全然雨降らんやん。

日曜から毎日毎日午後から雨って予報ばっかりなんだけど、これがまったく当たってないわけだこれが。
通勤用の自転車も帰りに雨降られたら嫌なんで雨天通勤専用のスピ8しか乗ってない。
今日も天気予報は曇りのち雨だったんでスピ8で出社したけどご覧のとおり結局降らずでストレス溜まりまくり。

って事で今日は早めに帰宅してホイールを鉄下駄仕様にして久々に葡萄坂にレッツゴー。
とりあえずって気持ちでタイムを計る事にしたけど、柏原ぶどうの看板のあたりで夕日がきれいだったんで走りながらデジカメを構える。
と、SDカードにロックがかかってて書き込めない。
そこで走りながらSDカードを取り出してロックを外して入れ直す。
DSCN0506.JPG
おかげで妙法寺前でタイムは8分ちょい、んむー駄目だこりゃ。
後は坦々とまわして最後の登り頂上あたりで16分ちょい、なんとか16分台でゴールしようと頑張ってゴール。
DSCN0514.JPG
タイムは16分55秒・・・。

変電所で一息ついたら下山しつつ途中の定点ポイントでパシャリとな。
DSCN0515.JPG
久しぶりのTTで脚より心肺がきつかったので、帰ってからローラーで高回転錬。
42-21/110rpmで30分回してから120rpmで10分やって終了。
当分ローラーでミドルトレーニング中心で練習します。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
スポンサーサイト

新フレームが欲しいの巻

僕のRFX8も3年目。扱いが雑なもんでアチコチに傷が付いて来た。
再塗装も考えたけど、ここはひとつ新車を買う妄想に浸らせてくれさい。

そりゃ欲しいだけならBMCのSLXとかLOOK595とかBHのG4(G5よりG4派)なんてサイコーですが、そんなゼニはどこにも無い。

ローンとか組んで買っちゃったりすると、奥さんに投げっぱなしジャーマン食らわされるレベル。
そうやって考えると20万円くらいがフレームの目安になるわけで、その観点から選ぶとこんな感じ。

インタマのX-LIGHT
09_x_light_white.png

僕が自転車始めた頃、良く参考にさせて頂いていたBLOGの方が乗ってて、それ以来憧れてたバイク。
軽くて硬いらしく、レースやヒルクラ向け。
2009年モデルからトップとメインチューブに入るようになったラインがイマイチ・・・・。

KUOTAのケベル
Kebel.jpg
ぶっといダウンチューブに専用シートポスト、タイヤの部分に食い込んだシートチューブ、「走りまっせ!」ってオーラが出てます。
これまた軽くて硬いフレームのようで、フレーム+フォーク重量がRFX8より軽いときたもんだ
某ちゃり猿先生と同じなんで、遅い理由を機材のせいに出来なくなるのが問題(笑)

アンカーRHM9
RHM9L.jpg
今までRFX8乗ってきたけどやはり本気で踏むには柔らかいような気がする。
他に何の不満も無いし、アンカーって本当に日本向けに作ってるんだろうと思うわけですよ。
そこで、アンカーの上位機種であるRHM9へステップアップって事で。

今のところケベルが最有力なんですけど、スクアドラさん頑張ってディスカウントしてね。

W杯日本予選突破おめでとー。

ワールドカップ日本代表、予選突破おめでとう!

の前に


日本代表の皆さん、すんませんでしたorz

予選突破出来るとは1mmも思ってませんでした。申し訳ない。あせあせ(飛び散る汗)

だってWカップまでボロッボロだったじゃないっすか。
いつも通りコネてコネてバックパスの繰り返しから失点のパターンだったじゃないっすか。
それが予選になったら前へ前へのスタイルに変わってびっくりした。
あれか、予選始まるまでの国際戦は対戦国を欺くためにワザとやってたのか。

マスゴミも予選始まるまで岡田辞めろ一色だったのが、今では何もなかったかのように「名将岡田監督」扱いですかそーですか。
まずは「すんませんでした」って侘びを入れなきゃね。

スクア錬:金剛TN~紀の川左岸~紀見峠

この1週間雨続きだったけど、日曜の天気予報は久しぶりの曇り。
こりゃ走っておくしかないと思いスクア走行会に参加するため出発。
しかし外に出てみると雲行きはごっつ怪しい・・・一抹の不安を感じつつ石川CRに向かう。
この数日の雨でCRは泥まみれだろうと予想して土手を走るけど、国分橋の下にはでっかい水たまりと泥溜り。
洗車したばっかりなんで汚れるのもいやだなーと思い、来た道折り返してるところにスクアメンバーが到着。
DSCN0488.JPG
みんなCRに降りずそのまま土手を走っていくので、僕もくっついていかせてもらう事にした。
久々にあくせるさん先導でサイクル橋に到着。
ここで談笑しつつ行き先を考える。
DSCN0489.JPG
まあ、どこに行っても多少の雨は降るだろうって事でとりあえず白木のコンビニまで行って補給と談笑タイム。この後金剛TN行きたいとU恵様がご所望。
さすが高取HC3位はやる気満々です(笑)

白木のファミマから水分を左折、GRに入った所で速い子組はペースアップ。
途中金剛RWに向かう705号線合流地点で後続を待つ。
途中新人TREKさんがパンクしたって事で待ってる間にまごさんとホイールの取り替えっこをしてみる。
まごさんの使ってるのはレーシング3にタイヤはプロ3ですな。

全員揃ったら中津原経由で310号線に出て金剛トンネルに向かう。
DSCN0493.JPG
山の方はあからさまに天気悪そうだ。
みんなそれぞれのヒルクラをこなしてトンネル前で一休み。
DSCN0494.JPG
この後は五条側に下って紀の川左岸から紀見峠経由で帰る事に決定。
路面がやばそうなのでいつもより慎重に下山して、五条道路交差点横にあるローソンで補給と休憩。
ここで再度まごさんとホイールを交換。
DSCN0496.JPG
レーシング3の感想ですが、剛性云々なんて感じれるほど繊細な神経も脚も持ち合わせていませんけど、脹脛とハムストがけっこうピキピキときたのは、やはり固いのかも知れません。僕が貧脚なだけですかそーですか。
路面からの突き上げは感じます。
スピードが乗ると安定する感じがするのはきしめんスポークのおかげでしょうかね。

補給後下りきったら五条の街中を抜けてめっさ向かい風の55号線を西進、旧高野街道から371号線、紀見峠へと向かう。
DSCN0498.JPG
紀見峠の前の交差点近くの自販機前で休憩。そういえば五条のローソン以降ノンストップでしたね。
のんびりと紀見峠を超えた後は出会いの辻を右折して南海電鉄沿いを走る。
DSCN0500.JPG
走ってると前を走るあくせるさんのハンドルのあたりから何か黒くて丸いものがハネたと思った次の瞬間あくせるさんが絶叫して一旦停車。
何事かと思ったら指を蜂に刺されたそうですあせあせ(飛び散る汗)
こういうときはオシッコかけてやると良いって亡くなった祖父が言ってったので、みんなでかけてあげようと提案しましたけど却下されてしまいました。  チッ。

その後滝谷不動近くの公園で休憩後石川の土手を走り、ガタガタ橋でgoodさんと離脱させてもらう。
帰ると17時、走行距離は100km程度の割にはよく走った気分になれました。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ

スクア錬金剛TN~紀の川左岸~紀見峠とりあえず

DSCN0494.JPG
石川CR~白木経由GR~金剛TN~55号線~紀見峠

あんまり雨に降られないで助かりました。

山錬で高野山

日曜は雨だって事なので土曜O西さんのお誘いで高野山まで山錬行って来ました。
朝8時サイクル橋集合でメンバーはT井さん・O西さん・K山さん、よしお君と僕の5人。
DSCN0453.JPG
まずは金剛トンネルを越えて五条までひとっ走り。
よしお君は登りも速いけど下りも速いわ。

10時前五条のサークルkで最初の休憩。
DSCN0456.JPG
休憩のはずなんだけど、いつもの癖で昼飯と勘違いしてがっつり買ってしまった。
この後紀ノ川左岸から732号線に入ると、交通量もぐうっと減って、のどかで緩ーい林道が続く。
DSCN0459.JPG
こりゃいい眺めですわ(´∀`)
小一時間ほど走って富貴っていう集落に到着。
DSCN0461.JPG
ここから川沿いに気持ちよく下る。
途中噂に聞いた成金ってバス停も発見したけど、ここはスルーです。
DSCN0464.JPG
途中、道のオアシス弁天で飲み物補給して733号線の頂上にあるトンネルを越えたら野迫川村です。
DSCN0469.JPG
ここからまたまた若干下って道のオアシス弁天で飲み物補給。
風情のある町並みを眺めつつしばらく走ると本日のメイン、桜峠をダラダラと登る。
見晴らしは良いんだけど、そこそこの傾斜が延々と続くんだよね。
DSCN0476.JPG
このダラダラと続く峠も、この看板のある三叉路で終了、ここはは右折して高野山に向かいましょう。
あとは下りベースでしばらく走ると371号線に突き当たるんで左折して高野山でお昼ご飯。
DSCN0477.JPG
僕は最初の休憩で食べ過ぎたんで、優雅にサンドウィッチとアイスコーヒーを頂いたけど、めっさ塩辛いサンドイッチでがっくりさん(´・ω・`)。
天気も気候も最高なもんで、ついつい長居してしまったんで帰りましょう。

帰りは371号線を下るわけだけど、この道路狭い上に面悪いんだよね・・・。
その割りに結構対向車くるんで注意ですな。
DSCN0481.JPG
橋本から紀伊見峠を越え、下る途中にあるたこ焼きやさんで最後の休憩。
ここでT井さんとO西さんがたこ焼きおごってくれました(´∀`*)
DSCN0484.JPG
ありがとうございます、お二人に一生付いていきます。

ここでまったり過ごし、時計を見たら17時。
むむむ・・・雲行も怪しくなって来たんで降られる前にささーっと帰りましょう。
南海沿いから石川CRに繋ぎ、T井さんは西名阪高架下出でお別れ、僕はガタガタ橋で離脱させてもらい、帰宅したらちょうど18時。
いやー、丸一日自転車堪能して1月分の坂道登らせて頂きました(笑)

にほんブログ村 <br /><br /><br />自転車ブログへ

サーバーから煙

話すと長くなる割に面白くも無いのでダイジェスト版でお届けします。

月曜出社したら予備サーバの電源が切れてる→サーバの電源入れたら電源部分から煙→日本橋まで電源買いに行って交換→昼過ぎまでの予定が押して泣きながら残業

翌日上長に報告→上長激怒でNECに電話→サポート到着→電源を再交換→サポートが交換作業中あやまってチムの作業しているPC電源切る→昼過ぎまでやってた作業全て消える→チムさんブチ切れ→温厚なチムさんもさすがにブチ切れ→俺が三沢さんだったらタイガードライバー91食らわしてたレベルのブチ切れ→怒っててもしょうがないので泣きながら作業のやり直し→夜中まで誰もいない会社で一人泣きながら残業。


ちなみに煙の出たサーバーはNEC Exress5800/110GC、SOHO向けの廉価サーバーっすね。
2009年12月に電源部分に同様な症例が出てリコールがかかってたそうだけど、他事業部の使用してたユーザー登録していないサーバーだから連絡来てなかったんだね。

皆さんも一度会社のサーバーとリコール情報をチェックしてみる事をお勧めします。
expess5800.jpg

41歳の春だから

6月1日を持ちましてお陰さまで41歳です。めでたくも何とも無いよブラザー。
本当は先週お誕生会の予定だったんだけど、美山もあるしって事で今週に順延。
土曜日仕事後に南堀江のお店で奥さんと食事DSCN0378.JPG
店は雰囲気優先で選んだんだけど、味も良かったっすよ。
DSCN0388.JPG
腹いっぱい食べた後、ミナミ界隈をうろついて終電で帰宅、翌日は目が覚めたら10時過ぎ。
天気めっちゃいいんですけど、家事と買い物で一日潰す。

夜一応ローラーだけやる事にする。
今まではひたすらシッティングの体勢で回してたんだけど、今日はハンドルに肘をのっけてTTっぽい体勢で回してみる。
あとハンドルに触れず、体幹だけで上半身支えるってのもやってみたけど、無理だねあれ(笑)

久し振りに葡萄坂を登る

いいかげんアバラの痛みも引いてきたので、そろそろ真面目にトレしようとRFX8を鉄下駄仕様に戻し
ローラーで20分程軽く回してから葡萄坂に向かい、19時半からヒルクラ開始。
今日はヒルクラリピートしようと思ってたので、1回目はとにかく全力でシッティングとダンシングおりまぜて走る。
最初の墓地コーナーを抜けて次の折り返しコーナーでダンシングの体勢に入った瞬間左アバラに痛みが走る。
でもまあこれくらい・・とか思ってそのままダンシングで登ってたんだけど、ハンドル引くたびズキズキと痛い。
我慢できない痛みじゃないんだけど、一度気にしだすとドンドン気になって集中出来なくなったまま表葡萄ゴール地点の四叉路到着、タイムは7分ちょい。
DSCN0222.JPG
このまま2本目行ってもダラダラ登るだけになると思い、そのまま変電所まで行って終りにする事にした。
上半身に力を入れたり脇を締めたりすると痛むので、なるべく深い前傾にならないよう、ハンドルを引かないようひたすらシッティングで回し続け、ミニゴルフ場を超えてダラダラ登りの部分に入った所で、先行していたと思われる自転車のテールランプ見えた。

先行してた人に追いついたって事は、このペースで走ってれば追い越せるわけで、そりゃあ自転車乗りとしてはモチベーション上がりまくりなわけで(笑)
痛みとか忘れてダンシング織りまぜてペースアップをしてつづら折れのトコで追いついた。

ゲロが出そうなくらいキツイのを押し殺して、精一杯の笑顔で「こんばんわー」と言ってパスする。
そのままつづらコーナーをパスして最後の登りを登るわけだけど、こっちはもう限界なわけですよ。

でも追い越した奴がペースを落とすのは許されないワケで頑張って登ってるんだけど、さっき抜いた人がぴったりと後ろにくっついて来てる。たらーっ(汗)
んで登りが終わる手前辺りでスパートかけて華麗に抜いて行きはりました(´・ω・`)
なんとなく敗北感を感じながら(笑)変電所に到着、さっきの自転車乗りの方はそのままのどか村方面に走って行かれました。

そのまま変電所で休憩してた時気が付いたんだけど、アバラの痛みが気にならなくなってた。
こりゃ養生するよりガンガン追い込んだ方がいいのかな?

にほんブログ村 <br /><br />自転車ブログへ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)