スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三国林道ポタ

29日走りに行こうと思っていたら、どうもその日はほぼ確実に雨らしい。
んじゃ今日走りに行っておこうと思いたったのが朝8時過ぎ。
そこからブルベ仕様のままだったRFXを元に戻し、準備をしていたら10時になってた。
今日はあまり遠出出来ないので今日はのんびりポタ気分。
最近耳にした三国林道なるルートを走りに行ってみよう。

まずは25号線から奈良自転車道で木津CRまで。
この日のウェアは上下半袖ジャージにアームカバー、レーパンの上にクオーターパンツ。これが思った以上に暑いあせあせ(飛び散る汗)
先週ブルベで凍えていた事を思うと、本当に寒暖の差が激しい季節だね。

木津CRからいつものように和束川沿いに遡上して、12時過ぎローソン和束店到着。
この先の林道で補給は期待しないほうがいいだろうと、お茶と補給用のパンを買っておく。
お茶を一口飲んで、残りをボトルに入れ・・・あれ?
DSCF3101.jpg

ボトル忘れとる・・・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

しょうがないのでジャージのポッケにお茶とパンを突っ込み、ジャージに入ってたモノ一式サドルバッグに詰め込む。
今日付けてきたサドルバッグは容量に応じて伸縮できるタイプなんで、入ると言えば入るんだけど、これがどうにもカッコワルイ。
いや、誰も見てないんだけどさ、自分の美意識として許せないレベル。
DSCF3107.jpg
さて、まずは和束ローソン前の交差点を南に向かう。
丘を超えると集落があり、その先に三国林道起点の道標がある。
ここを左折すると登りの始まりです。
DSCF3118.jpg
斜度は体感で3~5%くらいかな?とにかくダラダラと登っていく。
途中、茶畑越しに和束の集落が見えたりして、眺めもよいですなあ。
DSCF3122.jpg
茶畑ゾーンを超えると本格的に林道スタート。ところどころ砂利や砂が浮いてるカーブがあるけど、基本的に路面は綺麗です。DSCF3130.jpg
アップダウンを繰り返しながらしばらく走っていると、木々の切れ間切れ間から山々が見渡せるんだけど、これがまた綺麗。
時折立ち止まって写真なんぞを撮ったりするわけですよ。DSCF3128.jpg
途中、童仙房の集落を越え、野殿ってトコにたどり着く。
DSCF3154.jpg
ここを一旦右折して、すぐ左折すると再度三国林道へ突入。
ここから4km程走った先に伊賀盆地を見渡せる東屋があったんだけど、先客の御一行様達がお食事中だったので、ちょっと離れた所で自転車を止めて一服する。
DSCF3166.jpg
こりゃまた良か眺め。
DSC_0016[1].jpg
尚も下っていると 三国超えの石碑(?)があったので、ここで撮影しようとしたらデジカメの電池が切れちゃったので、以後スマホ画像となります。
DSC_0019[1].jpg
その後もズンズン下っていったらT字路に突き当たった。
道路脇に三国林道起点の道標が立ってるところを見ると、ここで終点らしい。
・・・てかココドコー?たらーっ(汗)

スマホで現在位置を確認したら、伊賀の西っかわにある島原って辺りらしい。
麓まで下って、関西本線の島原駅から輪行ってのも考えたけど、せっかくだからブルベルートを戻って帰ろうと、左折して再度登り始める。
DSC_0020[1].jpg
しばらく道なりに走っていると、御斉峠から折りてくる交差点を発見。
この交差点を左折、タラオCCを目指して御斉峠を登ります。
イメージ的には奈良側からの金剛トンネルルートっぽいけど、距離も斜度もこちらのほうが緩め。
アウターだけで十分っすよ。
DSC_0037[1].jpg
三週連続の御斉峠通過ー。
DSC_0044[1].jpg
ブルベコースに従って信楽は回らず、森林公園前に出るルートから和束川沿いを下り、加茂まで。
16時半、加茂に到着。

なんとなく今日は輪行で帰る事にしたら、環状線の線路内に立ち入った奴がいるとかで電車が遅れてて、自走で帰ったのと帰宅時間は、さほど変わらなかったのであった・・・。

距離:115.47 km
タイム:5:20:06
平均スピード:20.6 km/h
高度上昇量:1,118 m
カロリー:4,665 C
平均気温:24.3 °C
スポンサーサイト

ほぼスマホ

既に1月近く経ってはいるのですが、スマホを買い足しました。
スマホと言うかほぼスマホ。近頃噂のMVNOってやつ。
IMGP3779.JPG
僕のスマホはHTCの001HT。発売されてはや4年、操作性は問題ないとして、とにかく電池が持たない。
1,230mAhという、今ではお話にならないレベルのバッテリー容量で、スマホサイズのモバイルブースターを持ち歩かないと使えないというシロモノたらーっ(汗)

あと、自宅も会社もwifi環境で、通勤時間片道10分の僕が、出先でスマホいじってネットするのって、走りに行った先でツイッターするくらいだけど、毎月パケット代で5,000円以上ってのも馬鹿らしい。
友達いない僕にかかってくる電話もないし、奥さんとはライン電話で十分だし。

って事で、当初スマホからガラケーに戻して、安SIM買って001HTにつっこもうかと思ってたんだけど、001HTのバッテリーのこと考えると、外出の際スマホとモバブーとガラケーを持ち歩く事になっちゃう。
白ロム買おうかとも思ったけど、それなりの値段するし・・・と、思ったところに Biglobeのほぼスマホ なるものを知る。
月3,000円で通信費と端末本体がセット、2年後には通信費の980円のみになる。

端末はシャープのアクオスフォンSH90B、SH-06と同じ端末でIGZO液晶搭載。
バッテリーは2600mAhで、充電しなくても2日もつらしい。
ジャスコも同様の価格帯で同じ事やってるけど、端末がNEXOS5って・・・・サムスンはイヤだしなあ。

で、使いまくってるんだけど、バッテリーもちまくり。充電しなくても2日余裕。
画面明るいので昼間にナビとして使用することも出来る。
画面が4.8インチとデカイのが良くもあり悪くもあるんだけど、もう慣れた。個人的にはIpoheの4.3インチ程度の大きさが良い。

ちなみに、アマゾンでSH06の白ロムが3万で売ってますので、これに月900円のSIMさせば、ほぼスマホより安くはなるんですけど、ほぼスマホは050で始まるIP電話サービスが2年間無料で付いてくるので、本当にスマホのように使用できるのです。

今回のブルベには、ほぼスマホだけ持っていったんだけど、インストしたルートラボビュワーが無かったら確実にDNFでしたわ。
そんなこんなで、ほぼスマホ。オススメです。

なんかBIGLOBEの広報みたいになっちゃったな。

BRM419京都400㎞後編 やっとこゴール編

ここからは全く土地勘の無いルートをスマホのルートラボビュワーだけで、現在地と予定ルートを時々確認しながら走る事になるんだけど、まずは37号線に出るため伊勢市内でで迷う。あせあせ(飛び散る汗)
37号線に出れば当分道なりに走る。予定では櫛田交差点を左折して伊勢街道に入るのだが、これまた行き過ぎてしまい迷う。
なんとか復帰したところで、前走のブルベライダーと信号で一緒になったので、付いて行かせてもらえるようお願いする。

おかげで無事PC5サークルK久居庄田店に到着。
時間は2時前、さすがに眠くて仮眠を取るが、20分ほどで目がさめたので出発。
次のPC、サークルK伊賀阿山店の場所は分かっているし、ルートも簡単だ。
まずはグリーンロードから163号線に合流したら長野峠を超える。
DSCF3088.jpg
峠の頂上にある長野トンネルは全長2㎞近くあり、単調で走っていると眠くなってきてしまい、退避所でまた仮眠を取る。

このトンネルを出た後、延々と下っていると、平田交差点で目の前を走っていたブルベライダーが落車した。
幸いバイクも体も無事のようで何より。
どうも一瞬寝てしまったとの事で、少し仮眠をとることを勧めたけど、「ここで寝たら寒くてヤバそうなので、我慢して走る」とのこと。
そう、時間は4時前。やたら寒いのです。
僕も既ににアームカバーを付け、ウインドブレイカーを羽織って完全冬装備なんだけど、それでも寒い。めっさ寒い。
冬用のグローブ付けてるけど指がかじかんで、吐く息が白い。

4時40分、PC5サークルK伊賀阿山店到着。
お湯を入れるタイプのカップスープで暖を取り、さあ、ラストスパート行ってみよう。
DSCF3089.jpg
PCを出て、信楽に向かう途中で夜は開けてきた。
桜峠の温度計の表示は5度、基本登り基調なので体が冷えることもなく信楽in。
DSCF3093.jpg
この頃には完全に夜は明けた。

ここからはほぼ日常のルートで、「あとは山を下ってゴール」って気持ちとは裏腹に、あまり走らない307号線が思ったよりアップダウンがあって辟易。

宇治田原からは宇治川ラインに周り、宇治から意味なく琵琶台を登り降りして、ついにゴールイン。
セブン-イレブン久御山狭山店。
レシートの時刻表示は7:28、スタートが7:30組なので23時間58分ですね。

セブン-イレブンでホットコーヒーを飲み、受付のジョイフル京都久御山店にブルベカードを提出しに行く。
せっかくなので何か注文しようと思ったけど、ついさっきコーヒー飲んだところなので軽く朝の豚汁定食なんぞをね、頂くわけですよ
DSCF3097.jpg
周りには朝からステーキっていう猛者もいましたがたらーっ(汗)
しかし、最後がファミレスってのは、そのまま寝てしまいそうになっていかんね。

8時半頃店を出てデポ地まで戻り、帰路に着く。
10時前には帰宅して風呂に入った後は車にバイクを積んだままオフトゥン直行。
しかし、今回は反省しきりのブルベでした。

BRM419京都400km 中編 (非日常にも程がある編)

夜になっちゃったけど、残り200kmを切ったと思うと、なにやらやる気が湧いてきた。(笑)
そう思い、張り切ってスタートしたらいきなり道を間違えて坂崎ってとこまで来てしまい、さっきのファミマまで折り返す。

ガソリンスタンドの横に街灯も目印もない、細い路地のような道があるけど、どうやらこれが正規ルートらしい。
キューシートには 「ファミリーマートとガソリンスタンドの間の激狭の道に入る熱帯らし密林のような道を入って行く」 と書いてはあるけど、何しろ本当に真っ暗で、ライトが当たっている範囲以外は何も見えない。
こんなトコでパンクとかしたら怖すぎておしっこちびるわ。あせあせ(飛び散る汗)とか思いながら無事県道61号線に出た。

しばらくすると僕の後から2人組のブルベライダーの方も密林から出てきた。
こう暗くちゃEDGEのルートガイドも見えないので、この方達に付かせて頂く。
しかし、付いて走っている途中でヘルメットにライト付けてるので、点灯すればEDGEのルート表示も見れる事に気づくのだった・・・。

そんなこんなでPC3大王崎灯台到着。
するとスタッフの方が、「せっかくなのでこの上にある灯台見てきて下さい(ニッコリ」と言うことで行ってみたら、灯台までは激狭&急坂やん(笑)
DSCF3079.jpg
真っ暗で何も見えんけど、記念撮影。
DSCF3077.jpg
見事なくらい何も写っていないけど。
PCまで折り返し、さっきのファミマで買っておいたおやつの菓子パンと缶コーヒーでまったりしつつ、スタッフの方とお話してスタート。

次の通過チェックである南伊勢までの260号線はアップダウンも少なく快適。
道脇に自転車道があるけれど、暗くて路面の状況がわかりづらいのでそのまま車道を走る。
鵜方を過ぎ、17号線を走っているとEDGEが「ピー」とか言い出した。
見るとBatterieLow云々というメッセージが表示されている。
あれ?給電ケーブルつないでるのにおかしいな。

で、再度ケーブルをつなぎ治すと画面に充電中の□マークが表示されるのに充電されない。
ちなみにこの時、僕は県道112号から152号に行かなきゃならないところを、そのまま112号で山の中に入って来てしまっているらしく、民家も街頭も交通量も無い真っ暗な山道で途方にくれている最中たらーっ(汗)

どうしたものかと悩んでいると「ブビーイイイイイイイイイイイイイイイ」とか雄叫びを上げながらEDGEの電源は切れてしまった。

おいおい、こんなトコで切れるなよおおおおおおおおお。
なんか道路脇でガサガサ言ってるし、どこからか「チャッチャカチャッチャカ」って獣の足音してんぞおおおおおおおおお。
とりあえずきた道を折り返し、ブルベライダーと思しきテールライトを発見して152号に復帰。

21:30なんとか通過チェック サークルK 南勢五ヶ所浦店到着。
買い物しようとヘルメット取ったら昨日電池交換したばかりのテールランプ(CATEYEのNIMA)も切れてた。
以前も同じように一日で放電していたので、もうEDGEと同じく取り外し、サドルバッグに放り込んだ。
ついでにヒビの入った肘パッドも基部ごと取り外す。
DSCF3082.jpg
そうこうしていると、ここでもお店に来る人の「みんな何してるの?どこまで行くの?」というお約束のやりとりをし、
その方が「この後、剣峠超えるんですか?サファリパークですよ?」と言われるが、この時にはピンとこなかった。
まあ、暗くて狭い峠なんだろうな程度に考えてましてん。

で、休憩を済ませ、いざ剣峠に入っていくと

想像の遥か斜め上だった。

街灯が無いのは当然だけど、落石落木当たり前、あちこちのしげみからガサガサって音と、時折聞いたこともない鳴き声が聞こえてくる。
これ、日中でも殆ど往来なんてないんじゃないのか?
当然ライトで照らされている部分以外は真っ暗で、つづら折りになってる急勾配のカーブなんて一瞬道が消える感覚に襲われる。
つーか、なんででっかいタヌキが僕の横を並走してくるんだよ(笑)

キューシートには※※ 心せよ 神域である ※※と書いてるけど、神域みたいな厳かな雰囲気とかじゃなく、色んな意味で怖いです。ヘタしたら死ぬコースです。マジであせあせ(飛び散る汗)

あまりにも一人では心もとないのでとにかく前走者に追いつこうと、結構まじめに登り、やっと前走者のライトが見えた時の安堵感と言ったらもう(笑)
追いついたライダーの方に一緒に走らせてもらえるようお願いすると「前へどうぞ」と僕を先行させてくれたのですが、この方のライトがバイクのヘッドライトのように明るくて、ものすごく助かりました。本当に感謝です。

そんなこんなで登りはまだ良かったんですが、問題は下り。
この峠、全長約20km、そのうち下りが約14km。
こんな路面だからずーーーーーーーーっとブレーキ握りっぱなしで手が痛くなったよ。
やっとこさ峠を抜け、23時頃伊勢神宮内宮到着。
DSCF3083.jpg
さあ、残り130㎞だよ!。

BRM419京都400前編 (とっても天国篇)

朝6時、京阪八幡市駅前駐車場に車をデポし、スタート地点の久御山中央公園に向かう。
DSCF2953.jpg
今日の服装は、先週も寒かった経験から冬用ビブタイツに、上はユニクロのシルキードライシャツ+半袖ジャージ+裏起毛の長袖ジャージ。
アームカバーとウインドブレイカーはサドルバッグに入れて、グローブも冬用長指タイプ。
暑けりゃ脱げばいいけど、寒いのはどうしようもないですしね。

スタート地点に着いたらさっくりと受付を済まし、ブルベカードを受け取ると、お久しぶりのバッシーさんに挨拶。
先週フレッシュ走ってたってのに元気ですなあ。
そしてこれまた一年ぶりにHりさんにもご挨拶。
僕が年に一回くらいしかブルベにに出ないので、お二人と合う機会があるのも年に1回くらいですね。
DSCF2954.jpg
7時スタート組を見送ったら、僕達7時30分組の車検とブリーフィング開始、そしてスタート。
スタートから井手までは交通量が多い20号線を走る事になるので、集団にならないよう僕は皆が出て行くのを待って最後尾でスタートです。
DSCF2957.jpg
交通量が多い22号線を走り、木津川を渡ったら井手町から大正池を抜けるルート。
和束方面からは何度か通る事はあったけど、逆コースは初めてで新鮮ですな。
DSCF2976.jpg
和束のローソンで通過チェック、ボトルに入れるお茶と、走行中の気を紛らわせるハイチューを買ってさっさと出発。
先週下見に来た御斉峠の絶景ポイント前でスタッフの方が通過チェックをしていた。
キューシートに書いていないけどシークレットポイントってやつかな?
DSCF2983.jpg
御斉峠を下って気持よく伊賀コリドールロードを走っていると、前方から走ってきたロード乗りの方が折り返して、話しかけてきた。

ロ「なんかいっぱい走ってますけど、みんな何かのイベントですか?」
僕「ブルベですねー。みんなで長距離走るイベントです。」
ロ「へえ、どこからどこまで走りはるんですか?」
僕「京都をスタートして三重の大王崎まで行って帰ってきます」
ロ「大王崎って、あの三重の端っこですか?」
僕「ええ、400kmくらいですね」
ロ「へええ・・・・・・・・気ぃ狂ってますわ」
僕「ありがとうございます(笑)」

そんなやりとりを交わし、あっという間にPC1ローソン名張桔梗が丘六番町店到着。
ここまで80kmで時間はちょうど12時過ぎのご飯時。
DSCF2989.jpg
この先休憩ポイントも少ないので僕もお昼ごはん。鳥なんたら弁当と薄皮クリームパンを買い、パンは2つほど食べたら残りはジャージに入れとく。
この先の368号線は初めて走るルートなんだけど、ひなち湖から名張川に沿って走るルートで山の稜線なんかがとても美しく、道も綺麗で本当に気持ち良いルート。
DSCF3011.jpg
また走りに来よう。
DSCF3015.jpg
道の駅美杉を超えると勾配が上がり始め、仁柿峠に突入する。
で、この仁柿峠の下りって
DSCF3028.jpg
こんな感じで道幅が狭く、所々で車の離合のため足止めを食らう。
そんな仁柿峠を抜けると、166号線にぶち当たる。

Edgeのルートガイドでは166号線にぶち当たったら右折し、道の駅茶倉の先を左折、368号線から桜峠を超えるというルートを示しているけど、道の駅茶倉の前の信号に引っかかった際にスマホに入れたルートラボビュアーを見ると、突き当りを左折と出ている。
キューシートも左折と書いているけど、今更戻って、交通量多くて道幅が狭い166号線を走るなら、もう桜峠越えてしまおう。
DSCF3035.jpg
って事でそのまま368号線を走り、朝柄で元のルートに合流、そのまま368号線を走る。
次に一瞬42号線を走ったら神田の交差点を左折し、県道709号線に入るところを行き過ぎてしまい、次の辻を左折。
「あ、また間違えた」と思いつつ、地図を見ると間違って入ってしまったコースも、そのまま走っていれば正規ルートに合流するようなので、そのまま走っていた・・・ら、なんかとんでもない方向に来てしまったので、結局新田の交差点まで戻ることにする。
DSCF3036.jpg
その後は宮川沿いに709号、119号、38号、65号と県道を走り、宮川を渡ったら22号で津村町交差点まで。
その先は市道を走り、外宮のちょい南側、伊勢市庁舎前に出るんだけど、なんだか太腿の裏辺りに何かが当たる。

DSCF3038.jpg
シートポストを見てみると、自作したオルトリーブのシートポスト延長アダプタが外れてボルトだけが飛び出してる。
しょうがないのでオルトリーブの取り付け位置を一番サドル寄りにしてバランスを取る。
サドル下のアダプタだけで支えるようになってしまったけど大丈夫なのか・・・・たらーっ(汗)
それより、太腿に干渉するからって理由で延伸させてるのに、これだとペダリングの毎にがっつり太腿に当たっちゃうけどしゃーない。

16時 伊勢内宮近くのサンクス五十鈴川店到着。
ただでさえ土曜日は観光客のおかげで忙しいところに、ブルベライダーが押し寄せて店員さんも大変だ。
ここでとりあえず何か食っておこうとサンドイッチとコーヒーでおやつを頂く。DSCF3040.jpg

目の前に赤福五十鈴川店があるんだから、ここは赤福食べておくべきだったと反省しつつ鳥羽に向かう。
近鉄と並走する県道37号線で42号線に突き当たったら南下したら鳥羽。自転車で来るのは初めてだ。
DSCF3041.jpg
鳥羽から少し走るとパールライン。
伊勢のリアス式海岸を眼科に眺めながら走る、とても快適なドライブコース(はぁと
でも、200km近く自転車で走ってきた身には景色を楽しむ余裕なんぞない(笑)
DSCF3061.jpg
上って下って25kmのパールロードを走っている途中、ふとハンドルを見ると
DSCF3060.jpg
DHバー右側の肘パッドの基部が割れとる(´゚д゚`)
どうしようもないので、とりあえず途中のCPまではこのままで行こう。

18時半頃、通過チェックのファミリーマート磯部坂崎店に到着し、カレーヌードル食べてる間に完全に日が暮れた。
DSCF3070.jpg
ここまで223km、残り約180km。

さあ、地獄の始まりです。

DHハンドルとかオルトリーブとか改造してみる。

ブルベに向けて土曜日走ってみて色々と気になったところをいじっていく。

まずはDHバー。
風対策として効果はありそうだけど、肘パットがあるので上ハンが使えない。
DSCF2922.jpg
つまり上ハンポジションをスポイルして代わりにDHポジションになるだけで、長時間ライドの際、ポジションを変えて身体への負担分散って目的には沿わない。うん、そりゃそうだよね。買う前に気づこうね<俺。

あと、僕はハンドルにバックミラーを付けていて、頻繁に後ろを確認しながら走っているんだけど、DHポジションになると全く後ろが見えない。むしろDHポジションの時の方が後方確認が必要なのにね。

次にスマホホルダー
位置的にはベターなんだけど、ダンシングの際、膝に当たる。
スマホ取り付けるアダプタをDHバーに付けてるのを、もうちょい前方にズラせば良いんだけど、肘パッドが干渉しちゃう・・・・。

って事で肘パッド問題を解決しようと思う。
とりあえず一番簡単なのは肘パッド台座ごと外してしまう事。
DSCF2928.jpg
これでも問題なさそうだけど、やっぱし肘部分にクッション欲しいよなあ・・ってことで肘パッドを付けたまま、下ハンも握れるよう工作してみる。
DSCF2932.jpg
で、今回コーナンプロで19mm厚の角材を幅3cmずつに切ってもらい、それをビニルテープで巻いてブロック状にしたものを、肘パッド台座部分に置き、M6・50mmのボルトで固定。台座部分にはゴム板を敷いて厚みを調整します。

ボルトは1本8円、角材は190円で1カット30円ですので190円+(30円×4)+(8円×4)=合計342円ですな。
DSCF2935.jpg
つーか、コーナンプロで50mmのボルト入れてる箱に54mmのボルト混ぜた人は後で職員室に来るように。
DSCF2936.jpg
とにかくこれで上ハンとDHハン使えるようになったし、スマホも良い位置に収まるようになった。
今回のブルベで使った後はローラー用のF80につける予定だから強度とかあんまり考えて無いです。

ついでと言ってはなんですが、オルトリーブユーザー定番の改造、やたらでかいボルトの交換もあわせてやっておく。
DSCF2940.jpg
↑このバッグの内側に飛び出したでっかいボルトをM4・10mm超平頭ボルトとM4のナットに交換。DSCF2944.jpg
ボルトは全部で12あるのに、10セットしか買わなかった俺の馬鹿・・・・・・。
それでも十分中身スッキリですよ。

って言っても工具類は全部ツール缶に入れちゃうので、これといって荷物も無さそうなんだよなあ・・。

とりあえずサドルバッグには輪行袋、電池類、財布、エマージェンシーシート、ワイヤーロックを入れておく。
雨具?そんなものアリマセンヨ?

濃い一日

土曜日、ブルベ向けの装備がだいたい決まってきたので、いっちょロングでも走りに行こうと思い立つ。
予定ルートは自走ビワイチ、お手軽300kmコース。

家を出たのは5時前で、外はまだ真っ暗。
この日の服装はアンダーにメッシュシャツに上下半袖ジャージ+アームカバーとレッグカバー、その上にウインドブレイカーなんだけど、走りだすとクソ寒い。
DSCF2836.jpg
特にレーパンのあたりがCOOLMAX。

走っていれば、そのうち温まってくるだろう・・・と思いながら25号線を走っていると亀の瀬に設置されてる気温計は4°と表示されている。
い・・・いやいや、それでもそのうち体も温まってくるだろう・・・と自分に言い聞かせながら走り、奈良市内に入ったあたりで夜が明けた。
この時点でつま先の感覚がない。もうシューズカバーなんて付けてないからね。
DSCF2838.jpg
歌姫峠を超え、6時過ぎ木津CRを走っていると異常に寒い。
明るくなってきて周りが見えてきたんだけど、道端の草やら車の屋根に霜が降りとる。あせあせ(飛び散る汗)
DSCF2840.jpg
DSCF2841.jpg
そのうちどんどん寒くなってきて足が、体が動かなくなってきた。
動かないと言うか、寒すぎて、もう寒いとか冷たいとかいう感覚もなくなってるけど、とにかく走ると風が体に当たるのが不快で、脳が走ることを嫌がる。
結果、スピードも一桁台まで落ち、ついに動けなくなってしまった。
立ち止まると脚がビックンビックン痙攣してるので、サドルに跨ったまま突っ伏した状態で、どうしたものかと考え、三山木の方まで行けば何かあるだろうとまたヘコヘコと走り始める。

kion.jpg
ちなみに、これがこの日EDGEに記録された温度計。
家を出て、一気に4°までEDGEが冷やされ、1時間半後、だいたい木津CRを走っている頃は2°ですね。



三山木の駅前には、確かに飲食店はあったけど、7時前の時点で開いてる店なんぞ無く、コンビニはあるけれど、イートインのある店がない。イートインスペースがないなら、道端で缶コーヒー飲んでるのと変わらんよね。

そこで見つけたコメダ珈琲、開店時間は7時30分だそうで、開店まで30分程ある。
山城大橋の先にあるセブンにイートインスペースがあるから、そこまで行こうかと思い走りだしたけど、もう体が動きたくないと言っているので店の前で時間を潰していると、店員さんが早めに開店してくれた。
熱いコーヒーを飲んでやっと人心地つき、回復を待つこと小一時間・・・もう今日はビワイチは無理だな。
DSCF2842.jpg
9時前店を出て、帰宅すべく木津CRを走っていると、追い風なのか、これが快適。
DHバーの効果も試しているうちに・・・
DSCF2845.jpg
加茂まで来てしまった(笑)
気温もいい感じに上がってきたようで、帰宅はやめて、そのまま適当に走る事にした。
和束のローソンで再度休憩し、来週のブルベ下見がてらに名張まで行ってみることにする。

いつものように5号線を走り、森林公園を超えた先を右折し、138号線に入る。
DSCF2856.jpg
ここからは、たまに降りもあるけど、基本延々と登り。
DSCF2863.jpg
ダラダラと走っていると、開けた場所に「多羅尾御斉の杜」なる標が立っており、その奥に小高い丘と「伊賀盆地絶景展望台」の標が見えるので登ってみよう。
DSCF2869.jpg
階段を登り切った先に広がるパノラマはまさに絶景で、思わず声が出てしまった。
僕の下手な写真では伝わらないと思うので、機会があったらぜひ登ったってください。
DSCF2877.jpg
パノラマを堪能し、走りだすと、この先に御斉峠の看板と説明があった。
この御斉峠は徳川家康が伊賀難の際通った峠で、近くに関所と刑場があった云々。

信楽温泉前の整備された道を過ぎると、道は本格的な下り。
初めての峠なので、ゆっくり下ります。
DSCF2884.jpg
下りきると伊賀コリドールロードに合流、この辺りから田園風景が続きます。
たまにダンプとか走りますけど、交通量もそう多くなく、道幅もそこそこあるので、たいしたストレスもなく走れますな。
DSCF2903.jpg
名阪伊賀ドライブインを超えたあたりからは、本当に三重かと思うような牧草地帯チックな景色が続きます。
いや、素晴らしいわココ。
DSCF2908.jpg
そんなコリドールロードから初瀬街道に入った先にあるサークルKでお昼ごはんを食べ、榛原方面に下っていると3人組の反射ベスト着た一行が追い抜いていった。そういや今日はフレッシュやってたな・・・。

交差点で追いつき、「フレッシュですか?」と、話しかけるとAJ宇都宮主催のブルベだそうで、この先で折り返しとのこと。
この交差点で「お気をつけて~」と見送った後、桔梗が丘で165号線にぶち当たる。
DSCF2909.jpg
さて、ここからどうやって帰ろうかと、悩んだ結果165号線で宇陀まで行くことにした。
以前ブルベで走ったことあるんだけど、この165号線って、道幅狭くて交通量が多い、自転車で走るには非常にストレスがたまる道なんだよね。たらーっ(汗)
DSCF2911.jpg
だから165号線と平行していると思うような脇道を積極的に走る。
するとたまに、なかなか風情のあるルートも発見できたりしますしね。
DSCF2915.jpg
榛原まで来たら165号線を離脱、榛原駅前から宇田川沿いに出ると桜満開(*´∀`*)
これまた桜を堪能したら、ブルベのいつものルートで忍坂を下り明日香in。

忍坂下った後からEDDGEがピッピキピッキキと、と泣き出し、スタート・ストップを繰り返しだす。
どうやらサイコンセンサーの電池が切れたようで、まともにスピードを拾わない。
別にスピードは気にしないけど、延々ピッピキピッピキと繰り返されるのは辟易だなあ・・・。

明日香からはよく分からん路地をとにかく西に走り続けたら当麻寺の前に出たので、バイパスを北上、穴虫峠から石川CRに繋いで17時帰宅。
DSCF2920.jpg
距離:186.08 km
タイム:8:49:00
平均スピード:20.0 km/h
高度上昇値:1,301 m
カロリー:5,055 C
平均気温:16.5 °C

ブルベの準備2014

19日のブルベに出れるか、出るのか、まだまだ分からん状態ですが、とりあえず準備だけはしておこうと思っておるのですよ。
まずはペダリングの際、腿裏に干渉するオルトリーブ。
DSCF2817.jpg
サドルバッグの取り付け位置を可能な限り後ろにずらし、その分シートポストに巻きつけるアダプタ部分を中空の免震ゴムにM4 55mmのキャップボルトを通して延長。
これで腿裏への干渉もなくなった        ハズ。

で・・・

今までブルベに出る度「あったら良いな」と思っていたモノを取り付けてみた。


DSCF2819.jpg

DHバーだっ!

DHバーには何種類かあるようですけど、あさひのブログを参考にコントロールしやすくロングライド向けと言われる先が上に曲がっているタイプにした。
買ったのはアマゾンで、お値段なんと2,980円(笑)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00CM3G02A/ref=ox_ya_os_product_refresh_T1

DSCF2830.jpg
材質はアルミで梨地塗装。パットはプラの台座にマジックテープのようなものでウレタンパッドを取り付ける仕組み。
このパッド基部あたりの質感はさすが2,980円のチープさ。
でも年に1度使うか使わないかってシロモノですからこれで十分っすよ。
ブランドは不明。つーかアマゾンに掲載されてた画像とロゴが違うけどキニシナイ。

さっそく取り付けてみたけど、送られてきた状態でハンドルに取り付けると、ちょうど肘パッドが上ハンに重なってしまうので一旦外してバークランプを反対に取り付けた。
で、クランプを外してみると、クランプを付けていた3Tハンドルの塗装部分が剥げてしまってる(;_;)。
傷つかないようクランプの下に薄いゴムを巻いてみたら、今度はクランプが閉まらないので諦めてビニルテープを巻いてます。

次にステムボルトを利用したアダプタにEdgge500とgentos閃を取り付けてDHバーにベルを付ける。
DSCF2824.jpg
DSCF2831.jpg
おお、なんかカッコイイ(笑)

今週末あたりに試走やね。
もうブルベ本番まで日がないので、できれば長距離走っておきたいな。

日曜のアレコレ

まずは昨日走った時気づいたことアレコレ。

サドル
見た目優先で選んだサドルを使い初めて3ヶ月になるんだけどお尻には合わなかったので、元の1133Uに戻した。
このサドル、クッション素材は多めなのに、坐骨の当たる面が水平で硬いような気がする。
なんだか角材の上に座ってるような感じやね。
って事で新たなるサドル探しの旅に出にゃならんけど、当面は1133で行こう。

オルトリーブ
シートポストに固定するベルクロが巻ける位置に取り付けると、ペダリングの支障になる程ではないが、ペダリングの際、太腿に干渉してしまう。
ほんのちょっとの事なんだけど、長時間乗っていると干渉する太腿の部分を変に意識してしまい、ペダリングがおかしくなるんだろうね。
昨日の関からの帰り、腿から膝裏にかけて張りっていうか違和感あったし。
って事でボルトの交換と合わせて、取り付け位置をなんとかせねば。

チェーンオイル
久しぶりにチェーンを洗浄してフィニッシュラインの赤を使ってみた。
このオイル、良いんだけど保たないのね。
150km程走った時点でチェーンがチュリチュリと鳴り出すので、僕はクレのチェーンルブを使ってます。
漕ぎは重くなるし、すぐにチェーンもスプロケも真っ黒になるけど、雨の中走っても1ヶ月は持ちます。

んで日曜日。
4月だってのに異常に寒く、朝から雹なんか降ってきたりしてたけど、我が家では毎年恒例の奈良市内の佐保川まで桜を見に行く。
まずは三条通をうろつき、新しく出来てたAIDAの三号店でお昼ごはん。
ご飯とか野菜とか、やたらと美味しいです。
でもテーブル狭すぎて二人で食事するとテーブルの上ギッチギチなのが残念。

食べたらやすらぎの道から佐保川沿いに歩く。
DSCF2756.jpg
ここは川沿いの道路なので、桜の下にゴザやらテーブル広げるような花見じゃないのが良いのですよ。
んで毎年ここで桜を見てデジイチが欲しくなって、1年間迷い続けるのです(笑)。
DSCF2775.jpg
桜を堪能したらJR奈良駅近くにあるマラサダキッチンでマラサダ買って帰宅。
マラサダキッチンのマラサダって初めて買ったんだけど美味しいわコレ。
また奈良に行った時食べよう。

リベンジホルモン焼きうどん

<前回までのあらすじ>

とりあえず亀山あたりまで走って往復200kmくらい走ろうと出発したものの、平城京跡まで来たところで降りだした小雨に去年のトラウマが蘇り、スゴスゴと帰宅したあと、天気は回復し、後悔したまま1周間を過ごしたのであった。

と、いうことで再度行くことにした。
夕方から雨になるって事と4月にしては気温は低いってのは承知の上。
オルトリーブに輪行袋突っ込んでおけば最悪なんとかなるだろ。

んで8時前に家を出て、25号線~奈良自転車道で平城京ま跡まで来たところで、また雨がポツポツと降ってきた。
なんなの?平城京跡には小雨ぱらつかせる機械でもあんの?たらーっ(汗)
DSCF2645.jpg
ちゅう事で気にせず木津サイから加茂経由で、5号線を和束川沿いを遡上する。
この時期、和束川沿いには桜が咲いていて良いですな。
DSCF2652.jpg
和束のローソンはサイクリストでいっぱいだったのでスルー、そのまま走り続けてセブン-イレブン信楽町中野店まで行って休憩。
追い風基調なんだろうね、ここまで70kmちょいでaveは25km/h超えてるけど、こりゃ帰りが大変だあせあせ(飛び散る汗)
DSCF2663.jpg
腹が減ってたのでパンを2つ食べたら再スタート。
422号線で桜峠を超えたら、そのまま674号線で楽豚前を超えたら馬場の交差点を左折し673号線を東へ。DSCF2670.jpg
このルートも交通量少なくて気持ち良いですわ。
柘植駅を超えたあたりで道に迷う・・・・。
DSCF2672.jpg
よく分からんが東に向かえばなんとかなるだろ。うん。
集落の中やら墓地やらをウロウロと走り、なんのかんので大和街道に復帰、加太峠に向かう。
DSCF2676.jpg
途中までは綺麗に舗装されてて、道幅もある路面も関西本線のトンネルを超え、林道っぽくなるたあたりから一気に路面が荒れだして・・・・
DSCF2679.jpg
頂上を超え、下りになったあたりからはボコボコになって・・・
DSCF2684.jpg
未舗装になります。
未舗装って言うか、ダンプがひっきりなしに走るので舗装してもすぐ剥がれちゃうのでそのままにしてるんやろか。

この区間を越えて加太の集落を抜けると、鈴鹿川、関西本線と並んで走るコース気持ち良いルート。
DSCF2690.jpg
走ってると、また小雨がパラパラ降ってきた。こりゃあ帰りは関か亀山から輪行かな。

このすぐ先に関宿ー。
何か食べたり見学に行くわけじゃないので、とりあえず今回も通過ー。
DSCF2710.jpg

関宿入り口の鳥居をくぐり、1号線・鈴鹿川を渡ったところにあるのが、今回の目的地、川森食堂。
DSCF2718.jpg
THE大衆食堂!って趣ですな。
12時過ぎって事もあり、店内には地元のおっちゃんグループとか家族連れで結構混み合ってましたが、一人なので空いてるテーブルに座る。
店内はお世辞にも綺麗とは言えないですし、結構タバコの煙モクモクだったりします。
彼女連れのデートにはオススメできない。
DSCF2717.jpg
オーダーして待つこと数分、やって来ましたホルモン焼きうどん定食950円也
あー、こりゃ美味しいわ(*´ω`*)
ホルモンと味噌とうどんの取り合わせが非常によろしゅうございます。
でもB級グルメで950円ってのは高いかな。
DSCF2719.jpg
食べ終わり、店から出ると天気は回復してる。あ、これ輪行しなくても良いんじゃネ?
関西線沿いに走るから、途中で雲行き怪しくなったら輪行できるし。

って事で自走で帰ることにする。途中から気付いちゃいたけど、やっぱし帰りは向かい風なんよね・・・。
DSCF2723.jpg
来た道をそのまま折り返し、柘植から阿山を超えたあたりで輪行するか自走するか悩む。
ここから先、雨が降ってきたら次の輪行可能ポイントは加茂まで無いですからね。
DSCF2728.jpg
結局西側の雲行きを見て、やばそうな雨雲も無いので、このまま信楽経由で走る事にする。
信楽まで戻り、森林公園まで来たら後は下りなんだけど、めっさ向かい風でスピードが出ない中、なんとか雨の降りだす前に加茂までたどり着く。

加茂まで帰ってきたら空に晴れ間が見える。
「ああ、こりゃ最後まで自走で帰れるなー。まあこの先雨が降ってきた時は輪行しよう」なんて思いながら木津川から奈良市内へ向かう。
DSCF2733.jpg
その後秋篠川のあたりを走ってるとポツポツと降ってきたけど、今日は何度も何度もポツポツ降っては止むの繰り返しだったので、もう考えない事にする。
DSCF2736.jpg
雨はこのままポツポツと降り続き、王寺手前からはフツーに降ってきた。

王寺から輪行って言っても3駅だし、パッケージするのもめんどくさいなあ・・・残り10kmくらい我慢して走ろう。
DSCF2741.jpg
と、25号線走ってたら本気で降ってきた(笑)
ウインドブレイカー着てはいたけど、念の為にジャージに入れてたケータイとスマホを水没しないようオルトリーブに突っ込む。

結局びしょびしょになって18時過ぎ帰宅。
こうなるのなら先週も走っとけばよかったね(笑)

距離:220.75 km
タイム:9:31:36
平均スピード:23.2 km/h
高度上昇値:1,407 m
カロリー:6,537 C
平均気温:11.9 °C
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。