら寝てた。
IMGP7493_R.jpg
翌日に続く。
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)