スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒロエナジーツーリングサドルバッグ

サドルバッグ付けない派の僕が、輪行考えて出かける際にはオルトリーブのLを使っております。
しかし宿泊交えて遠出するとなると2.7リットルのオルトリーブではちょいと厳しい。
そこでフロントバッグとかトップチューブパニアとか付けているんだけど、出来るなら一つにまとめてしまいたい、もうちょい積載量が欲しいと思ってましてん。
尚、リュックを背負うという選択肢はなるだけ避けたい模様。

最近はバイクパッキングなる言葉もちらほらと耳にするよう、大型サドルバッグも充実してきてるけど、年に数回使うか使わない分からない僕がいきなりアピデュラやレベレイトのようなものを買うはずもなく、最初はGIANTのSCOUT SEAT BAGを買おうかと思ってたんですが、久しぶりに某スクアのサイトを覗いてみると ヒロエナジーバックパックなるものがあるではないですか。

しかもこのヒロエナジーバックパック、SCOUT SEAT BAGより更に安く、容量もしっかり9リットルと文句なし。
とりあえず大型サドルバッグを試してみる程度ならこれでええやろと思って衝動買いしてきました。
IMG_0230_R.jpg
まず作り。
フツーのビニールっぽいっすね。
防水加工されてるか不安ではあるけれど、雨の日にこれ付けて走ることはないやろから気にしないでおこう。

アンカーに取り付けてみたけど、縮こまった状態だと深さのあるサドルバック的な感じ。
シートポストのテールランプは外さなきゃならない仕様なのでステー用のライトアダプタを用意しないといけませんな。
IMG_0231_R.jpg
で、とりあえず色々と突っ込んでみるとこうなります。
IMG_0234_R.jpg
この状態で輪行袋・エンド金具・100均のマット滑り防止シート(輪行用フレームカバー)2枚・着替え肌着一式・ウルトラライトダウンベスト・モバイルブースター・クォーターパンツ・モンベルの折りたたみリュックが入ってます。
IMG_0236_R.jpg
余裕があったので、更にスポーツタオルを突っ込んでみたらちょうど満タンになりました。
IMG_0239_R.jpg

取り出し口にオルトリーブのような樹脂プレートが無いので荷物の落下とか雨水の侵入が不安やなあ・・・。
と、思っていたら、そこはちゃんと考えているようで、バックパックのストラップを使う事によってバッグの垂れ下がりや落下を防止するようです。

  ・・・あれ?ストラップ入ってないぞ?

つまりこれは「ストラップは自分で買え」と(笑)

IMG_0240_R.jpg
んで家にあったストラップ使ってみたけれど、どうもイマイチだったので代わりにメッシュネットを使ってみたら良い感じ。
荷物の落下と垂れ下がりをうまい具合に防いでくれそうです。

さて、買ったは良いけどいつ使おうかのう・・・。
スポンサーサイト

SJ-4000を買ってみる

以前から興味があったウェアブルカメラ。
こういうのって何を撮るでもないものを撮るアイテムやと思うんですよぼかぁ。
この「特になんでもないものを撮るアイテム」に金出すのもなぁ・・とか思っていたらGOPROのパチもんの域を越えたSJ4000なるモノがある模様。
これくらいの値段なら駄目でもネタにできると思い購入してみた。
IMG_0192_R.jpg
届いた商品を見ていくと、不安になるくらい軽い本体とやたら多いアタッチメントの数々、日本語表記のない取説etcが出て来た。
IMG_0193_R.jpg

下調べでは「メモリカードはMAX32GB」と書いていたけど64GBを買っといた。
1080p時の録画時間が32GBで約4時間って事なので64GBなら約8時間録画が可能なわけだ。
多分128GBでも大丈夫だと思うけど、使えなかった時の事を考えると躊躇してしまったのですよ。
IMG_0195_R.jpg
まぁ8時間録画ができるなら、普通のお出かけ程度なら撮りっぱなしでも大丈夫やろ。

バッテリーの保ちは約1時間で、内蔵しているバッテリー容量は約1180mhaらしい。
Sj4000はUSBで給電しながら使用できると言う事で10,000mhaのモバイルブースターに繋いでやれば8時間程録画し続けられる模様。
ちょうど64GBメモリーカードの録画可能時間と同じになる計算ですな。

取説には日本語表記がなかったけれど、本体のボタンを適当にいじってたらメニュー画面が表示され、その中にlanguageの項目があったので日本語を選択。
IMG_0197_R.jpg
これで操作出来るわ( ´Д`)=3

動画サイズは色々あるけれど、とりあえず1080pの30FPSに設定して早速取り付けてみよう。
IMG_0199_R.jpg

んむむ・・・・まぁそれなりに・・・って感じかな
付属の自転車用アタッチメントって、取ってつけたような感じになっちゃうので、自転車は見た目優先な僕はこんなものを購入。
IMG_0201_R.jpg

ステムボルトを利用して取り付けるカメラアタッチメントでガーミン用のサイコン取り付け口がついているというスグレモノ。byアリババ
これでスマートに取り付け出来る!
IMG_0202_R.jpg
と、思ったらvibeのように4点ボルトじゃないステムには付かない模様(´;ω;`)

しょうがないのでアンカーにつけてみる。
IMG_0205_R.jpg
お、イイカンジ。
カメラを付けない時はサイコンホルダー&ライトアダプターとして使おう。
IMG_0203_R.jpg
通常はハウジングケースに収まっているカメラも、給電しながら走る時はこのようにUSBのコネクタ部分が塞がれるハウジングを取らなければならない。

そうなると雨が降りそうな時はこのままだと不安やね。ハウジングにUSBケーブル通す穴を工作するか。
IMG_0207_R.jpg
で、今週末に試しに走りに行こうと思ったら雨ですかそーですか。

GVR307Vヘルメット

目が悪い人がアイウェアと言うかサングラスをする時のパターンとして

①コンタクト+サングラスで
②度付きサングラスやクリップオンシステムのサングラスで

の2択だと思うのです。

僕も最初は①だったんだけど、ブルベなんかで夜になるとサングラスは外さなきゃならない。
もしくはクリアレンズなんかに交換しなきゃならない。
そうするとレンズを替えるのも面倒になって最初からピンク・イエロー・透明といったレンズを使い出し・・・・

あれ?透明とかのレンズなら最初からメガネでええやん。

って事で今は普通のメガネで走ることに落ち着きはしたんですが、やっぱり日中は眩しいし、風を巻き込んで目が乾いたりする。
何よりコミュ症の僕は走ってるロード乗りの方に挨拶する時、メガネだと視線合わせるのが恥ずかしい(笑)

そこで考えたのが度付き調光サングラスだけど、オークリーとかZerorh+とかで作るとアルテのコンポ一式とか買えちゃうお値段。
oaklet_R.jpg
お小遣い亭主の僕にはアイウェアにそこまで出せません。つーかそんな金あったらクロモリオーダーフレーム買う足しにするわ。

そんな中、目についたのがエアロヘルメット。
メット自体にシールドが付いているし、最近のエアロメットって見た目普通のヘルメットとあまり変わらなくなって来てるのね。
そう思ってKASK・GIROなんかのエアロヘルメットを見てみると通気悪くて頭が蒸れそう。しかもそれなりの値段やし。
20140708-1_R.jpg
そんな中目に止まったのがGVR-307V
一瞬「桁が1個足りないんじゃないの?」と思うようなお値段。
あやしいバッタモンかと思って調べてみると、JCF推奨マークが付いていて、JCF公認レ―スにも使えるという本格派。
メーカーは台湾らしく、ネット上の評判も悪く無い。
失敗しても大した金額でもないし・・・

P1020847_R_R.jpg
って事で買ってしもた。

標準の付属シールドはクリアだけど、スモークシールドも一緒にお買い上げ。つーか僕にはスモークだけ有れば良し。
箱も取説も丁寧に日本語表記の安心設計(*´ω`*)

で、実物を見て正直な第一印象は「テカリがきつくてオモチャっぽい。」です。
今度上から艶消しスプレー吹いたろ。
P1020845_R_R.jpg
アジャストホルダーも樹脂製で、ここもお値段なりのクオリティだけど僕にはこれで十分です

kodoku.jpg
ワンサイズしかないので頭にフィットするかと思ったらちゃんとフィットしました。
あご紐部分や、ベルトの縫製もしっかりしてる。

で、肝心のシールド。
シールド部分にマグネットが付いてて、メットの先端部分に「バチコーン」とひっつきます。
結構しっかりくっついてくれているので、自転車で受ける風圧くらいじゃ外れないでしょ。
んで暗くなったらシールドを反対に付ければそのままメガネで走れる。と。

あと、シールドタイプは風を巻き込まないので目が乾かないんじゃないかと期待しております(*´ω`*)

乙女ギア購入。

僕のアンカーは10Sでカセットは13-25を常用。
これがあればだいたいどんなコースも大丈夫やと思ってましたが、CANYONは11Sで11-28。
最初は「えーっ、28Hなんて乙女やん。」とか思ってたんですが、使ってみるとこのワイドレシオな構成が非常に良いのです。

なんせフロントは50-34のコンパクトなので、多少アホみたいな壁坂も34-28なら超えることが出来るし、そこそこの峠もアウターだけでこなせていける。
下り基調の道で50-13じゃあ物足りないって時は50-11という具合に。
でも「スプロケが大きいのは恥ずかしいんじゃないの?漢ならリアは23Hで踏んでいこうよっ!」という既成概念がございまして、気合で25H使ってきましたが、誰も僕のスプロケなんか気にしていない事に10年かかって気づいた次第。

そんな折、ウイグル獄長でアルテの10Sカセットが46%OFF!との情報をキャッチして購入しましてん。
CjSp_5OUgAIx3yF_R.jpg
送料の関係であれやこれや買い足してたら「なんでこんな物買ったんやろ?」ってのも混じってますな。

んでこれが13-25H
IMGP9531_R.jpg

これが11-28H
IMGP9533_R.jpg

うん、あんまり変わらん(笑)

そんなわけでこの乙女ギアを使ってみたく敦賀まで行ってみたけど、162号線の峠では重宝しました。
登りはアウターに入れる必要ないし、下りは脚が回り切っちゃうこともない。
このままDI2使い続けるならもう一個乙女ギアを買い置きしておいてもいいな。

CANYONイジリ

最近すっかり失念してしまっていたけど、PLANET-Xホイールはタイヤを装着すると
バルブ+エクステンダーの重みが片方に偏ってホイールバランスが無茶苦茶になる。
以前はリムの裏側にウエイトをねじ込んではみたものの、ウエイトがニップルの穴の中で千切れてしまい、ちぎれたウエイトをリムの内側から取るのに一苦労してからウエイト無しで使ってた。

そんな中、しっかりとホイールバランスをとると、今までと比べてウソのように高速巡航が楽になった、乗り心地が向上した、諦めかけていた毛根が復活した等々、効果がある旨書かれているblogに感化され、久しぶりにホイールバランスを取ることにした。
アホなことにホイール関係の画像データを全消去してしまったので途中経過の画像一切なしです_(:3」∠)_

まずは近くのゴルフショップでウエイトバランスシートを購入。
以前バランスを取った時、反対側に貼ったウェイトは19gだったので、同量のウエイトをリムにペタペタと貼り付けたけど、やはり鉛むき出しはアカンやろって事で翌日ダイソーでカーボンシートを買ってきた。
DSC_0038_R.jpg
これをリムに貼り付けたウエイトの上から更に貼り付ける。
DSC_0037_R.jpg
んーむ、ギリギリセーフな感じ。遠目からは分からんやろ。

次!かねてからの懸案事項だったモッサリ短小80mmステムの件。

CANYONは1”1/4ステムというマイナーな規格を採用してまして、扱っているメーカーが限られておりますねん。
その限られたメーカの内、CANYONの純正はGIANTのOEMで羊羹ステムと言われている通りズングリしててお気に召さない。
つーか今のステムの見た目が気に入らないから変えるわけで選択肢に入らない。
で、リッチーは唯一の1/4ステムWCS 4-axisが生産終了したのか扱っていたCANYONのWEBサイトからも無くなってしまった_(:3」∠)_。
カーボンの4-axisは2諭吉、FSAのステムもカーボン製で3諭吉くらいと、貧乏人の僕にはステムにそこまで出せません____ _(:3」∠)____

もう諦めかけていた私の前に颯爽と登場したのがお財布に優しいシマノプロVIBE。
9月に予約していたモノがやっと届いたので早速取り付け。
DSCF5684_R.jpg
CANYONのAcros I-Lockヘッドセットはステムのコラムボルトを外すだけでステムを取り外しができるので簡単に交換できます。
DSCF5688_R.jpg

ステム付属のグリス的なものをぬりぬりしてハンドルを装着。
前から見た時、ハンドルの白い部分とステムのシルバーのV字の組み合わせがイマイチなので、この部分を隠すようにガーミンさんもセット。
DSCF5698_R.jpg

DSCF5700_R.jpg

あ・・・・あれ?あんまりかっこ良くなったように見えないぞ?
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。