スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴志駅まで往復するだけのライド

この週末は5月だと言うのに30度を超え。
これからは暑くなる一方で、快適に走れる内に走っておこうと思って家を出て、気がつけば石川CR。
DSC_0705.jpg

走り出してサドルがめっさ下がってる事に気づき、サイクル橋で調整したんだけど、走っている内にどんどん下がってくる(;´Д`)
結局この日は走っては調整、走っては調整を繰り返すことになるのであった。

最近ろくに乗っていないので山の方走りに行くもしんどいなあ・・・せや、紀の川自転車道ってええらしいんで行ってみよ。
って事でめっさ久しぶりに自転車乗りに優しい紀見峠到着。
DSC_0706.jpg
これまた久々にツイートしてるとロード乗りさんがピューッと走って行きはった。
しばらくして和歌山側に下って行くと309号線との交差点で、さっきのロード乗りさんが信号待ちしてた。

黒緑のTREKドマーニにRH±のソックスという見覚えのあるロード乗り。
しかしそれを根拠に話しかけるのは何度も人違いで恥をかいてきた僕にはハ―ドルが高い。
そんな事ウダウダ考えつつ309号線を下って行くうちに信号で別れてしまった。

そんなこんなで紀の川を渡り、やって来ました紀の川自転車道。
おお、確かに道キレイ、道幅有るけど自転車走っていないし、道路脇にベンチなんかもあって快適ー。
DSC_0707.jpg
と思ったらサックリとこの快適区間は終了して370号線に合流。
高野山に向かう九度山の交差点から産直市場までの区間は相変わらず道幅狭いし交通量が多いので迂回できる自転車道が欲しいなあ。

自転車道は九度山を過ぎると紀の川を北に渡って右岸の土手を走るルートになる。
交通量というか、すれ違った自転車乗りは4~5人と走りやすくはあるけど、河川敷のお約束でずーっと向かい風。
しかも右岸ルートは紀の川に合流する河川がある毎に①一旦24号線付近まで北上②24号線で河川を渡り③再度紀の川土手まで南下。の繰り返し。_(:3」∠)_
12231234132kl

で、道の駅まほろばを過ぎると
1434566156456き
自転車道は無くなって24号線に合流。
もういつも通りに紀の川左岸を走ろうと那賀のあたりで再度紀の川を渡り13号線を西進。

424号線との交差点にあるローソンで飲み物補給&休憩をしつつ、これからの行き先を考えた結果
DSC_0713.jpg
貴志駅到着。

駅構内にはオシャンティなカフェスペースやお店も入っているようでしたが、駐輪場にロード置いてオッサンが一人で入るのも土産買って帰るのもキツイなあ。
などと思いつつ記念撮影しようと思ったら「自転車はアチラの自転車置き場に停めてくださいー」と誘導員。
どうもここにいるとお邪魔になるようなので写真取ったら即撤退。

んでここでツイッター見たら
megane.jpg

やっぱしあれはメガネさんやったんか・・・_(:3」∠)_ジャンネン・・・
これからはジャージの背中に「メガネです」って書いといて下さい()

あとは路地裏やらあぜ道入り混ぜて迷いつつ、紀の川左岸を走り続ける。
DSC_0715.jpg
往路は辟易した風も帰りは追い風でめっさ快適。
しかし相変わらずサドルは上げても上げても走っている内に下がって気持ち悪く、石川CRはほぼ立ち漕ぎ状態のまま16時過ぎに帰宅。距離は160km程

ど平坦のコースなんだけど、なんだかしんどかった。
今の体力じゃあ200kmとか走るのも難しいかもね。
スポンサーサイト

帰省してまいりました。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年の正月は奥様は実家で母と過ごしたいとのことで一人で帰省してまいりました。
んで帰る途中で千葉山に立ち寄ってみる。
IMGP0339_R.jpg
今回も自転車持ってきてるけどファイナルローが53-18という平坦仕様のESCAPE。
試しにちょこっとESCAPEで登ってみたけどやはり無理ゲー。
5%程度の斜度でギブアップして早々に車載し直して実家到着。

しばらく自宅でゴロゴロし、16時頃デジイチ背負ってESCAPEで散策にお出かけ。
IMGP0453_R.jpg
IMGP0366_R.jpg
醤油蔵のあたりを彷徨いていたら良い感じに日が傾いてきたので港へ。
IMGP0379_R.jpg
ウチの田舎は 和歌山県 朝日夕日百選の夕日部門なるものに選ばれるだけあって夕陽がきれいに見えるのです。
港から夕陽を眺め堪能したら帰宅してご親族一同と会食。
IMGP0393_R.jpg
こうして平穏のうちに2016年は過ぎていったのでした。

明けて元旦、一応初詣ができない身なのでESCAPE乗ってアチコチウロウロ。
海岸線を箕島まで走って下津漁港をウロウロ。
IMGP0412_R.jpg
IMGP0428_R.jpg
なんか漁港の漁船がゴチャゴチャとしている感じが好きなのです。
IMGP0436_R.jpg
平坦ばかりで飽きてきたので、湯浅まで戻って二の丸温泉のあたりまで登ってみたんだけど、やはりこのギアではチョコっとした坂でもキツイ(;´Д`)
IMGP0443_R.jpg
ちなみに温泉までは来ただけで入らずに帰りました。
そんなこんなで正月は何事もなく、ただの連休っぽい感じで終わったのであった。

今年も城崎へ

この夏にアカン人達と行った乗鞍で某あまえびさんが持ってたRX-10。
所謂ハイエンドコンデジってやつっすね。
この画像が非常に綺麗で「・・・これ、デジイチいらんのとちゃうやろか」と思った次第。

実は以前からハイエンドコンデジに興味があった僕にshallowさんがパワーショットを貸してくれていたのです。
んで、ハイエンドコンデジの使い勝手はどうやろかと思い、パワーショットを手に旅に出てみた。

行き先を色々と考えた結果、やっぱし城崎が一番やろって事に。
最近ぶっタルんでいるのでちょっと距離を走ってリハビリしておきたいと思い、今回は自走で行ってみることにした。
柏原から奈良回りで木津サイ、嵐山から六丁峠越えて日吉ダム。そこから27号線で福知山まで行き、由良川沿いに舞鶴、天橋立へ。丹後半島はショートカットして久美浜経由で城崎と、260kmほどのコースを計画したのであった。
例によって宿の手配はしていないので、宿が無い時のこと考えて、輪行で帰宅できるタイムリミット19時までに到着するよう考え自宅を4時半に出発。
IMG_0075_R.jpg
周りはまだ暗いけど、この時間交通量は少ないし信号はほとんど点滅信号で走りやすく快適やね。

いつものルートで走っていると平城京跡のあたりで夜が明けた。
IMG_0077_R.jpg
木津サイを走っている途中、流れ橋のあたりで足を止めていたらロード三人組の方達がパスしていったが、7時ジャストに御幸橋を越えたあたりで先程の三人組に追いつきパスさせて頂く。

ここから嵐山までのCRはカオス(;´Д`)狭い道幅を通勤通学の自転車歩行者が行き来する。
特に少年野球とか部活の子供団体は並列で固まって走ってたりするのなー。
IMG_0081_R.jpg
そんな木津サイも嵐山を越え、嵯峨野のあたりまで来たらやっと一息( ´Д`)=3
IMG_0088_R.jpg
六丁峠を越え、日吉まで至る県道50号は良い雰囲気です。

途中足を止め、撮影して再スタートしようと思ったらペダルを踏み外し、その拍子にスプロケのアウター側にチェーン落ち。
その後リアディレイラーがおかしくなったのか、ペダルを回す度にチャッチャカチャッチャカ音がするようになってしもた(´;ω;`)ブワッ
IMG_0126_R.jpg
日吉ダムを越え、そのまま50号線を走って胡麻のあたりまで来たら、せっかくなのでゾンネ・ウント・グリュックで優雅に朝食を戴くこととにする。
店内に入ろうと思ったら木津サイでパスされたロード乗りの三人組の方々がテラス席にいらした。
どうやら僕とは違うルートで来られたらしい。
シャイな僕はご挨拶だけして店内でアイスコーヒーとパン2つをモグモグ。

ここでツイッターを覗いてみると何やら大阪から南にかけては雨が降っている模様。
そういえばこちらも雲行きがあやすぃ・・・・。
IMG_0137_R.jpg
店を出たら27号線バイパスを走り、ゾンネでは食べ足りなかったのか、お腹が減ったのでローソンにピット・インしてサンドイッチをモグモグ。

和知からはしばらく27号線バイパスを離れ由良川沿いの59号線を快走。
IMG_0146_R.jpg
この道、交通量もほとんど無く下り基調なのでまさに快走、気分爽快でございます。
IMG_0141_R.jpg
この先27号線に復帰し、綾部に向かう途中、雨粒がポタポタとこぼれてきた。

ここで日和ってしまい、当初予定していた由良川沿いに日本海に出るルートから以前通った福知山から登尾峠経由で出石、城崎へ抜けるショートカットを選択してしまう。

綾部の町を走っているとまたまた先程の3人組の方達と一緒になる。
結局この方達と一緒になったり離れたりを繰り返しつつ福知山までご一緒する事となるのだが、なんでもこの後皆さんで竹田城跡まで行く予定だそうで、その前に食事しますと福知山でお別れ。

僕はそのまま9号線から途中で離脱していつも通るあぜ道ルートへ。
IMG_0151_R.jpg
この時点で先程までの雲行きがウソのようにめっさ良い天気(´・ω・`)日和ったことを後悔しつつ登尾峠を越える。
前回ディレイラーがもげた現場で一休みしたらトンネル越えて兵庫県入り。
IMG_0152_R.jpg
ここから出石まではこれまた下り基調で路側帯もめっさ広くて走りやすい快走路を走って出石着。
IMG_0159_R.jpg
さて、出石まで来てみたものの、既に4度目ともなると新鮮味もない上に、蕎麦を食べれる程お腹も減っていない。
何もやること無く出石を出てしまうと16時前に城崎に到着してしまう。
IMG_0164_R.jpg
とっとと城崎まで行って日帰り輪行してしまおうかとも考えつつも結局出石では特に何もせず、そのままダラダラ走って16時過ぎには城崎着。
とりあえず宿泊案内所で空き部屋聞いてみると前回泊まった宿に空きがあるとのことで一泊することにした。
IMG_0167_R.jpg
宿にチェックインしたら今日の汗と油を落とすべく速攻で温泉へ向かう。
途中奥さんから頼まれていた黒糖ドーナツ棒を買うべく、今回はドーナツ棒を売っているお店の横にある御所の湯へご入湯。

ふはぁええ気持ちや~(* ´ω`* )

湯上がりに地ビールを飲み、町中を散歩して18時過ぎに部屋に戻った瞬間寝落ちしてしまい、目が冷めたら22時前;
城崎の飲食店は閉店が早いので、宿の向かいにある中華で晩御飯。
前回に続いて城崎まで来て中華です。
IMG_0184_R.jpg
そんなこんなで城崎の夜は更けてゆき、翌朝は6時過ぎに目覚める。
IMG_0188_R.jpg
あとは適当に走って豊岡から輪行し、昼過ぎには帰宅。

家から城崎まで230km、このコースは御幸橋から嵐山区間以外は良いコースやと思うけど、さすがに飽きてきたな・・。

滝畑ダムあたりをウロウロと。

ミラーレス買ったんで試しに持って走りに行こうと思ってたところに岩ちゃんから滝畑ダムいきまへんかーとお誘いを頂いたのです。
オフトゥン峠を超えれるか不安だったけど無事7時過ぎに目覚めて準備。
「ESCAPE買った初心者さんとご一緒」って事なので僕もESCAPEで行くかと悩んだけど、CANYONで。
やはり53-18Hで坂登るのシンドイですしおすし。

そんなわけで8時過ぎに家を出て石川CRで岩ちゃんご一行に合流してまずはサイクル橋

今回初めましてのTさんは岩ちゃんの知り合いでお兄さんからESCAPEを譲ってもらって今回2度めのサイクリングだそうです。
P1020512_R.jpg
このサイクル橋横の公園でうだうだしてるとkogakiさんから「彼方の公園におるでー」とLINEアリ。
ほな行きましょかって事で合流。

実は以前から たいちろうのパン に興味があったんだけどイマイチ場所が分からなかったりコッチ方面来る機会なかったりしてたんだけど、今回滝畑向かう途中で寄ってもらいました。
P1020526_R.jpg
惣菜系のパンがメインなんでしょうかね。きのこクリームピザとクリームクロワッサンを買って近くの公園でパクパク。
んむ、美味しい(*´∀`*)
P1020538_R.jpg
食べ終わったら滝畑に向かうルートに復帰、大阪と思えない山の中をポタポタとね。
P1020537_R.jpg
途中途中であじさいが咲いているのを見かける。
ついこないだ「あけましておめでとございまー」とか言ってたと思ったたもうこんな季節なんやね。
P1020555_R.jpg
2度目のサイクリングで坂成分増やすことに不安はあったものの、Tさんが大丈夫そうなので218号線と旧道の分岐で旧道を選択。
P1020563_R.jpg
いやー山の中走るの気持ちいいっすね。
P1020576_R.jpg
旧道登ったトコにあるのが心霊スポット滝畑トンネル。
なんかめっさ有名な心霊スポットらしいんやけど、雰囲気というかヤバさでは旧鹿路トンネルのほうが数倍怖い。
いや、夜中に一人ここ走れっての言われたら嫌やけどね。
P1020581_R.jpg
トンネル抜けてちょっと下れば目的地の滝山ダム。
うん、まあ特に何が有るってんじゃないけどね。
ダム湖沿いをくるーっ走り、ダムの上で写真をパシャパシャと撮ってみるけど、ただダム湖が写ってるだけの画しか撮れない己のセンスの無さよ・・・・。
P1020595_R.jpg
さて、お昼も近いので河内長野にあるうどん屋さんでshallowさんと合流しましょうと言う事で、帰りは関西サイクルスポーツセンターから金剛峯寺経由で帰ります。
P1020622_R.jpg
目的地のうどん屋さんに到着はしたものの、さっき食べたパンでお腹が減っていない状態。
くわえてお昼時ということで、結構な待ち時間になりそうなのでshallowさんと合流次第軽食の出来る店に行く事に決定。
P1020627_R.jpg
shallowさんと合流したら、ヨサゲなお店を求めて再度花の文化園方面へ。
P1020639_R.jpg
そしてやって来たのは あすかてくるで河内長野 道の駅のようだけど調べてみるとJA主催の産直メインなお店の模様。
敷地内にはバイキング形式のレストラン、イートインスペースのある産直販売店、パン屋があり、我々はパン屋を選択。
うん、またもパンなんだ、すまない。
P1020650_R.jpg
談笑を終えてサクッと帰路につく。
途中河内長野の天野酒醸造元にお立ち寄り。
最近日本酒というか地酒にハマっておりまして、何かヨサゲな物は無いかと思った次第。
P1020652_R.jpg
ここで生原酒をお買い上げ。お店の方から1時間以内に冷蔵庫に保存してねと言われるが、まぁ大丈夫でしょう。
石川CRを北上し、kogakiさんとは彼方の交差点でお別れです。お疲れ様でした(*´∀`*)
その先に有るサイクル橋で一旦休憩してから再スタートしたんだけど、そこで休憩されていた方のバイクに見覚えがあったので、一人Uターンして訪ねてみる。

「こんにちわ、すみません○○さんですか?」
「いえ、違います」

・・・やっちまった・・・りっつさん事件に続いてこれで2度目だよママン・・・。

「失礼しましたー」と立ち去ろうとしたところに「あ、BLOGとかやってられます?」と、話しかけてくれまして。
「いえ、ツイッターの知り合いの方かと・・・」「お名前は・・?」「チム言います」

「チムさん?正ちゃんです」

「あれ!?ええっ・・・!」すんません、実は最初に聞いた「○○さん?」は頭の中では正ちゃんさんの名前とツイッターアイコンが出てたのに、違う人の名前を言ってました_。老いたのう・・・・_(:3」∠)_
DSC_0412_R.jpg
その後色々と談笑させて頂きましたが、先行しているメンバーと原酒のタイムリミットがあるので名残惜しいが失礼させていただく。
今度またゆっくりとご一緒させて下さい(*´∀`*)ノ
P1020657_R.jpg
ガタガタ橋でお待たせしていたメンバーと合流したら本日はここで解散。
Tさんは70km走ったのが満足だったようで、次回は倍の150km行きましょう。(倍々の法則
DSC_0413_R.jpg
本日の戦利品、天野酒 本醸造生原酒。
冷やし方が足りずに中途半端なぬるさで飲んでしまったのか、フツーの美味しさ。
もっとキッチリ冷やしてから飲んでみよう。

敦賀まで行ってみるナリ

最近色々と事情があって自転車に乗っていなかったんだけど、夏至も近づくこの季節、せっかくなので遠くまで行きたいなあ・・とロング仕様にしたアンカーでお出かけ。
しかし目が覚めたのは7時過ぎ。そう遠くまで行くこともできなさそうだけど、とりあえず出発。
走って10分経たない内に小雨がポツポツパラパラ・・。
DSC_0378_R.jpg
その内止むやろと奈良方向に向かって走り、歌姫峠を下ってきたところでサイコンを見ると走行距離の表示が0kmのまま。
どうやらスタートボタンを押さずにここまで来てしまった模様_。
僕は長距離走る時、サイコンに表示されてる走行距離を見て自己満足に浸るタイプなので、この40km程のロストはガックリじゃよ。
DSC_0379_R.jpg
そんなこんなで木津サイから山城大橋を渡り、ダンプがガーガー走る307号線から宇治田原を抜け、猿丸神社経由で瀬田まで下り、今回は瀬田川の右岸から琵琶湖大橋を渡って琵琶湖in。
DSC_0381_R.jpg
ここからは自転車道でのんびりまったりと北上して琵琶湖大橋の麓のローソンにピットイン。
ここまで100km程度ノンストップで来たので良い感じにお腹が減った。
DSC_0382_R.jpg
ここで折り返せば距離的には200km、キリはい良いけどあまりにもつまらないのでこのまま北上して敦賀まで行こうと思い立つ。
敦賀に行くなら時計回りでマキノから162号線のほうが早いので今回は湖西ルートですな。
琵琶湖大橋を渡って蓬莱駅の手前から湖岸沿いの自転車道をまたーりと走り、いつもの様に白鬚神社。
DSC_0383_R.jpg
IMGP9543_R.jpg
別に止まる必要性無いんだけど、せっかくデジイチ担いで来てるので撮っておこう。
IMGP9549_R.jpg
ここからマキノまではいつものごとく湖岸沿いの同じような景色が続く平坦を淡々と漕ぎ続ける作業。
この作業にも飽きたので、一息つこうと道の駅風車村に立ち寄ってみると残念ながら閉鎖されてた。
DSC_0384_R.jpg
採算取れないから閉鎖したのかと思ったらリ二年後ニューアルオープンするためだそうです。

退屈だった湖周道路も高島のあたりに来ると一気に雰囲気が良くなり、ウロウロと散策。
IMGP9574_R.jpg
IMGP9572_R.jpg
DSC_0385_R.jpg
マキノの湖岸でボケーっと過ごしたら162号線へ。
IMGP9577_R.jpg
303号線と交差する分岐付近まではこんな感じでユルくて道幅もある走りやすい登りが続き、その先は道幅が狭くて5%前後の斜度が続きますが、9号線と比べるとトラックや交通量は少ないイメージですね。
ダラダラと登り切ったら、こんにちわ福井県
DSC_0386_R.jpg
ここから敦賀まで延々とダウンヒルをして、市街地を更に北へ。
途中に立派な鳥居が見えたので、思わず立ち寄ってみたら気比神社という神社で、この鳥居、後で調べると日本三大鳥居だそうな。
DSC_0387_R.jpg
IMGP9585_R.jpg
この気比神社の先にあるのが敦賀港。
DSC_0389_R.jpg
日本海とうちゃこである。
ここで海をぼーっと眺めていたら15時半。今日のライドを終了するには中途半端な時間です。
で、某ブログで「敦賀から東尋坊までは日本海を眺めながら走る快走路」って書いてあったのを思い出し、「よっしゃ!東尋坊まで行ったろ!」とか思いつく。
グーグルマップで調べてみると東尋坊まで75km、3時間もあれば着くやろ。
IMGP9597_R.jpg
8号線に出るため金ケ崎トンネルをくぐると住金のコンビナート。コンビナートって非日常感があって良いですなぁ。

コンビナートを抜けて8号線に合流、日本海を見ながら走っていると天候も回復してきた。
DSC_0390_R.jpg
しかし、海岸線なので当然ながらアップダウンが始まります。
IMGP9602_R.jpg
アップダウンは良しとして、この8号線、道幅の無い道路が狭い割に交通量が多く、走っているすぐ脇を車がビュンビュン走ってく。特に大型のトラック・ダンプがひっきりなしに通る(;´Д`)
そうなると大型車は僕を抜くに抜けないわ、僕が回避できる所に避けて大型車に先に行って貰おうとしても大型車は登りだと加速しづらいわで迷惑この上ない。
このペースで残り70kmかぁ・・・と思ったらものっそ萎えた。
*尚、この先5kmガマンすれば快走路であるしおかぜラインに入れた事を後で知って打ちひしがれる_(:3」∠)_
おまけに今度はリアディレイラーが動かなくなる。
Cjhvy-KUkAAreXI.jpg
フロントは変速するので、またリアのジャンクションが外れたな・・・・と、ブラケットをべろ~んとまくり、STI基部にグリグリとジャンクションを押し込んで・・・・    動かない   _(:3」∠)_

バーテープ解いてキッチリとジャンクション繋ぎなおせば戻るかもしれんけど、これで諦めも付いた。   帰ろう。

リア25h固定のまま、のろのろと敦賀駅まで帰り着き、サクッとパッキング。
電車が来るまで駅でご飯&ビールを頂く。
あ、僕の家は駅のホームから徒歩5分なので帰り輪行は飲酒OKな人なんですよ。
16時46分敦賀始発の快速に乗っていざ帰宅。
IMGP9611_R.jpg
車内は空いていて、敦賀から京都まで立ち席客はナシ。
京都から奈良線に乗り換えて奈良経由で帰る際も京都から次の東福寺まで駆け込み乗車の方以外はみんなシートに座れるくらい車内は空いてた。この辺は今までの経験通りやね。

で、なにげにスマホで阪神巨人戦を見だしたのが大失敗。
木津駅で乗り換える際、スマホに気を取られ急いで輪行袋を担いで乗り換える。
次に来た王寺行きに乗り換え、更に王寺で乗り換え、三郷まで来た時に

「あれ?カバンどこやっけ?」

以下長いだけで自転車とあまり関係ないので続きはコチラ

続きを読む

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ツイッター
最新記事
最新コメント
過去ログ +

2017年 05月 【3件】
2017年 04月 【2件】
2017年 03月 【4件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【2件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【4件】
2016年 10月 【5件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【2件】
2016年 07月 【4件】
2016年 06月 【5件】
2016年 05月 【6件】
2016年 04月 【2件】
2016年 03月 【3件】
2016年 02月 【4件】
2016年 01月 【4件】
2015年 12月 【5件】
2015年 11月 【4件】
2015年 10月 【5件】
2015年 09月 【7件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【2件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【5件】
2015年 04月 【4件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【7件】
2014年 12月 【5件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【3件】
2014年 06月 【2件】
2014年 05月 【7件】
2014年 04月 【10件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【7件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【3件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【5件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【6件】
2013年 05月 【7件】
2013年 04月 【5件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【1件】
2012年 12月 【1件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【4件】
2012年 08月 【4件】
2012年 07月 【3件】
2012年 06月 【5件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【4件】
2012年 03月 【5件】
2012年 02月 【2件】
2012年 01月 【5件】
2011年 12月 【3件】
2011年 11月 【4件】
2011年 10月 【8件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【6件】
2011年 05月 【7件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【7件】
2010年 09月 【8件】
2010年 08月 【4件】
2010年 07月 【12件】
2010年 06月 【9件】
2010年 05月 【13件】
2010年 04月 【8件】
2010年 03月 【8件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【2件】

カテゴリ
リンク
プロフィール

チム

Author:チム
名前:チム
性別:スネ毛は剃る派

検索フォーム
QRコード
QR
(コンテンツの内容)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。