PLANET-Xホイールまとめ。

結構PLANET-Xホイールについて検索してこんなトコにたどり着いちゃった方が多いようなんマトメときます。

■まず買った理由
6万円くらいでカーボンディープリムホイール買えるならダメでも諦めつきますやん。
ボラとかコスカボ買って合わない・使いこなせない・良さが分からないなんて自体になったら「いやいや、これは良い物なんだから」とか自分を慰めるて使い続ける事態になったら嫌だし。
かと言って中華ホイールうってのは色々と不安が付き纏うし。

■買ったホイール
Planet X Pro Carbon 50 Wheelset Handbuiltってやつ。
職人が手組で組んだ逸品だそうです。ホンマかいな。

http://www.planet-x-bikes.co.uk/i/q/WPPXPRO50/planet_x_r50_carbon_race_wheels

■お値段とか一緒に買ったものとか
買った当時商品代6万円と別途送料3千円くらいだったハズ。
送料は郵便局に支払わなきゃいかんのね。
DSCN1271.JPG
一緒に買ったタイヤはVittoriaのSTRADA。
カーボンディープチューブラーが初めてなんで、ホイールの他にタイヤ・リムテープ・エクステンダー・シーラント・シューを買い足して+2万円くらい。
リムテープはミヤタ、エクステンダーはTOPEAKを買ったけど1週間で2本とも壊れたのでTUFOの中継ぎタイプを使用、シューはオマケでコルクシューが同封されてたけどSWISSTOPの黄色を購入。

■発注から到着まで
7月7日発注したらThank you for your order ってメールが自動返信されてきて、翌日Re: Thank you for your order from lanet X/On-one

ってメールが到着、内容は「EU圏内なら7営業日、その他国外は16日程度で届けるよ!」「出荷したら荷物の追跡はここでやってね!」ってオランダのTNTPOSTってとこの国際郵便問い合わせページへのリンクが書いてあった。
その翌日、7月9日Your item has been shipped -って内容で出荷案内が来たけど内容は前日の文面と同じ。
以後PLANET-Xからの連絡はナシ。

その間TNTPOSTを毎日チェックしてたんだけど、7月8日に集荷、12日に日本に向けて出荷ー・・・・ってとこから全く更新されず放置される事1週間、発注から12日で商品到着、配送時不在だったんで郵便局まで行って送料払って受け取りました。

正直最初のメールから何の音沙汰もないんでドキドキ感がハンパなかった(笑)
(参考)英国からのホイールX

■ホイールについて
重量実測は前輪532g+後輪691g+クイック94g=1317g
公式では前584g後871gクイック103gで1558g、あれ?なんか軽いぞ。
DSCN1283.JPG
DSCN1276.JPG
DSCN1275.JPG
マビックやカンパよりは若干抑えめながらそれなりのラチェット音あり。
当然ブレーキシューの当たる部分はカーボン生地なのでカーボン用のシュー必須。
塗装はロゴステッカーの上からクリアコート仕上げ。
スポークは前後キシ麺タイプつーかもっと細い扁平スポークで前20のラジアル組、後24でクロス組。
ハブはPLANETXオリジナルのスーパーライトってヤツらしい。

■数値的根拠のない体感的な部分
まず私は普段はシマノWH-R7850-C24CLにアルトレモRを履いていたんですが、
リムが高くなる分スポークが短く、扁平って事もあるので当初の感想は「乗り心地が硬いなあ」だった。
剛性については感じられるほどの脚なんぞ無いんでパス。
ハブは思ったより回ってくれる。   と思う。
漕ぎ出しが重く感じたのはC-24+アルトレモRに慣れていたからかも。

平地巡航速度とかは多分2~3km/h上がってるのかもしれませんが、特に体感出来ないです。
同じ条件で他のホイールと比べる機会なんて無いし。

当然横風の影響モロ受けです。

■ホイールバランス
タイヤのバルブとエクステンダーの重さでものすごくホイールバランスが崩れます。
特に僕は出先でシーラント突っ込めるように中継ぎタイプのエクステンダー使ってるんで
その分の重量を合わせて20gの板鉛をカウンターウェイトとしてリムの裏側に貼り付けてました。

(参考)Planetxのホイールバランス

でもリムの裏側にウエイト貼り付けると、タイヤ交換の時えらい目に合うのでもうヤメタ。

■トラブルとか
荷物が到着した時点で若干のフレ、その後500km程走ったらフレ出てきた。
しばらくすると後輪のハブから異音がしだしたので調べてみるとハブ軸を抑えるナットがユルユルだった・・・。

(参考)やっとホイールがマトモになりました


■2012年3月現在
タイヤはTUFOのS33specialを使用。
STRADAはセンターが出なくて酷かった事を認識。STRADAは二度と使わない。
先日このホイールで250km弱走ったけど、体が慣れてしまったのかタイヤを変えたからか硬さはもう感じない。

■オススメか?
ぶっちゃけ安いんで普段使いや練習用、とりあえずディープカーボンチューブラーって方にはめっさオススメ。

国内でミドルグレードホイール買う値段で買えちゃうので、シクロみたいにハードに使う人には最適じゃないかと。

あとは見た目とかブランドとか好みの問題でしょーかね。
スポンサーサイト

河川敷ヒルクライム~金剛RWヒルクライム

土曜の夜O西さんから「転勤が決まったよ~ん。」ってメールが届く。
色々と聞きたい事もあったけど、短い返答メールだけ送って明日直接会って聞こうと思いその日は就寝。
翌日7時に目が覚めたんだけど、二度寝してしまい目が覚めたら9時半過ぎてた。

んなわけで急いで準備して石川CRへ。
予想はしてたけど風が強くてガタガタ橋ではまっすぐ走れないレベルですわ。

石川に入ったら延々向かい風で河川敷ヒルクライム。
向かい風はまだいいけど横風がやばくてハンドルから手離すのが怖い。よって途中の写真はナシ。

いつもの走行会のペースだと9時店出発して10時サイクル橋、ここでウダウダしてから白木のコンビニ11時過ぎ着って感じ。
向かい風の中頑張って10時半頃サイクル橋に到着したけど誰も居ないのでこのまま白木に向かう。
このサイクル橋から川西大橋までの区間が一番風がキツかったあせあせ(飛び散る汗)

彼方の交差点を左折して滝谷不動超えて広域農道経由で11時頃白木のファミマ到着・・・と、その先の交差点にO西さん、K澤さん、O島さんが手を振ってはりますやん。
合流すると挨拶もそこそこに「ほなロープウェイ行きましょか」って事になり出発。

ここまでノンストップの上に朝飯食ってないわけでキッツいだす。
しかもボトルをケージに差し忘れてたりするし(-_-;)
グリーンロード抜けて705号線入ったあたりになったらもう腹減ったしか思いつかん状態ですわ。
DSCN1730.JPG
久しぶりの山登りでヒーハー言いながら登り切ったら山小屋でみたらし団子と焼き芋をゲット。
勢いでジャンボタイプの団子を買ったのは失敗。
食べる前にストーブの上で炙ってくれるんだけど、大きいぶん中まで温まってくれていないんだよね
DSCN1731.JPG
ここでしばし談笑してはいますが、まだ残雪があるようなトコですんでどんどん体が冷えてきたのでマルさん先頭で下山。
路面が冷えてるんでなるべくゆっくり下り、東阪から府道209・201を経由し、中佐備交差点を左折して滝谷不動超え。
途中k澤さんが両足吊ったので彼方公園で一休み。
DSCN1733.JPG
ここからは追い風基調でスルスル走ってガタガタ橋に戻ってきたら13時過ぎ。

O西さんともこれでお別れかと思ったら、来週も一緒に走れる予定だそうなんで一安心して帰宅。
思いもよらず久しぶりに結構ハードに乗れました。

週末は雨ばっかだねえ。

金曜日親知らず抜いて血が止まらんというのに土曜はそのまま仕事。
翌日は朝から雨なのでチャリはあきらめて奥様とデート。

どこ行こうかと協議した結果吉野の河まで塩ラーメン食べに行く。
雨降ってるから自転車乗りとバイク乗りが来ない分空いてるんじゃないかと思ったけど着いてみたらいつもと変わらなかった(´・ω・`)
雨が降ってるので車の中で30~40分待って入場、塩ラーメンとマグロ丼に再会。
DSCN1710.JPG
気のせいか味が薄くなってるように感じたのは気のせいだろか。
自転車で来ると途中発汗によって塩分が不足する分塩気を強く感じていたのかもしれんね。

食べ終わったらさっさと退店、時間は14時前。
ここから次のグルメスポットへ向かう。目的地は六田にあるラ・ペッシュ。
ここはモンブランが有名なんですよ。
DSCN1711.JPG
今日の晩御飯後に食べようとモンブランと他に3つほどケーキを買って退店。

次はちょうど翌日分の食パンが切れてた事を思い出してyamyamでバケットとミルクフランスを買い、金剛トンネルからグリーンロードといういつものルートで帰宅。
DSCN1713.JPG
帰ったらPC用の椅子が届いたので組み立てる。
楽天で一番売れてる社長椅子です。
そらコンテッサとかバロンとかが買えりゃイイデスガ、そんなゼニどこにあるねんちゅー話ですよ。

明日の予想は晴のち曇で気温は2℃/10℃、まだ寒いなあ。
気が向いたら走りに行こう。

行きはヨイヨイ帰りは地獄

土曜日ポチっておいたシートポストとタイヤが届いたので様子見を兼ねてガッツリ走りに行こうと思いつく。
ちょうど東近江でメモリアルシクロがやってて某O西さんやK澤さんが出てるって事なんで目的地はココに決定。

今まで使ってたVittoriaのSTRADAをベリベリ剥がして新しいタイヤをはっつける。
STRADAじゃ何度やってもセンターが出なかったけど新しいTUFOのS33specialってやつはあっさりキッチリとセンターが出た。
TUFOが優れてるんじゃなくてSTRADAが酷すぎるんだろこれ・・・。
DSCN1663.JPG
翌日7時半頃家を出たけど、バルブとバルブ穴が干渉してカンカン音がするので一旦家に帰って後のバルブに固定用のゴムかぶせる。
それでもカンカン音が止まらないので調べると前輪も音鳴してる。
しょうが無いので落ちてたレシートをバルブとバルブ穴の隙間に突っ込んで音鳴は解消。
そんなこんなで手間取っちゃって木津CRに到着したら既に9時過ぎ。

ここから307超えて宇治田原、猿丸神社を超えて瀬田到着。
DSCN1669.JPG
ポストの固定が甘くてご覧のようにサドルがめっさ前下りになってたので、瀬田のローソンで休憩しつつポストをサドルをいじる。

リスタートは10時半。12時半までには着くだろうと走り出したらめっさ追い風でペース上がりまくり。
ひとつ鼻歌でも歌い気分ですわ。
空は雲ひとつ無い晴天でマキノの方面は綺麗に冠雪してますなあ。
DSCN1672.JPG
などと浮かれて走ってると途中にある近江八幡運動公園と勘違いして公園内をウロウロ彷徨ったり、行き過ぎて彦根まで行ってしまったりで、結局会場到着する頃には耐久レーススタートの12時半を過ぎてしまってたガックシ。
レースの途中で挨拶に回るのもお邪魔かなーと思ってたけど、みんなワイワイキャッキャウフフと楽しんでられたので安心しました。
チームにご挨拶してちょこちょこと見学させてもらう。
DSCN1682.JPG
DSCN1680.JPG
DSCN1687.JPG
しかし早々に折り返さないと日のあるうちに帰れなくなるので13時過ぎ帰途に着く。


さあ、ここから地獄の始まりです。

まず予想はしてたけど、南に向かった瞬間どえらい向かい風で20km/hくらいしか出ない。
んでリムが高い分たまに横風でハンドル取られちゃうんで車道は走らず自転車道をヘコヘコ走る。

これが大津のあたりまで40kmくらい延々続くわけですよ・・・。
この修業ライドに勤しみ続け、15時頃草津のジャスコの前を通過。

・・・なんだかポツポツと雨粒がこぼれて来た。マジか・・・。

ここで悩むことしばし「大津から輪行で帰るかー」と思いつき琵琶湖大橋を渡るが、渡ってみると雨粒が止んだ。
「あー、これなら輪行せんでも大丈夫かー」と南に向かうとまたポツポツ降ってきて大津方面に戻るってのを繰り返す。
正直大津から京都に向かう東海道線でゴミ袋輪行するのは抵抗ありまくりだったんですよ。
で、結局「行ったれやー」って事になって、宇治田原に向かう事にしたら石山のあたりからはもうフツーに雨です。
DSCN1691.JPG
つーか雨だとカーボンホイールブレーキ効かなさすぎてヤバイ。
ブレーキ引いてもキッチリ自転車もロマンチックも止まらない。
このまま雨だとさすがにヤバイと思い、大石のファミマで雨具買おうと立ち寄ったけど、スマホで気象情報見たらどうもにわか雨っぽいんでしばらくここで時間をつぶす。
でも店先でボーッと突っ立っていたら体が冷えてきたんで17時過ぎ雨の中再スタート。
DSCN1692.JPG
宇治田原のあたりで雨は止んでヤレヤレ( ´ー`)=3

その後山城大橋超えて木津CRを走る。
DSCN1699.JPG
雨上がりのこの時間に走ってる人なんて誰も居ないんで貸切状態でヤッホーですな。

平城京跡のあたりで完全に日が暮れて、ここからは久しぶりのナイトラン。
雨後のナイトランなんで気をつけつつまったり走っていたけど、王寺の踏切を渡る際いきなりコケた。
濡れてるレールで滑ったんだろうけど、滑る理由が全くわからんちん・・・たらーっ(汗)

結局家に着いたら20時前。
洗車して風呂へ入り晩ご飯食べたら速攻落ちてた。
明日はちゃんとメンテしてやろうっと。

とりあえず248km走って満足満足。

ヒサビサヤムヤム

ドトーの2月も終了して、久々土曜に有給を取得。
明日はダラダラすんぞっとめっさ夜ふかしして何気にケータイ見たらO西さんからお誘いメールが来てた。
なんでも9時サイクル橋集合だそーです。

ちなみにこの時点で3時半、正直起きれる自信なかったんで「起きたら行きます」って返事して就寝(笑)
翌日ちゃんと8時過ぎに起きれたんでレッツゴー。
DSCN1627.JPG
9時過ぎサイクル橋到着、O西さんとK澤さんに合流して談笑することしばし、U恵ちゃん到着。
さて、どこ行くべって事になり金剛トンネル超えてyamyamにパンかじりに行こうってことに。

とりあえず金剛トンネル前に補給しようって事で三日市のローソンで一休み。
ここから延命寺前から310号線に抜けるルートで金剛トンネルに向かう。
DSCN1634.JPG
延命寺から310号線に至るコースはいいですなあ。
DSCN1640.JPG
途中湧き水んとこでコンニャク食ってウマウマ。
寒い中で食べるとホント美味しいです。
DSCN1642.JPG
食べ終わったらここからトンネルまでひと登り。久々にはあはあ言いながら自転車乗りましたわ。
あとはyamyamまでピューッと下って・・とか思ってたらコーナーで後輪がめっさ激しく滑ったコワー。
もう下りでとばさんでおこう。
DSCN1645.JPG
そんなこんなでyamyam到着。
ちょうど先客の自転車乗りグループさん達と入れ替わりで中で頂くことがでけました。
とりあえずバケットにクリーム入ってるのとドーナツをムシャムシャ。
DSCN1627.JPG
横で食べてるU恵ちゃんのカレーパンの匂いに刺激されて僕も追加でカレーパンをムシャムシャしたら満足して帰途につく。

帰りは金剛山沿いの261号線ー。
その前に5万人の森公園でトイレ休憩。はじめて寄ったけど食事スペースとかあっていい感じ。
DSCN1646.JPG
DSCN1650.JPG
出発前ぐずついてた空も、この頃にはめっさ晴れ。気温も上がってきて気持ちいいです。

とか思ってたら急に前輪から「チャッチャッ」って音がしだす。
なんじゃいなって思ってタイヤを見ると
DSCN1652.JPG
画鋲が刺さっとるガビョーン。
初めてチューブラーでパンクしたんで不安に思いながら修理開始。
修理っつーてもシーラント突っ込んで空気入れるだけなんでめっさ簡単。
DSCN1653.JPG
シーラントはノーチューブっす。
バルブコア開けてシーラントをドボドボと流し込み、ポンプでシュコシュコ空気を入れるとパンクした部分からシーラントが流れでて来て、しばらくすると完全に止まった。
DSCN1655.JPG
この間わずか10分足らず。これクリンチャーのチューブ交換より楽じゃね?

修理終わらせて先行してもらってるO西さん達と合流して穴虫峠に向かう。
道幅狭くて自転車にやさしくない213号線も当麻を過ぎたあたりからバイパスになって快適に走れますなあ。
DSCN1656.JPG
穴虫超えて石川に入ったらめっさ向かい風。

ここはまったりと流してガタガタ橋到着。
僕はここでお別れだす。

まったりハアハア走って美味しい物も食べれて天気もよかった。
久々満足な一日でございました。
O西さん、誘っていただいてありがとうございました。かしこ。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)