春を満喫したった。

朝、目が覚めたらめっさ晴天春爛漫。
いや~こんな天気の良い日に家でぼーっと過ごすのなんて、なんて贅沢なんやろ・・・・今日は家でゴロゴロしよう。

とか思っていたけれど、やっぱし我慢できず昼前にお出かけ。
こないだの湖北ツアーで鈍っていることを自覚したので、活を入れるために今日は山メインで走りに行こう。
まずは葡萄坂。
DSCF4854.jpg
ここに来るのも久しぶりやけど、めっさロード乗り多いっすな。
まずは最初の墓地を超えた先のヘアピンでカップルをパス。

したのはいいけれど、最後のつづら折れ手前でさっきパスしたカップルに軽く抜き返される(´;ω;`)
あかん、もっと鍛え直そう。

今回はノンストップでのどか村からフラワーロードへ。
DSCF4859.jpg
このへんも自転車で走るのって本当に久しぶりやね。
DSCF4860.jpg
フラワーロードで近鉄東山駅まで来たので、ふと以前通りがかった308号線沿いにあるパン屋に行ってみようと思いつく。
その時は車で東側から通ったんだけど、えげつない道だと思ったんだよね。
DSCF4867.jpg
で、今回は西側から行ったんだけど、いきなりコンクリドーナツ路面がお出迎え。
こうして写真で見るとただの平坦にしか見えんけど、結構エグい斜度なんやで?

つーか斜度があるのは当然やけど、この狭い道幅で左右に葉っぱが堆積してて、まともに走れる部分は更に狭いわけで。
しかもこの道、腐っても国道なわけで、それなりに交通量もあったりする(;^ω^)

なので、最後のエゲツナイ斜度の部分は後ろから車が来ないか、気配を確かめてから一気に登る。
斜度は青谷の激坂1割増しで距離1割減って感じでしょうか。
帰って調べたら、この峠は榁木峠って言うらしい。
DSCF4873.jpg
さて、辿り着いたパン屋さん。308(サンマルハチ)
DSCF4875.jpg
シャレオツな店内でチョコとカレーパンとレモンピール、くるみレーズンをお買い上げ。
このお店のベーコンエピが絶品と後で聞きはしたけど、またあの坂登っていくことを思うと躊躇しますな(笑)
DSCF4885.jpg
CBKMF4oVEAAhaMn.jpg
とりあえず東側に下山して大和郡山から奈良自転車道で秋篠川沿いを走って無鉄砲しゃばとんでラーメンを食べてみる。
んーむ・・・・やっぱし太麺は僕には合わんかった。次は細麺で頼もう。
CBKQKM4UkAAlKY2.jpg
CBKQJO2VEAAl_F0.jpg
食べ終わったら再度秋篠川沿いへ。
公園でさっき買ったパンを食べながら桜を眺めて春を満喫したら帰途へ。
いつもの奈良自転車道で帰るところを今回は三郷の手前から信貴山を登って葡萄坂を下るルート。
DSCF4891.jpg

CBKn8YnUsAAwwOq.jpg
来る時には気にしなかったけど、葡萄坂の麓に桜が咲いとった。

今回、距離は60km程だけど、ちゃんと1200m登ったので良しとしよう。
スポンサーサイト

長浜から鯖街道経由で三方五湖~敦賀

以前より食べてみたかったB級グルメ、それが福井のソースカツ丼。
ブルベやら何やらで敦賀を通過する機会は何度もあったけど、食べ損なってた一品。
今回はそれを食べるべくツアーを組む。
いや、どうせなら奥琵琶湖・日本海側・三方五湖も組込んで、イイトコドリツアーにしてみよう。

そんなツアーに参加していただいたのは岩ちゃん、じぇいけぇさんと、岩ちゃんの知合でロード始めてまだ半年のW田さん。
7時にJR久宝寺駅に集合し、車載したら一路長浜まで。
途中渋滞に巻き込まれながらも予定通り10時過ぎスタート。
DSCF4788.jpg
追い風気味なのか、気持よくスピードも乗ってあっという間に賤ヶ岳の定点ポイント。
ここでは足を止めて記念撮影とかしちゃうよね。
DSCF4789.jpg
そこで同じく休憩されていたビワイチ中の方のプジョーです。
僕らより年上のようですが、大津付近在住で年に14回ビワイチしてるそうで、クロモリのプジョーばかり6台集めてるそうな。
んむー、ホリゾンタルのフレームにチネリのメッキステムが美しい・・・。
DSCF4791.jpg
プジョーさんとお別れして賎ヶ岳を下っているところでW田さんパンク。
なんやかんやで修理を終えたらいつものルートでビワイチのメインディッシュである梅津大崎を流す。
DSCF4798.jpg
マキノの手前にある観光船乗場前のトンネルを抜けた瞬間、飛び込んできた景色に思わず「おおっ!」と声を上げてしまった。
湖面沿いに並ぶ桜、広がるマキノの町並み、その背景に冠雪した比良山系。
この画像じゃ伝わらないけど、素晴らしい、素晴らしすぎるわ。
尚もサイクルコースに沿って走ったら近江今津の手前で右折、県道534号線を北上して山ルートへと入っていきます。
途中牧歌的な風景が広がり、ここもええコースやね。
DSCF4810.jpg
534号線から303号線に合流したらユルユルとした登りに入ります。
ここはそれなりに交通量多いので、4人がバラけるよう、それなりに踏んで峠を越える。
峠と言っても、かなり緩~いので、まったりと走るのにも良いルートですね。
峠を下る途中にある道の駅で4人揃ったら、道の駅の向かいにあるSabaCafeで昼ごはん。
DSC_0166.jpg
ここには焼鯖をパンで挟んだ「鯖バーガー」なるモノがあると聞いていたのだ。実際は「鯖サンド」だったけどね!(///)
鯖寿司は他のお店でも食えるけど、鯖サンドはここでしか食べられんやろって事で全員鯖サンドをオーダー。
天気も良いので、店外の席で待つことしばし、やって来ました鯖サンド。
DSCF4815.jpg
第一印象は「デカッ!(笑)」思った以上に大きくてボリューミーです。
んで肝心のお味は・・・・「何これ美味しい!いや、マジで!」

いやね、当初全然期待してなかったのよ。

ご当地名産品を使ったメニューって「○○アイス」とか、「○○うどん」とか「○○ラーメン」とかさ、別に特産品混ぜこんだり、代替品で使ったりせんでも良いやろ。いや、むしろ混ぜない方が美味いやろ。っていうモノが多い中、この鯖サンドも同様の所謂イロモノ的なモノと思ってた。
その予想を大きくひっくり返し、これは美味い。マジで美味い。また食いに来たいって味。
DSCF4832.jpg
お腹も満足したら、せっかくなので向かいにある熊川宿を通ってみる。
ここも雰囲気があって良いですなあ・・・(´∀`*)
時間があればゆっくり散策してみたいですわ。
次は303号線で小浜に向かう途中で県道218号線に入り、田園地帯を一直線に走る22号線北上。
DSCF4837.jpg
最後にちょこっと峠っぽい坂を超え、トンネル抜けたら日本海ー。
ここから三方五湖までは162号線でリアス式海岸特有の細かいアップダウンを越えていき、三方五湖に突き当たったら左折。
216号線で梅咲きほこる水月湖の北側を走るブルベルートへ。
DSCF4839.jpg
海岸線のアップダウンが堪えたのか、ここで岩ちゃんが休憩所望。
ああ・・・目が死んでる(笑)
DSCF4847.jpg
三方五湖有料道路との分岐点先にある遊覧船乗場のちょい先を右折、ここから近畿自然歩道に入って行きます。
交通量ほぼ皆無なのが良い反面、落石落木で路面は荒れ気味。
それでも道の両側に梅が咲く水月湖の湖面間近を走るルートは最高だ。
この水月湖パートを抜け、そのまま近畿自然歩道を進む・・・・ごめん、ミスった。
ブルベでは214号線で日向湖方面に抜けてたんだ。

おかげで路面はドロドロのビチャビチャのコースを走ることになってしもた(_ _;)
DSCF4848.jpg
このドロドロ区間を抜けると、いきなり舗装された水っぺりを通るルートに出て一安心。
そのまま214号線を走り、美浜のファミマで休憩タイム。
甘いもの補給で、まるごとバナナとみたらし団子をモグモグ。

ここから敦賀まで予定では27号線を佐田交差点で左折、水晶浜やダイヤ浜、敦賀原発眺めつつ馬瀬峠を超えて敦賀inで約20kmってとこなんだけど、時間は16時半、日没の時間を考えるとショートカットしたほうが良いやろって事で関峠経由で敦賀へ向かうことに。
関峠はブルベで走ったけど、交通量多い割に路面幅が狭く、ダラダラと続く嫌なルートだった記憶があったんだよね。
でも峠越えなきゃしょうがない・・・と金山バイパスの入り口を超えたところに「自転車・歩行者はコッチ」的な看板を発見。
看板に従って進んでいくと、バイパストンネル横にある歩道への入り口にたどり着き、そのまま突入。
DSCF4849.jpg
トンネルは約2km程とやや長いけど、ほぼ直線で下りペースなので、あっという間に敦賀到着。

到着したはいいが、当初予定していなかったルートなので敦賀市内で道に迷う(_ _;)
どうにかこうにか17時半に辿り着いたのが今回メインの目的、ヨーロッパ軒
ヨーロッパ軒は敦賀内に5店舗有りますが、帰りの輪行を考えて駅前店にしました。

待つことしばし、やって来ましたソースカツ丼。
なるほど、こりゃ美味しいけど想像通りのお味やね。
DSCF4853.jpg
もう満腹になった腹を抱えて敦賀駅に着いたらササッとパッキングして敦賀始発の快速に乗ったら長浜までは40分程。
DSC_0172.jpg
長浜駅で再度組立、デポ地まで戻ったら、そのまま高速で大阪までビューンとね。
皆さんお疲れ様でした。

いやー、我ながら今回のツアーは素晴らしかったわー。

小旅行で湯村温泉~出雲大社~松江の旅

自転車関係なし。夫婦旅行で山陰旅行の旅日記なんで例によって読み飛ばし推奨。
DSCF4603.jpg

続きを読む

ツールド紀伊 伊勢志摩エリア

今日はじぇいけぇさんと一緒にツールド紀伊の伊勢志摩エリア潰しに行っちゃうよ!
7時に大阪を出て、伊勢街道をトロトロ走り、伊勢市駅裏の駐車場に車を置いたら11時スタート。
予報では最高気温は9度で冬に逆戻りって聞いててたけど、スタート時にはお日様サンサンのポカポカ陽気。
こりゃ良いサイクリング日和になりそうやで。
DSCF4529.jpg
スタートしてすぐ第一スタンプポイント 外宮前観光案内所 どれが外宮前観光案内所か良く分からんけど、赤福外宮前店のあたりでスタンプはゲットでけました。
DSCF4531.jpg
次の目的地、内宮前 美し国観光ステーションまではすぐ。
あ、見た目より利便性優先って事でやっぱしハンドルにはミラー付けました。
DSCF4536.jpg
昼飯に赤福ぜんざいとか、伊勢うどんとか食べていこうかと思ったけど、おかげ横丁の人の多さを見て諦めた我々はスゴスゴと鳥羽方面に向かうのでした・・。

伊勢を出て、近鉄電車と平行して走る県道37号線を42号線に突き当たる池の浦の手前で右折。
交通量多くて路肩が狭い42号線を回避して寂れt趣きのある町並みを抜け、近鉄中之郷駅のあたりから42号線に合流したら追い風に乗って海岸沿いを快走。
県道750号線に入り、アップダウンが始まっても、この追い風は吹き続け、気持ち良ーくパールラインを走る。
DSCF4543.jpg
途中あちらこちらで牡蠣小屋があり、食べ放題とか詰め放題の看板が出てる。
でも食べ放題とか行っちゃうと、僕はほぼ間違いなく限界を超えて食べるだろう(笑)
今回の目的は牡蠣じゃなくてスタンプのコンプで、まだ行程の3割も進んでないですしね。
DSCF4547.jpg
そんなこんなで3つ目のスタンプポイント鳥羽展望台到着。
運が良ければ富士山を拝むことができるらしいんだけど、見れる確率は「11~4月の半年間で15回くらい」だそうですわ(´・ω・`)
それはそれとして、やはりそこは展望台って事で見晴らしは最高です。
DSCF4552.jpg
時間は13時、ちょうどお昼には良い時間。
そこで展望台内にあるヴィスタ・マーレさんでたこ飯御膳を頂きます。
ちゃんと牡蠣フライも付いててエエカンジです。

めっさここでまったりしてしまい、14時頃再出発。
次の目的地である相差に向かうため、パールロードから一気に海岸線に下り、細かいアップダウンのある750号線を30分程走ったら、相差海女文化資料館到着。
DSCF4556.jpg
なにやら賑わってて、駐車場には「石神さん」の立て札がある。
なんじゃろね。って事でじぇいけぇさんと行ってみることにした。
小粋なカフェ的なお店が並んだ参道を進んだ先に鳥居があり、神明神社と書かれている。
DSCF4561.jpg
参拝客の9割型は女性な上、このナリで自転車置いて参拝しに行くのもナンなので、写真撮ったら折り返し。
帰って調べたらこの神社、「女性の願いならひとつは必ず叶えてくれる」というパワースポットの模様。
DSCF4566.jpg
さて、ここから最後の目的地である志摩町までは40㎞弱。
県道47号線っていうこんな感じのルートを走り、スペイン村からは去年のブルベルートで大王まで。
大王までは尚も追い風で高速巡航、大王からは260号線バイパス使って最後のスタンプポイント 海女小屋体験施設・海女資料館到着ー。
DSCF4569.jpg
って施設は閉まってて誰も居ない、何も無くて寂れまくってる(笑)
DSCF4568.jpg
施設の窓越しに何枚も貼られている、海女萌えキャラの蒼志摩メグさんのポスターが余計に寂しさを増長させとるね。
DSCF4571.jpg
とにかくこれで伊勢志摩エリアはコンプリート。
来週・再来週と予定のある僕は、この3箇所コンプで終了やね。
次回やる時はもっと早くから動くようにしよう。
DSCF4572.jpg
海女小屋体験施設・海女資料館の前に広がる阿津里浜は非常に美しい海岸で、夏場は海水浴客なんかで賑わうんやろなあ。
あの施設も夏場は大賑わいだんだろね。
DSCF4576.jpg
目的を果たした我々は260号線で鵜方まで走り、パッキングしたら近鉄特急で伊勢市駅まで。
駅からデポしてる駐車場はすぐなので、そのまま車に積み込み、伊勢を後にしたら、大阪で晩飯食ってじぇいけぇさんを送り届け、23時帰宅。
今回のサイクリングは走行距離98㎞で獲得標高は1200m。
ちょうど良い感じの距離で満足というか、充実しすぎですた。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 10月 【5件】
2017年 09月 【5件】
2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)